本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

腰を痛めた時のマッサージはダメか?:ぎっくり腰を治した例(2018-03-13修正)

こんにちは。李哲です。

 

今日の一人の女性の例を挙げて、急に腰を痛めた時のマッサージは適当であるかどうかを討論します。

 

女性。65歳。

 

もともと腰が弱かった(腎臓が弱かった)のに、この前ギックリ腰になりました。

 

彼女の話によると、腰を触るのも痛かったそうです。

 

施術はもちろん整体だけ。

 

整体のとき、彼女はすごく痛がってました。

痛いところを直接押しているから。

 

最初は触れるだけでも、“痛い!痛い!止めて!”と叫んだけど、整体が終わる頃には触っても痛くなかったです。普通に座れるようにもなりました。

 

そして、一週間後に来た時、話を聞いてみたら酷い痛みはもうなくなりました。孫を抱くのも痛くなかったそうです。

 

彼女の例を挙げるのは、皆さんの常識を変えたいから。

 

よくギックリ腰になったら、「安静して冷たいシップを貼ってください。」とお医者さんに言われるでしょう。

 

ある患者は、お医者さんにマッサージなどは危ないと言われたそうです。

 

しかし、皆さんはシップを貼って、安静して、マッサージしないで、腰痛を治した人を見たこと有りますか?

 

みんな何日も何週間も苦しんでから、自然に自力で治したでしょう?

 

患者さんは痛くて治療に行ったのに、何も手当なしでただ単に「シップを貼って安静して下さい。」とムチャぶりを言う医学は、恥ずかしくも無いですかね?

 

現場にいる私の話を聞いてください。

 

本当のことは:急に腰を痛めたとき、マッサージは有効なやり方。しかも、すごく効きます!

 

日常生活で肘とか膝をぶつけて痛くなったら、みんな無意識に軽くもんだりするでしょう?

 

整体も同じなのです。

素人と違うのは正確にツボなど押すだけ。

 

腰が痛くて、生理痛で痛くて、頭が痛くて来た人...など。

その場で痛みを軽くしてあげたのは、一人二人ではないです。

 

たくさんいます。

 

以下はその代表的な実例。

 

一人目:

腰が痛くて歩けなくてタクシーで来た女性。

お店に入った時は、ヨレヨレのお婆ちゃんみたいに、何かを掴まないと歩けない感じでした。

 

しかし、整体したあと、彼女はゆっくり歩いて帰れるようになりました。

 

二人目:

酷い生理痛で冷え汗かいてる女性に、足ツボ40分をやってあげただけで生理痛が無くなりました。

 

三人目:

転んで太ももなど打って、すごい筋肉痛になった女性。

 

整体で軽く痛い所をもんだら、ベットから降りる時にはすでに筋肉痛が軽くなってました。

 

自分は痛くて触れなかったのに、なんで先生が触ると逆に痛みが無くなるだろう?と彼女は不思議だと言ってました。

 

数々の臨床経験から分かりますが、

足ツボ.整体は急性の痛みに絶対効果があります!

 

ぎっくり腰でも、寝違いでも、捻挫でも。

なんでも相談できます。

 

痛みがあるときは、我慢しないですぐ鍼灸院とか探してください。鍼灸は痛みを治す一番早い治療方法。

 

鍼灸院がなかったら、このような整体院でもいいです。

自然療法は副作用もないし、

必ず痛みが減るから。

 

我慢すればするほど、あとでの治療が大変時間がかかります。

 

何の役にも立たない病院に行くか、或いは肝臓がんのリスクが高まる鎮痛剤を飲むか、或いは自然療法の治療院を探すか、ご自身で選んで下さい。