本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

舌癌が小さくなり、冷え性が改善…などの中医学治療例

【※本記事は2019-04-29更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

ニハイシャ先生の治療日記の翻訳文。

 

舌癌の諸症状が改善。

リウマチ(Rheumatoid Arthritis)とパーキンソン病。

悪性脳腫瘍から肺がんに転移などの治療内容です。

 

元の中国語記事のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

舌がんの患者さんの冷えは良くなり、がん細胞が小さくなっている

2005年4月11日、晴れ。

今日は3月30日に来た舌癌の患者が再診にきました。

私が一目で診断終了した患者です。

 

彼はFAXで報告したのは、舌癌がだいぶ小さくなって、そんなに寒くもない。でもまだ手足が冷たくて、口臭が強い。

 

睡眠はよくなって、ひげも伸びるようになり喜んでました。

 

これは私の処方した量が足りないからです。

だから、今度は量を増やしました。

 

生の附子(トリカブト)を6銭(李哲 説明:大体30gくらい)に引き上げ、白朮を入れました。これは正統の中医学で言う「排膿湯」。口臭の問題は、がん細胞が化膿したから出てる症状。

 

彼の治療は、西洋医学の治療の介入がないので、とても順調です。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506172706.jpg

 

【▲ 附子(トリカブト)の花 】

 

リウマチの薬でパーキンソン病になった患者

1人の白人女性。78歳。

彼女は20年前、病院でリウマチ(Rheumatoid Arthritis)だと診断されたそうです。

 

現在、指の関節はすでに変形して、関節の痛みがひどい。

その上に、またパーキンソン病だと診断され、3ヶ月に1回スターフォックス医学センタに行って、新薬の注射で頭がずっと揺れる症状を止めるそうです。

 

これは、標準的な西洋薬の副作用が創りだした病気:パーキンソン病。しかし、西洋医学はまた新薬の開発をして、患者を実験体にしています。

 

私は彼女に教えました。

「このような病気は、中医学にとって非常に治しやすいものです。

不幸中の幸いなのは、たくさんの鎮痛剤を飲まなかったこと。だから、肝臓に毒素が溜まっているのが割と少ない。」

 

彼女は便秘。眠れない、手足が冷たいなどの症状があるけど、熱心に運動に参加してるから、動きは機敏で若者と変わらないくらいでした。

 

正統派の中医学は、一気でリウマチと治すことができます。

私の経験から見ると、痛みは1週間くらいでなくなる。

しかも、変形した関節まで何週間くらいで元に戻せます。

 

処方の中に、肝臓の毒素を処理する生薬を入れれば、頭が震える症状もなくなるはず。

 

肝臓の毒素をきれいにすれば、パーキンソン病も治る

 

西洋医学に脅かされた悪性脳腫瘍+肺がんの患者

 

今日一番面白い患者は、1人の白人女性。

56歳、西洋医学の先生のアシスタントです。

 

彼女は悪性脳腫瘍になり、手術で切り取った結果、現在は肺がんに転移しました。

 

先週の金曜日、私の診療所に来て漢方治療での効果を説明ても、漢方を飲む勇気はなかったです。

 

しかし、週末にもう1人の私の患者(ペンシルベニア州の獣医)からいろいろ話を聞いて、やっと今日来て漢方を飲もうとしたのです。

 

彼女の話では、「私の主治医が言ったけど、抗がん剤をしないと余命は3ヶ月。しかし、化学療法をすると18ヶ月~24ヶ月になれるそうです。

 

皆さん、考えてみて下さい。

これはなんのバカやろうの論理ですか?

 

西洋医学は永遠に正しいことを証明できないくせに、金儲けばかりしようとしています。

 

頭がしっかりしてる方は、どう思いますか?

あなたなら15ヶ月長く生きるために、こんな危険な抗がん剤を受けたいですか?

 

彼女の主治医はまだ運が良いです。

私に会ったら、きっと彼が金儲けばかりで、患者の生死を考えてない事を証明します。

 


 

この女性患者は現在脅かされて、極度の恐怖に落ちています。

 

私は彼女に話しました。

「心配しないでください。

この病気はあなたの命を奪うことができません。

 

あなたの主治医は、金儲けばかり考えています。

あなたが主治医の話通りに抗がん剤を受けたら、あなたは必ずその療法で死ぬ!

 

あなたは現在肺がんに転移したけど、治せないものではないです。

治せないと言ったのは、西洋医学の判断で、中医学の判断ではありません。

 

なんの3ヶ月、18ヶ月から24ヶ月の生存期間。

デタラメな話ばかり!

 

あなたは私の言う通りにやれば、あなたの主治医よりあなたが長生きする。これだけは保証します。

 

今後は、主治医の診察をキャンセルしていいです!」

 


 

現在、彼女は少陰症の段階で、死ぬ段階ではありません。

 

しかも食欲がある。

便通はまだある。

顔色も良い。

私の勝算はまだ大きです。

 

彼女がこれ以上西洋医学に脅かされてなければ。

 

だから、私は彼女に「もう診に行かないで!」と話したのです。

行ってまた脅かされて、魂まで飛んじゃうから。魂が飛ぶ

このような例は多いです。

 

一般的に言うと、手術した癌患者はまだ処理しやすい。

しかし、抗がん剤を受けたあと、生存率はほぼゼロ!

 

私はとりあえず1週間分の煎じ薬を出しました。

来週また再診でみる予定。

 


 

この患者は私が今後も追跡するので、中医学の力がどんなに強いかを皆さんに説明します。

 

もし順調であれば、今年の秋くらいに、患者は良くなっていることに気づいているはず。

 

なぜなら、秋は肺に属してるからです。

この時期になると、生薬の力と自然の力で、私が勝つ時期です。

 

ただし、肺に一番悪いのは、落ち込み.うつ。

あの主治医さえ彼女を脅かさなければ、治せないわけがない。

 

私は患者が知る権利があると思います。

しかし、知っているのが間違った医学観念だったら、患者の死亡を加速するだけ。

 

私たちは知る必要があります。

正しい医学知識を知っているからこそ、正しい選択ができるでしょう?