本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

血糖値を下げる薬は人工透析・緑内障・心臓の病気を作り出して、血圧降下薬は腎臓がんを作り出す(2019-02-11更新)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文です。

  

元の中国語記事のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

糖尿病は西洋医学の治療を受けると、最後は人工透析・足の切断→死亡

今日は、糖尿病と腎臓病患者が集まったような日でした。

皆ほぼ同じ症状を抱えています。

 

西洋医学は糖尿病を、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分けています。

 

「1型糖尿病」は、完全なるワクチンの副作用からくる病気。 

ワクチン注射で、すい臓の機能がなくなり、生まれてから死ぬまでインシュリン注射をしないといけない。

 

2型糖尿病は、昔から言われてる「富貴病」。

病気の原因は、毎晩遅くご飯を食べてすぐ寝ること。

 

食べた後にすぐ寝ると、食物が胃腸に溜まったまま、運動も少ないし、長年経つと自然に血糖値が上がるわけです。

 

この2型糖尿病は、非常に治しやすい病気。

中医学の先生に、早く診てもらったほうが良いです。

 


 

糖尿病は西洋医学の治療を受けると、人生が終わり。

西洋医学は三部曲しかありません。

 

1曲目は血糖値をコントロール。

10年~20年後には、腎不全で人工透析をしないけといけない。これが2曲目。

 

3曲目は、両足が腐り始め、西洋医学の治療は足の切断

足→大腿部→お腹まで切って、切るところがなかったら、あなたの命も終わり。

 

インスリン注射が腎不全・心臓の病気・緑内障などを起こす!

インスリン注射が腎不全・心臓の病気・緑内障などを起こす!


西洋医学はこの三部曲を完成する為に、もちろん手段がないとダメ。

患者を脅かして、自分の言いなりにしないといけない。

 

最初は患者に話すのが、血糖値をちゃんとコントロールしないと、将来的に緑内障.心臓病になる。

 

これは、デタラメな理論。

 


 

私は最前線の医師です。

私は糖尿病の治療過程を一番知っています。

緑内障.心臓の病気の患者さんを、たくさん治療してきました。

 

だから、私には発言の資格があります。

 

読者の皆さん、西洋医学のデタラメ理論に脅かされないで下さい。

 

心臓の病気と緑内障。

これは、西洋医学の薬の副作用からくるもの。

 

中国の古代は、こんな病気はありませんでした。

1型糖尿病と言うのは、西洋医学が創りだした病気。

自然の中に存在しなかった病気です。

 


 

1型糖尿病の子供は、生まれてから死ぬまでインシュリン注射をしないといけないのは、西洋医学の薬のおかげ様!

 

私は今まで1型糖尿病を完治したケースがありません。

皆途中で西洋薬を止めるのが怖くて、治療を中断したからです。

 

2型糖尿病は、ほぼ100%治ってます。

治す理論は、先に腎臓の強化、そして心臓を守れば、自然に血糖値がすぐ下がります。

 

今日漢方を飲んで明日朝に測ると、血糖値は正常値になっているのは良くあるころ。

 

1ヶ月くらい漢方を飲めば、血糖値はすごく安定します。

しかし、患者の夜食の習慣を変えないと、完治は難しいです。

 

腎臓を一つ取られて、人工透析に直面した患者

AM10時半。

1人の白人男性。48歳。

 

4年前に腎臓がんで、右の腎臓を取りました。

 

今日診察に来たのは、左の腎臓にまた癌ができたら。

西洋医学の治療は、この残りの腎臓まで切り取ろうとしてます。

 

しかし、左腎臓まで取ったら、将来は人工透析をするしかありません。

 

読者の皆さん、あなたがこの患者だったら、どう思いますか?

 

白人男性は怖くて、両手が氷みたいに冷たくて震えてました。

両目の中には、「助けてください!」のお願い。

 


 

私は彼に言いました。

「安心して。

あなたは私より歳が小さい。

私は自分より年下の人が、自分より先に死なせません。」

 

彼の症状は、

  • 両足が浮腫んでいる
  • 食欲が全く無い
  • 顔色は青い
  • 歩くのはびっこ引く
  • 気持ちはすごく落ち込んでる

 

私は彼に言いました。

「あなたはすでに1回大きなミスをしてる。

今日来たのは正しい選択です。

 

私は同じ残念なことが起きないように、保証します。

安心して。

あなたは自分の家と家族の面倒だけ見て下さい。

 

残りは私に任せて下さい。

あなたを必ず救うから。

 

でも、必ず私の話を聞かないとダメです。妥協なきの話。

 

市販用のテーブル塩を止めること。

煮物をするときは、海塩を少し入れれば良い。

同時に全部の西洋薬を止めてください。」

 


 

私がこんなに保証するのは、根拠があるからです。

 

彼はまだ小便したい気持ちがある。

そして、小便の量が多い。

めまいと気持ち悪いのがない。

 

これは、残りの腎臓の機能がまだ良いこと。

しかも、まだ48歳だから、もちろん勝てます。

 

f:id:li-hari:20180606164404p:plain

 

 血圧降下薬で腎臓がんになったご主人

午後1時に来た白人男性、67歳。

背がすごく高い人。

 

カルテには、右の腎臓の腫瘍だと書いてました。

血尿がたくさんある。

左の腎臓はまだ良い。

 

これは上のケースとすごく似てます。

 

一緒に来た奥さんは、量ほっぺのほうが真っ赤。

次の患者です。

 

私は先にご主人をみました。

 「何の薬を飲んでますか?」

 

彼の答えは、

「血圧降下薬を飲んだのは、10年くらいです。」

 

「飲まないとき、血圧はいくらですか?」

 

彼の答えは、「138~90。

飲んだあとは、120~80。」

 

私はその場で切れて、彼の主治医がバカやろうだと言ってました。

 

これは患者を地獄に送る無茶なやり方。

 


 

私は彼に説明しました。

「あなたは、全然高血圧ではありません。

今まで血圧が138~90の人が、脳卒中になったのを私は聞いたこともないです。

 

あなたはもともと背が高いし、体が大きいから、血圧が高いのは当たり前のこと。

しかし、あなたのバカ主治医は、あなたの隣の背が小さい奥さんの血圧を測ってない。測ったら奥さんの血圧が低いのがすぐ分かるはず。

 

こんな常識もないで、ただ単に薬を出して、しかも10年も飲ませる。

 

血圧降下薬の副作用は、腎機能障害で腎臓がんになること!

血圧降下薬の副作用は、腎機能障害で腎臓がんになること!

 

血圧降下薬は、ほとんど利尿剤です。

利尿剤は長年飲むと、腎臓の機能が弱くなり、腎臓の中の栄養が上に上がって脳を養う事ができません。そして残りが腎臓に溜まって、何年か後に腫瘍ができるのです。

 

あなたの医師は、きっといろんな検査をしても、なぜ腫瘍ができたか分からないでしょう?(患者は頷くだけ)

 

あなたは血尿が出れば、右の腎臓の痛みがすぐ減る。

(患者は頷くだけ)

 

これは、あなたの体の自然治癒機能が働いてるからです。(患者は頷くだけ)

 

もっと簡単に言うと、

これは西洋薬のおかげで、もらった病気。

西洋医学は、自分で病気を創りだしてる事にすら気づかない。

 

以上の飲んでも無駄な害しかない西洋薬、全部やめてください。

漢方であなたの腎臓の機能を、回復することができます。

 

幸いなのは、西洋医学の治療で腎臓を切ってないこと。

あなたは体が大きいから、一つの腎臓だけでは足りません。」

 

女性ホルモン剤を25年飲んで、全身性エリテマトーデスの寸前になっている奥さん

彼の奥さんは、顔をぱっと見ただけで、どんな事かを全部分かりました。

 

カルテに書いたのは、

  • 低コレステロール
  • 不眠
  • 便通が不規則
  • 全身の筋肉痛
  • 動悸

 

これは、また西洋医学の診断ミスの一例。

この女性は、女性ホルモン剤を25年飲み続けて、現在は母乳が心臓に入ろうとしている時です。

 

だから、両ほっぺが真っ赤になって、関節痛も酷い。

西洋医学は未病の段階で治すのではなくて、安眠剤と鎮痛剤で症状をごまかそうとしています。

 

西洋医学の治療と診断は、本当にダメダメ。

 

 


 

私は彼女に言いました。

「あなたは、もうすぐで全身性エリテマトーデス(Lupus)になるところです。」

 

上の治療例を見れば、読者の皆さんも分かるでしょう。

 

皆さん、覚えてください。

中医学の生理学.病理学に詳しい先生は、病気の原因と治療がすぐ分かります。しかも、間違いがありません。

 

私は毎日、西洋医学の笑い話を見ています。

 

このように精確な判断ができるのは、中医学の先生だけ。