本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

首肩の痛みと張りは1回で治り、右の歯がうまく噛めないのが治って、5~6回の夜間頻尿も治り朝まで寝られるようになった

【※本記事は2019-10-14更新しました】

 

首こり肩こりからくる痛み、張りが1回で治り、夜間頻尿・顎関節症で片方の歯で噛めるしかないのが治った施術例です。

  

 

首肩の痛み、はりが1回の治った

 

こんにちは。李哲です。

今日は一人の女性の例。

 

彼女の主な症状は、

  • 首こり肩こりから来る痛み
  • 冷え症
  • よく眠れない
  • 異常な汗かき
  • 腰痛(ちょっと立って本を読むとすぐ痛くなる)

 

冷え症も気になりますが、上半身の痛いところが多いので整体40分にしました。

 

1回目の施術に関して、彼女は以下の感想がありました。

 

「背中を押されて息ができないし、あまりにも痛くて死ぬかと思いました。

しかし、1回目の施術した翌日から、首と肩の張りがなくなりました。

 

その後、施術後の筋肉痛は多少あったけど、

そこまで気になるレベルではなかったです。」

 

鍼治療でも整体と同じように、首コリ・肩コリの改善は著しいです。ほかの症状も同時に改善できるのが鍼治療のメリット。以下の鍼治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

右の歯がうまく噛めないのが治って、両側の歯で噛めるようになった

 

彼女が言った内容で、面白い変化がありました。

「昔は左の歯ばかり使って物を噛んだけど、今は右の歯でも噛めます。」

 

昔は意識して、右の歯で噛んでも自然に左に移ったそうです。なぜか右の歯ではうまく噛めない。これは整体を受けただけで治りました。

顎関節症は整体だけで治った

私が考えたのは、後ろの首と肩をほぐしたから、前の顎関節も良くなったと思います。

現在は顎関節症だと言って、耳鼻科医院などの治療範囲に入りますが、もう一つの可能性として、首肩のコリから来るのもあると思います。

 

急いで関節を治してもらうのではなくて、首肩のコリを先にチェックしたほうがどうでしょうか?

 

彼女は最初の1回目の衝撃的な施術で、帰りはふらふらしてたけど、3回目からはまっすぐに歩けるようになりました。そんなに筋肉痛も出ません。

 

施術後の好転反応として、熱と筋肉痛が良く出ます。以下の記事で症例をあげながら説明しました。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

施術2ヶ月後、5~6回の夜間頻尿も治った

 

2ヶ月くらい経って、もう一つの変化がありました。

 

夜トイレに行く回数が減った。

昔は5,6回くらい起きてトイレ行ったのに、今は朝まで寝れる。

 

足つぼ整体で、夜間の頻尿も治っている

これは腎機能と膀胱の機能がよくなっているからです。

もちろん、腎機能が良くなったので、昔の腰痛もそんなに気にならない。

 

夜中に何回もトイレに行くと、ぐっすり眠れないでしょう。

 

このような自覚症状を持っている方は、足ツボ.整体など試してみてください。

私の経験から見ると、1回受けただけでも、その日から夜間頻尿が減るケースがあります。1回で治るとは限らないけど、施術を続ける事で夜のトイレは減っていきます。

  

夜間頻尿、頻尿などは原因がほぼ同じです。

中医学の解決策は、腹部を温めること。

以下の記事で詳しく説明しているので、読んだことがない方はどうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

整体だけで下半身がむくまなくなった

 

この前彼女からの報告は、

最近下半身があまりむくまないそうです。

 

普通だったら、むくみがある場合は、足ツボをオススメします。しかし、彼女は痛いところが多かったので、整体だけにしたのです。面白いのは、整体しかやってないのに、足ツボを受けたみたいにむくみもなくなった。

 

この例から分かりますが、ある期間の整体を受けると、足ツボと同じようにむくみを解決することができます。

 

鍼治療はむくみに対して、さらなる効果があります。

以下は特別な症例、むくみが多い妊婦でも鍼治療の有効性を証明した例です。参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

まとめ

 

足つぼ整体はトータルケアなので、良くなる時はみんな一緒に良くなります。

顎関節症、下半身のむくみ、首肩の痛みなどは全部整体で解決できるので、悩んでいる方はぜひ試してみてください。

 

足つぼと整体。どちの効き目が良いか? 

これは判断が難しいもの。

患者本人を見て判断するしかないですね。