本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

コーヒーが身体に悪いと言っても、身内の人が信じくてれないのは何故?(2019-03-31修正)

 

コーヒー、乳製品、チョコレートなど止めて、体調が良くなった患者さんたちがいる

こんにちは。李哲です。

このブログでは、日常での禁止物  の話をたくさんしてきました。

 

お店にくる患者さんは、信じてくれる人が多いです。

そして、実践した結果を私に報告してます。

 

コーヒーを止めて、どのように変わったか。

白砂糖がたっぷり入ってるチョコレートを止めて、どのように変わったか。


止めて体調不良になった方は、まだいません。

 

体調が良くなって、ダイエットができて喜んでいる彼女たち。皮膚の調子がよくなって、喜んでいる彼女たちを見ると私も嬉しかったです。

 

以下は一つの例。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

身内の人が信じてくれない!私の親族も含めて

反面に彼女たちの話を聞いて、空しい時もありました。

家族の人が信じてくれないそうです。

 

奥さんは食事に気をつけているのに、旦那さんは普通にコーヒーを飲んで、清涼飲料水を飲む。

 

「体調が悪かったら、止めてみれば?」と奥さんが話しても、旦那さんは実践して検証しようともしない。

 

f:id:li-hari:20180530200153j:plain

 

根本的な原因は、信じてないから。

 

コーヒー、清涼飲料水、ヨーグルト、ケーキなどの乳製品が体に悪い...ことを信じてないのです。

 

いつか社会的の常識になれば、

食べる人がいなくなるかも知れません。


彼女たちと似てる経歴、私も経験したことがあります。

 

1年前から友達.親戚に、「これはよくないよ!」と言ったら、みんな鼻で笑ってました。そして、何回も言うと「少しならいいじゃん!」と怒られました。


それ以後、私は何も言わないことにしました。

 

最後は自己責任だし、

聞かない人は何を言っても聞かないから。

コーヒー、お菓子を食べて、胃がムカムカ・食道が焼かれる友達

私がうるさく話した中の1人。

大学の友達。

 

半年ぶりに会ったら、彼は「胃がよくムカムカする。そして、胃から食道まで焼けてる感じ」だと言ってました。これは逆流性食道炎の主な自覚症状。

 

「1年前からコーヒー止めろ!と言ったのに!」

私は彼の話を聞いてイライラしてました。

 

でも苦しんでるのがかわいそうだから、生薬を買ってあげて煎じて飲ませました。3日で胸が焼ける症状がだいぶ減って一安心。このままだと、最後は胃がん.すい臓がんになるから。

 

しかし良くなった何日後、友達がまたコーヒー.白砂糖たっぷりのお菓子を買ってきたから、私は厳重に警告したのです。

 

「これを飲むと、また食道炎になるよ!あと白砂糖も、味の素もダメ。」

 

そしたら友達が言うのは、

「白砂糖と味の素がないと、なんの料理もできない。」

 

その後、私は何も言えなくなりました。

 

これからは、友達に漢方も紹介しないつもりです。

清涼飲料水、コーヒーで痛風になって歩けないおじさん 

もう1人。

私のおじさん。

 

この前、痛風になりました。

足の親指が腫れて、痛くて歩けない。


おじさんは病院で検査と治療をしたと言ってるけど、私は知っています:病院の鎮痛剤では、痛風の痛みを治せない。

 

病院の薬でよくならなくてここに来た男性を、私は何人も診たから。


1年前からおじさんがいつも「疲れた!疲れた!」と言うので、「清涼飲料水.リボピタンDなどの滋養強壮剤(本当???).コーヒーを止めると元気になるよ!」と教えたことがあります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180529/20180529163630.jpg

 

しかし、痛風になったと言うのは、全然止めてないこと。

 

「痛風を治す処方を知っているよ」とメールで教えたけど、欲しがってなかったのでそのまま放置してます。


どうせ痛いのは、私ではないから。

コーヒーを飲みすぎて胃がんになった男性 

ニハイシャ先生は人紀を教えるときに、このような笑い話をしたことあります。

 

知り合いの男性がよくコーヒーを飲んでいるのを見かけて、「コーヒーで胃がんにとすい臓がんなるから、止めたほうが良い。」と話しました。

 

そしたら、男性が言うのは「医術が素晴らしいあなたがいるから、心配ない!」

 

1年後、この男性は会社の健康診断で胃がんだと言われ、慌ててその日に飛行機でアメリカまで来て治療を受けたそうです。あとはもちろん治ってますが。

 

それ以後、男性は毎回コーヒーを見ると、悪魔を見たように逃げるそうです。

まとめ

痛い目に遭わないと反省しないのは、人間の共通する愚かなところかな。


軽い病気だったらまだ反省の余裕があるけど、重症の病気だったら反省する時間もなしで亡くなる。これが唯一の問題点。

 

運が悪かったら、反省する余裕もないです!

 

なぜ遠い人は信じてくれるのに、近い人は信じてくれないか?

分からないままです。

 

偉い肩書きがないから?

何々大学病院の博士とか、何々研究所長とかの肩書きがあれば、信用してくれますかね...