本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】肝臓の腫瘍。肺炎(肺水腫)。高血圧.糖尿病.心臓病.両足が浮腫んでる.不眠症.便秘.倦怠感.アルチューハイマー。

こんにちは。李哲です。
今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文。

 

中の処方に関して、最後には私の簡単な説明があります。参考になれば幸いです。

 

本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/6-8-05.htm

翻訳文

06/08/2005。

晴れ。

 

一人のアメリカ人患者。

女性、38歳。

中医師です。

 

肝臓中に腫瘍ができて、西洋医学の検査を受けてみたけど、何の腫瘍か分かってない。なぜ腫瘍ができたかも分かってないそうです。

 

私は彼女に聞いてみました。

「生理は正常ですか?」

「毎回遅れています。」

 

彼女に乳汁と生理は同じである理論を説明したら、彼女は自分が学んだ中医学の学校では、こんな理論を教えてくれなかったと言ってました。

 

そして、彼女が言うのは、「だから、毎回生理が来る前に、両胸がパンパン張っていましたね。しかし、この1年間はこの感じがなくなりました。しかも、生理の周期が乱れてる。」

 

彼女の主な自覚症状は、不眠症.両足が氷みたいに冷たい.頻尿。

 

読者の皆さんは、現在何が起きたか分かったでしょうか。

 

彼女と一緒に来た男性もいい例なので、ここに書きます。

 

彼が言うのは、全身に腫瘍ができている。

全部筋肉の間にできて、とても痛いそうです。

その腫瘍は、皮膚を触っただけでも分かるくらい。

 

腕と太ももの方が一番痛い。

この痛みは、7年くらい治ってないそうです。

 

彼が言うのは、7年前にひどい風邪を引き、1週間くらい筋肉痛が酷かったそうです。あまり痛く触られるのも嫌、痛い感じは筋肉が絞られるような痛み。

 

私は彼に聞いてみました。

「貴方は暑がりですか?」

 

彼の答えは、「毎日熱いです。熱くて夜寝るときは布団がかけられない。冬でも同じ。口はとても乾いて汗がきです。」

 

どう見ても熱い症状しか見えません。

 

これは、傷寒論の診断方法から見ると、「陽明症」。

「陽明症」は死ぬ病気ではない。

病気はこの段階に入ったら、もっとひどくもなりません。

 

だから、彼は7年苦しんでるのに、まだ「陽明症」なのです。

 

私が処方したのは「白虎湯」。

 

石膏の用量は1日で6両、今の大体180gくらい。

牡蛎1両(大体33gくらい)

澤瀉6銭(大体20gくらい)

f:id:li-hari:20180910154220j:plain

澤瀉(ダクシャ)の葉っぱ。生薬として使うのは根っこの方。


読者の皆さんは、分からないでしょう。

中国からアメリカに来て中医学を教える先生は、学生さんに石膏の用量は1両までだけだと教えます。

 

彼らが何を根拠にして、こんな発言をしてるか、私はよく分かりません。

 

私が使うのは、1日で最低8銭(大体24gくらい)。

これは、風を引いて高熱があるときの大青龍湯の処方量。

 

熱がりの陽明症に使うときは、最低5両から始めます。

 

牡蛎に関して、笑い話があります。

西洋医学はカルシウムが骨に良いことは知っている。

カルシウム剤の説明書を見ても、牡蛎から抽出したと書いてます。

 

しかし、西洋医学は知っていません。

中医学の先生が牡蛎を使うのは、カルシウムだけの為ではない。

 

カルシウムを抽出しただけで、しょっぱい味がなかったら、骨にいい所か逆に骨を壊します。

 

中医学の理論では、「塩能軟堅」「塩能入腎」。

(李哲 翻訳:しょっぱいのは堅い腫瘍とか潰せる。しょっぱいのは、腎臓に入る。)

 

この理論、中医師はみんな知っています。

 

しかし、腫瘍を小さくする時は、牡蛎を使うのを忘れています。

 

この人の腫瘍は、全て筋肉の間にできている。

 

常識的でも分かりますが、人の汗はしょっぱい。

だから、私はしょっぱい牡蛎で腫瘍を潰そうとしてるのです。

しかも、軽い量では足りない。

 

傷寒論の処方を使う医師は、必ず正しい理論の指導が必要です。

貴方はこの生薬が必要だと判断した時、軽い量から試して見ようなんか思ってはいけない。

 

症状が軽くならなかったら、貴方はきっと処方箋が間違っていると判断する。

そうすると、病気は永遠に治りません。

 

彼の病気は、7年も続いてる。

つまり、この7年は彼の役に立つ先生がいなかった。

今日、私に出会ったのです。

 

今日出した6種類の生薬で組み合わせた漢方。

みんな大量。

 

一発勝負の攻撃でどうなるか、私は最初から知っています。

 

漢方が症状に合うとき、患者は飲んだ後によく出るのがめまいと無気力感。夜中にお腹が空きすぎて、冷蔵庫を開けて食べ物を探す。など。

 

今日、72歳の男性患者が2回目の診察に来ました。

先週は隣居に無理やり連れられて来ました。

 

主な病気と症状は、高血圧.糖尿病.心臓病.両足が浮腫んでる.不眠症.便秘.倦怠感.アルチューハイマー。

 

1週間の漢方薬を飲んで、両足が浮腫んでるのは治りました。気力が回復。便通が良くなり、血圧も正常。血糖値はまだ測ってない。

 

彼が言うのは、何年ぶりによく眠れた。

体重も4kgくらい落ちてる。

 

もっと面白いのは、今週は一滴もお酒が飲みたくない。

 

彼は隣居に1年くらい説得されてから来たそうです。

 

彼は中医学の治療がこんなに効果が早い事に驚いてました。

そして、彼は何故アルチューが1週間で治ったか、不思議に思ってました。

 

私は笑って答えました。

これは、我々の古典「黄帝内径」に書いてる生薬。

2種類だけです。

 

この処方、私は保留します。

西洋医学の製薬会社に漏れたら、また民衆の金を取るから。

 

今日、彼は奥さんも連れてきました。

中医学の治療に自信があるからでしょう。

 

奥さんの顔を見たら、酸素ポンプの管が通って、車椅子に座ってました。

彼女の話では、病院から退院したばかり。

 

肺炎になったから。

 

この肺炎は、彼女を5年困らせたそうです。

ほぼ毎月肺炎にかかって、しかも緊急入院になるくらい。

 

主な自覚症状は、座ってしか寝れない。

呼吸が非常に難しい。

体力はほとんどない。

 

「食欲はどうですか?」と聞いたら、答えは:「とても良い。」

 

彼女は肺の中に水が溜まっているから、ウィルスとばい菌の最適な育つ環境になっているのです。随時肺炎になるわけです。

 

私は1回分の「十棗湯」しか処方してないです。

 

読者の皆さんは、きっと「十棗湯」ってどんな物か気になるでしょう。

 

読者の皆さんに教えます。

この「十棗湯」は、肺水腫(肺の中にたまる水)を治す唯一の処方。

 

しかし、現在の中国のほとんどの漢方医は、使ってません。

 

何故かというと、毒性が強くて心配。そして、教える先生もいないから。

 

「十棗湯」の組み合わせは、甘遂,芫花,大戟。

十個の棗を煮詰めた汁で飲む必要があります。

棗の汁を飲まないと、胃がやられるから。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180507/20180507183029.jpg

【↑↑ 甘遂(かんずい)の画像。】

 

処方が適当な場合、1回飲むだけで4時間以内に肺の中の水を出す事ができます。しかも、二度と水が溜まって来ない。

 

しかし、一般の中医師はこの3つの生薬を見ると、閻魔を見たように怖がる。どうしても出せない。

 

その結果は、一般の中医師に診てもらってまた西洋医学の治療にたらい回しされる。

 

患者は死ぬ道しかないのです。

 

彼女は今日私に出会ったのは、運命的に死ぬ運命ではなかったら。

 

彼女の食欲がまだ残っているこの最後のチャンス、私は一撃必殺の生薬を出さないとまた一人の命がなくなります。

 

彼女がもし台湾にいたら、台湾の漢方医も同じ処方を使うと思います。しかし、アメリカだと私しかいないかも知れません。

 

患者は明日の朝飲みますが、私はよく分かってます。

 

彼女はきっと激しい嘔吐と下痢のあと、肺の中の水は全部きれいに出る。そして、彼女は仰向けで寝れるはず。肺炎も二度とならないはず。

李哲の説明:

「白虎湯」と言うのは、高熱.熱がりなどの自覚症状に使う時の処方です。

 

その構成は、以下の日本語記事を参考にして下さい。

東洋漢方製薬

 

使う量がいかに軽いか分かると思います。

 

石膏15gで高熱に効くかな...

 

「十棗湯」の構成は、以下の日本語記事を参考にして下さい。

詳しく書いています。

 

http://29.pro.tok2.com/~busikeisi/kinkiyouryakiu/12/12-21-22.html

 

たまたまテレビで肺炎で亡くなったニュースを見ますが、残念だとしか言えないです。

 

肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)。

この病気は、肺に水が大量にたまった最後、心臓が圧迫されて心拍停止になる方もいます。

 

治せる漢方があるのに...