本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

腎不全患者のクレアチニン、漢方薬1ヶ月で大幅に下がり、病院の先生が自ら人工透析を中止した例

【※本記事は2019-05-18更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文。

人工透析しかないと言われた腎不全患者、1ヶ月の漢方薬でクレアチニンが大幅に下がり、病院の先生が自ら人工透析を中止した話です。

 

腎不全治療には、人工透析以外に漢方薬があることを覚えてください。

人工透析は延命治療にしか過ぎません、つまり、あなたはあと数年長生きするだけ。しかし、漢方薬は完治ができます!

 

漢方薬治療は、台湾にあるニハイシャ先生の弟子たちの診療所がオススメです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

中国語本文のリンク先は、こちら

 

 

腎不全でクレアチニン7.9、人工透析をするしかない患者さん

 

07/29/2005、晴れ。

 

59歳の男性。

彼の初診日は、2005年6月3日。

その後、私は台湾に戻ったので、診察は1回しかありません。

 

初診の時、彼の腎臓はもうだめでした。

クレアチニン値は7.9。

病院は来週から人工透析をするため、すでに彼の動脈と静脈の結合手術までしたそうです。(李哲の説明:日本の病院では、クレアチニン5.0以上だと、腎臓の回復は難しいと言います)

 

こんな彼は、友たちの強力な推薦でこちらに来ました。

 

彼の体調不良は1997年、人口弁膜を入れてから始まりました。

手術後に利尿剤とクマジン(Coumadin、抗血液凝固剤)、つまりネズミを殺す薬と抗うつ剤、血圧降下薬を飲んでました。

 

山ほど飲んだ病院の薬で、腎不全になった

 

8年経って、彼は人工透析に遭いました。

彼の腎臓は、10年前から問題があったそうです。

 

こちらに来たとき、最初の自覚症状は、

  • 体力が全然ない
  • 食欲は良くなったり悪くなったり
  • 気持ち悪い
  • めまいがする
  • 喉はとても乾く
  • 両足が氷みたいに冷たい
  • くるぶし辺りは浮腫んでいる
  • 体はとても寒い

 

これは標準的な「里寒症」です。

だから、初診の時に出した漢方は、生のトリカブト4銭(12gくらい)。他の生薬は保留。将来の学生さんに教えます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190503/20190503170004.jpg

【▲ 腎不全を治すときに不可欠の生薬:トリカブト(附子)】

 

1ヶ月後、クレアチニン値が7.9→5.9になり、病院の先生がびっくりして自ら人工透析を中止した

 

この例を上げた1つ目の理由は、

初診以後彼に会ったことがない

彼はずっと同じ漢方薬を1ヶ月飲み続けました。

 

当時、私は彼に言いました。 

「とりあえず人工透析を延期にして。

漢方を飲んで2週間経ってから、主治医に検査してもらって下さい。

 

数値が悪くなったら、人工透析をして。

数値が良くなったら、人工透析は必要ないです。」

 

漢方薬

 

今日、私が戻って2回目の診察です。

初診の時から、処方箋は変わってません。

 

1ヶ月漢方を飲んで、彼の主治医はビックリしました。

彼は2週間漢方を飲んで、私の言うとおりに検査に行ったら、尿毒の指数が7.9から5.9まで下がりました。

 

彼の良心的な主治医は、自ら人工透析を中止して、彼に「このまま漢方を飲んで下さい。腎不全が完治するかも知れません。」と話したそうです。

 

西洋医学の先生がこんな話をするのは、とても珍しいこと。


これはまた一例、死神から奪ってきた命です。

 

腎不全を治す漢方薬

 

中医学は腎不全を治すとき、必ず先に心臓を強化する

 

この治療例を上げた理由の2つ目。

中医学は腎臓を治す時、必ず先に心臓を強化します。

心臓が先に治ってから、腎臓が治るチャンスがあります。

 

この患者の心臓は、すでに弱くなっていました。

根本的の原因は、10年前の腎機能低下の時に、西洋医学は一番先に心臓を強化するを知らなかったから。

 

言い換えると、彼は間違った医学のせいで、今日の結果になっているのです。

 

最初から中医学の治療を受けたら、こんな結果にはなりません。

心臓病は中医学の治療を受けてください。

 

www.li-hari.net

 

現在弱くなっている心臓を治さないと→必ず肺に影響が出る→肺の次は肝臓→命も終わり。

 

これは、患者さんが西洋医学を信じた結果です。

 

おわりに:西洋医学はマフィアと同じ

 

最も難しいのは、現在この患者の心臓を治そうとしたら、西洋医学がすでに人工弁膜を入れたこと。

 

要らない心弁膜手術も、西洋医学が心臓病を治せないからです。

 

最初この患者の心臓に問題があったのも、西洋薬の副作用だと私は断言します。

 

西洋医学はマフィアみたい。

一旦手を染めたら、一生コントロールされて逃れない。 

そして、最後は財産もなくなり、命も奪われる。

 

アメリカでもっとも処方が多い、コレステロールを下げる薬:リピトール、飲み始めてから薬の副作用に殺されるまで、その金額を計算してありました。

以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net