本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

不眠症が改善し、夜間頻尿も治った:耳が聞こえない女性(1/2)(2019-03-07修正)

足の裏が痛い・頭痛で吐いてしまう・首から肩、背中、腰までの痛み.ひどい冷え性・尿漏らし・夜間頻尿・不眠症・両耳が聞こえない(難聴)で補聴器なしで生活できない…毎日鎮痛剤を手放せない生活。

 

たくの不調を抱えている患者さんの記録です。

 

24回くらいの足つぼ整体で、いろいろ改善されたので記事にしました。以下からは本文です。

 


 

こんにちは。李哲です。

今日は私の施術例、2回に分けて書きました。

 

 

つらい症状が多すぎる患者さん

一人の女性の例。40代。 

最初来た時の主な自覚症状はとても多かったです。

 

  • 足の裏の筋が痛い
  • 首から肩、背中、腰の痛み
  • 頭痛(鎮痛剤なしで生活できない)
  • 両耳の難聴(補聴器を使わないと何も聞こえないくらい)

  • 手足の冷え、特に足はとても冷たい
  • 尿漏らし、おしっこが我慢出来ない
    だから、外出の時はとても困る
  • 上半身、特に首から頭までは汗を良くかく
    夏は、滝みたいに顔に汗ダラダラ。しかし下半身は汗をかかない

  • 夜はよく眠れない
  • 夜中にトイレに何回も行く(夜間頻尿)
  • 足の裏は一本の筋が痛くて、歩くのも大変。辛くて鋭いものを探して、自分でグリグリ押すと楽になる

  • 頭痛は年中あって、ひどい時は吐いちゃうくらい
    だから、何年もバファリンが手放せない
  • 上半身の痛みは慢性的になっていて、なくなった時がないくらい

  • 体力が全然ない、いつも疲れた感じ
  • たまには2日寝なくて仕事に行っても大丈夫
  • 体は重度の麻痺状態で、キツイという感じもしない、ただ何時もだるいだけ


 日常での禁止物  に引っかかるのは、コーヒー.炭酸飲料などあるけど、彼女の体調不良を引き起こした最大の原因は病院の薬!

 

たまに白砂糖が入った甘いもの.乳製品.コーヒーと西洋薬を比べると、どちらが一番ダメでしょうか?の質問があります。

 

私の答えは西洋薬。

その副作用は、食べ物より何倍.何十倍も強い!

 

お店の皆さんによく説明するのは、どんなに精力が強い男でも、抗生物質1粒だけ飲んだら、次の日から健康な男性のシンボル:朝たちがなくなる!

 

抗生物質は1粒飲んだだけで、朝たちが消える

抗生物質は1粒飲んだだけで、朝たちが消える


1粒だけでこんな事になるのに、

鎮痛剤を何年も何十年も飲んだらどうなるでしょうか?


彼女の症状はとても多くて、そして重症だと言っても過言ではないです。

 

なぜこんな体になったか。

その原因を探っていきながら、そして施術を受けてどんな変化があったか、自覚症状の変化はどの臓器の状態と関係してるかを述べます。

 

解熱剤を使った翌日から、その副作用で耳が聞こえなくなった


まずは難聴(耳が聞こえない)。

以下は彼女が親から聞いた話。

 

2~3歳の時、彼女は高熱が下がらなくて病院に行ったそうです。病院の先生はいろいろ試したけど、高熱が下がらなくて、最後はある西洋薬の筋肉注射をしたそうです。

 

そしたら、熱は下がったけど、次の日からテレビの音が聞こえなくなりました。

 

音がない世界で40年くらい生活して、彼女は最後補聴器を使って、コミュニケーションを取るようにしたのです。

 

私が「その解熱剤の副作用で腎臓が一気にダメになり、聴力がなくなりました。中医学で言うと、腎臓のエネルギーで聴力があるから。」と説明しました。

 

彼女が言うのは、「分かっています。その先生を呪ってやろう!と思ったけど、その先生が先に亡くなっちゃった。」

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181225/20181225155727.jpg

 

高熱は漢方薬・鍼灸で簡単に治せる

彼女の気持ち、とても良くわかります。

しかし、その先生も知らないで薬を使ったかも知れません。

 

病院の先生が悪いのではなくて、医学体制の問題です。

 

その医学自体が、人類の健康に貢献するのではなくて、金儲け為の物.新しい病気ばかり作る妖怪だから!

 

たくさんの西洋医学の先生は気づいてるはずなのに、プライドで自分が間違えたのを認めたくない。或いは医療制度に挟まれて妥協し、妖怪の傀儡になっている先生も少なくない。

 

その結果は、可哀想なの患者さんがいっぱい被害者になっている。命を失ってる患者は、山ほどいます。

 

彼女が言うのは、

「自分と同じ遭遇になった子供は、全国的に多い。」

事件になってすぐ、その抗生物質は姿を消したそうです。

 

しかし、子供たちのなくなった聴力は、誰が治してくれますか?

40年も音が聞こえなかったその賠償は、誰が払ってくれますか?

 

中医学の治療に任せたら、絶対こんな事件になりません。

 

高熱が下がらない時、鍼灸では「商陽穴」と「少商穴」から血を2,3滴出すと、すぐ高熱が下がります。これが一番早いやり方。子供だけでなくて、大人にも通用する。

 

詳しいのは、日本人治療師の関連記事を参考にして下さい。

toyo-seitai.blog.so-net.ne.jp

 

それ以外に、漢方でも高熱が下がります。

最初の1杯目を飲んだだけで下がる。

 

日本の漢方製品には、白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)白虎湯(びゃっことう) などが挙げられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180507/20180507174843.jpg

 

【▲ 白虎湯(びゃっことう)に使われる生薬:石膏(せっこう)】

 

漢方でも鍼灸でも高熱を下げられるので、容易に解熱剤など使わないで下さい。

いったん彼女みたいな副作用に遭ったら、あなたは一生後悔します!

 

血を出すことで心配する患者さんがいるかも知れないけど、常識的に考えてみましょう。

 

血液検査をする時、抽出するのは2~3滴ではない。

献血する時、200CC以上するのもある。

 

包丁で手を切っても死なないのに、指先から血を2~3滴出しただけであなたは死ぬでしょうか?

 

2回目の施術後、音が少し聞こえるようになった

彼女から聞いた話はとても多いので、印象に残っている変化だけ書きます。

最初の足ツボ.整体は、とても痛がってました。

2回目の施術が終わった時、彼女から面白い感想がありました。

 

「お店に音楽が流れていたんですね...」

 

なぜこんな話があったかと言うと、彼女は難聴で最初話しかけるのも大変。もちろん、お店に古琴音楽が流れているのも、知らなかったわけです。

 

しかし、耳が聞こえは2回目の施術が終わってから、少し変わりました。

 

2回だけで効果が出ると言うことは、まだ腎臓を救える可能性がある事です。

 

聴力の問題は、腎臓が損傷してるから。

彼女の腎臓が壊れたのは、小さい時に打たれた抗生物質の後遺障害!

 

免疫力を破壊する、害しかない抗生物質!

免疫力を破壊する、害しかない抗生物質!

 

施術3ヶ月後:夜の睡眠がとても良くなり、夜間頻尿も治った

何回か受けた後に、彼女からの感想がありました。

(これは3ヶ月くらい経ってからの記録。)

 

前回の施術を受けてから、夜の睡眠はとても良い

施術する前は、夜中に何回もトイレに行ったけど、施術後は1回もトイレに行かなかったそうです。

 

ただし、これは3日くらいしか続かない。

4日目からはまた夜中にトイレに行くそうです。

 

病気の根本が深いので、1回の施術ではそんなに長持ちしないわけです。

 

患者が辛いというのに、正常だと診断する病院

当時、彼女が私に話したのは、

「今まであちこち辛くて、たくさんの病院に行ったのに、みんな正常だと診断しています。こちらに来てから、やっと何で辛いのが分かりました。」

 

血液検査など正常なのに、彼女は辛いと言っている。

彼女はただのヒステリーでしょうか?

 

違います。

彼女は嘘をついてない。

彼女の辛い症状は確かに存在しています。

 

なぜ病院の先進なテクノロジーでも分からないか?

 

一つ目は、西洋医学は健康な人に対する定義がないからです。

 

患者本人でも分かるような、詳しい定義がない。

だから、具合悪いか体調良いかの区別がつかない。

 

患者さんが辛いと騒いだら、「ストレスが原因だから心療内科に行ってください!」と言われるのが普通。

 

2つ目は、西洋医学の検査は、人間をただの部品の集まりだと思い、生きてる人とは思わないから。患者の顔を見て話を聞くのではなくて、いわゆる精密検査だけにしています。

 

3つ目は、臨床のお医者さんも分かるはず。

あんなにたくさんの毒物(鎮痛剤など)を飲んだら、もちろん体がおかしくなります。

 

病院の薬をよく飲んで体調がいい人は、聞いたことがない!

病院の薬をよく飲んで体調がいい人は、聞いたことがない!

 

しかし、裏を知っている病院の先生も話せない。

少数の良心的な先生以外に。

 

「薬を飲み過ぎて、あちこち痛くなっています」と診断したら、病院の先生の立場がなくなるでしょう。

 

~続く~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com