本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

全身性エリテマトーデスの関節痛、1週間で半分治った漢方薬治療例etc.

こんにちは。李哲です。

 ニハイシャ先生がなくなって、しばらく経ちました。

 

最初は極度の落ち込みがありましたけど、このままでは先生への恩返しができないと痛感して悔しくなりました。

 

今日から、翻訳する行動は止まりません。

最後の一ページまで翻訳して、皆さんに中医学の治療は何ができるか。倪海厦(ニハイシャ)はどんなに素晴らしい方だったかを、ぜひ知ってほしいです。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

参考になれば幸いです。

 

元の中国語記事のリンク先

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

1.白血病の諸症状は良くなった

2005年4月4日。月曜日。

午後、1人の白人男性がきました。

56歳。

 

1ヶ月前から診察に来てます。

彼は西洋医学の検査で白血病.前立腺がんだと言われました。しかし、何の治療も受けてません。

 

今日、私は細かく検査したけど、白血病の症状はすでになくなりました。

 

両手の皮膚は暖かくて、ツルツルしてる。

調子はとても良いです。

唯一問題は、両足がまだ冷えていること。

 

だから、今日は煎じ薬ではなくて、粉薬を渡しました。約18日分量。

彼は西洋医学の治療の介入がないので、4週間の漢方の治療で白血病の症状は治ました。今はもうそろそろ治療が終わりに近いです。

 

一般的に言うと、我々が白血病を治すのには、4週間くらいで良くなるのが分かります。

 

白血病に関しては、以下の小論文が役に立つと思います。

 

www.li-hari.net

 


 

前立腺がんは治りが遅い。

症状のひどさによります。

しかも、西洋医学の乱暴な治療が入ったかどうかにも、関係しています。

 

西洋医学の治療の介入がない患者であれば、回復期間はみんな短いです。

2.Lupus(全身性エリテマトーデス)の諸症状は消えた

もう一人の女性患者。48歳。

西洋医学の検査ではLupusだと診断されました。

現在は漢方の治療で4週間目になります。


私は細かく検査したけど、煎じ薬を3週間飲んでから、すでにLupusの症状がなくなりました。ちょっと咳があるだけです。これは、母乳が逆流して肺に入ろうとしてるからです。

 

毎回Lupusの患者を治療するとき、最後になるとみんな同じ症状が出てます。

がん細胞が最後の必死の頑張りをしてるのです。

 

私は粉末状態の漢方だけ渡しました。

もう少し安定すればOKです。

 

全身性エリテマトーデスのほかの治療例は、以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

3.男性の白血病、女性の全身性エリテマトーデス、源は同じである

この治療例は、ちょうど一人男性一人女性。

 

男性が白血病になる原因は、精子が逆流して督脈に入ったから。

女性が全身性エリテマトーデス(Lupus)になる原因は、母乳が逆流して心臓に入ったからです。

 

2つの病気とも、心臓との関係が一番大きいです。

病名が違うのに、男と女なのに処方はほぼ同じ。

その理由は、症状が似てるからです。

不眠.便秘.胸が痛い.手足が冷たいなど。

 

これが、中医学で言う「同症同治」「異病同治」

 

中医学の先生は、西洋医学の病名を捨てないといけません。

西洋医学の病理学の理論を捨てないといけません。

 

そうすると、自然に両目の前の2つの葉っぱがなくなり、治療の路線がよく見えます。

 

中医学の異病同治に関しては、以下の記事が参考になると思います。

 

www.li-hari.net

 


 

一番ダメなのは、患者が西洋医学の先生は何何だと話したのを聞いて、怖くて治療を中止すること。

 

もう一つは、生薬を使うのを怖がらないこと。

 

例えばこの2つの治療例。

私は桂枝生附子、両方とも15g以上使ってます。

 

f:id:li-hari:20180818185533j:plain

桂枝(けいし)の画像。

処方は簡単で10種類の生薬も入れてません。

処方が簡単で、力が集中してるから、患者の回復のスピードは読者の想像以外です。

 

読者の皆さん、中医学にチャンスを下さい。

現在の中医学の先生はレベルが高いです。

 

もし患者が中医学を信用しない場合、名医でも救うことができません。

 

ほかにも、治せない患者がいます。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

www.li-hari.net

4.前立腺がんは握手しただけで分かる

今のアメリカで、前立腺がんの死亡率はNo1です。

つまり、西洋医学の治療では、前立腺がんが治らないこと。

 

正統の中医学は診断の時、とても簡単です。

西洋医学のPSA検査値も要りません。

 

前立腺がんの原因は、小腸の温度が足りなくて、過度の栄養が前立腺に溜まっていてたから。

 

初期の症状は、両足が氷みたいに冷たい・頻尿。

これは、すでに前立腺肥大の段階。

 

一旦この時に、いろんなビタミン剤などを食べると、さらにたくさんの栄養が溜まり、腐敗してがん細胞になります。

 

小腸のほうが氷みたいに冷たいから、心臓の火が下に行けない。火が逆流して両手に行くから、両手の皮膚は乾燥してガサガサになります。

 


 

前立腺がんの末期になると、患者はクリームを付けないと両手が辛くて眠れなくなる。だから私は患者の手を触っただけで、前立腺がんの調子が分かります。

 

両手が暖かくなり皮膚もツルツルになり、両足が暖かくなったら、漢方を止めてもいい時です。

 

私がいろんな癌を治した経験は、私が最初の先生だと治りがみんな早い。

一旦、西洋医学の乱暴な治療を受けてから来ると、そんなに幸運でもない。救えるチャンスは半分もありません。

 

前立腺がんのほかの治療例は、以下を参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

5.1週間だけで、関節痛が半分治った

もう一人のLupusの患者。

黒人。女性。36歳。

ご主人は心臓外科医。

 

漢方を2週間飲んでます。

彼女は1週間だけで、関節痛が半分くらい消えました。

 

現在は3週間目の漢方を飲んでます。

彼女にも同じように生附子桂枝などを処方している。

f:id:li-hari:20180818185530p:plain

桂枝(けいし)の花。

読者の皆さん、次回彼女が再診に来た時、彼女のご主人が中医学の魅力に倒れることを保証します。

 

現在この地方で、私を知っている西洋医学の先生が多くなりました。

私は彼らを、みんな漢方は良いと言わせてます。

 

「ニハイシャの漢方は飲んではダメ!」、と言う先生はいません。

 

6.李哲の補充説明

生の附子は、以下の記事で説明しました。

 

www.li-hari.net

 

生附子は重い病気を治すときに、欠かせないものです。

特に手足が氷みたいに冷たい患者には、必ず使います。

 

日本には生の附子があるか?

漢方薬局の先生から聞いたのは、確かにあるそうです。

 

でも、一般の漢方医は使えません。

法律で決めた使える人は、医師免許がある先生。あと製薬会社の研究機関。

 


 

一般の漢方医が扱えるのは、生の附子ではなくて加工した附子(制附子..炮附子とも言う)です。つまり、附子(トリカブト)は毒性があると言うから、さらに加工したやつ。


しかも、処方するときは2gくらい。

(日本の医薬法では上限が3gらしい)

 

10gだと手が震えるかも知れません。

 

加工した附子ですら漢方医はビビるのに、医師免許持っている先生が、生附子の使い方が分かると思いますか?


生附子を使って心臓病.Lupus.白血病など治してくれると思いますか?


夢なような話です。