本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

抗がん剤の副作用で湿疹が出た肺がん患者。上半身だけに出る「カポジ肉腫」も、薬の副作用で起きる病気。

【※本記事は2021-05-02更新しました】

 

 

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医学先生:倪海厦(ニハイシャ)先生*1の治療例を翻訳しました。中国語本文のリンク先はこちら

 

抗がん剤の副作用で、上半身だけ赤くて痛い湿疹ができた患者を例にし、「西洋薬は覚醒剤よりも猛毒」であると説明した内容です。

抗がん剤の副作用で湿疹ができて、膿が垂れてくる肺がん患者

 

08/11/2005、晴れ。

C君。肺がんが骨、リンパまでに転移。

 

彼は一生タバコ吸っていません。

でも、肺癌になりました。

 

1999年、彼は運動するとき、急に呼吸困難になって病院に担ぎ込まれて検査したら、肺がんステージ3。西洋医学の治療では、彼の肺を3分の1切り取って、その後ずっと抗がん剤をやって来ました。その抗がん剤は、最新の肺がん治療薬:Tarveca(タルセバ)

 

私がこの例を挙げた理由。

彼は肺がん治療薬:Tarveca(タルセバ) を飲み始めてから出た副作用は、上半身に赤い湿疹ができて、痛いだけではなく、中から膿が出ています。

 

湿疹は全部上半身だけに現れ、西洋医学すら抗がん剤の副作用だと認めました。

 

▼李哲の補足説明:

抗がん剤の副作用で湿疹が出たのは、まだ可愛いものです。臨床では抗がん剤で話す力もなくなった患者がいます。ニハイシャ先生の症例、どうぞご覧ください。

www.li-hari.net

上半身だけに出る「カポジ肉腫」も、薬の副作用で起きる病気

 

上記の患者さんのような上半身にしか出ない中毒反応。私が前に話したKaposi sarcoma(カポジ肉腫) と同じように、上半身だけに出ています。

 

アメリカの西洋医学の先生は、カポジ肉腫 患者を見るとすぐAIDSだと診断し、ほかの検査すら要らない。

 

AIDSは薬の中毒で現れる症状です。

患者さんが、抗HIV薬を飲んだ副作用がAIDS。しかし、西洋医学は他の理論を創りだして、また新しい病気だと言います。

 

西洋薬と人工麻薬・覚醒剤は、みんな毒物。

たくさん食べたあとの副作用が、西洋医学で言うAIDS。

西洋医学は薬の中毒だと認めないから、新しい病名AIDSがあるわけです。

 

西洋医学は常に病名を創りだしている。

病名をたくさん作れば、もっと儲かるから。

 

エイズに関する詳しい記事は、以下を参考にしてください。 

www.li-hari.net

 

人紀クラスの生徒さんたちは、私が48時間以内に薬の毒素を出すことができるのを知っているはずです。Kaposi sarcoma(カポジ肉腫) を治すのと同じように。でも、私はまだ着手していません。

 

何故かというと、患者さんが薬の毒素など一気に出たら、肺がんに影響があると心配してるからです。現在処方しているのは肝臓の毒を出す生薬がメイン、もちろん肺がんを治す生薬も一緒に入れています。

肺がんの原因が分かってない西洋医学

 

彼は一生タバコ吸ってないのに、肺がんステージ3になりました。なぜこんな結果になったかは、西洋医学が肺がんの原因を分からないからです。たとえ西洋医学の治療で肺がんが良くなっても、また再発します。

 

中医学理論でいうと、肺がん・乳がんを含む様々な癌は源が同じ。

 

www.li-hari.net

 

現在、患者さんは毎朝4時には必ず目が覚めて、全身の皮膚が乾燥して破裂しています。

 

中医学の診断から見ると、彼の肺がんはまだ治っていません。

肺の経絡が活発になるのは、朝の3時から5時。また、皮膚の調子は肺が司るので、彼の肺がんは治ってないと診断しています。

西洋薬は覚醒剤よりも猛毒!


以上のことから、何個かまとめて皆さんに話したいのがあります。

 

1.西洋薬はみんな毒物。

違いは毒性の強さが違うだけ。

 

毒素がある程度まで蓄積した時は発作します。

よくあるのが、上半身の湿疹・皮膚病。

 

▼李哲の補足説明:

抗がん剤は上半身だけに湿疹が出るけど、私が見たのはサプリメントで下半身に湿疹が出た患者さんがいました。本当に!毒物だらけの世界!

www.li-hari.net

 

2.HIV患者さんが抗HIV薬を飲むと、上半身に肉腫瘍ができる。西洋医学ではこの時、Kaposi sarcoma(カポジ肉腫) だと診断します。

 

3.覚醒剤依存者は、上半身の湿疹・皮膚病になりません。

 

以上の3点から分かるのが、

  1. 西洋薬は覚醒剤よりも猛毒。
  2. 薬の中毒で、いろんな自覚症状が出たとき、西洋医学はまた「AIDS」の病名をつける

HIVウィルスは製薬会社がワクチンに混入させた

 

もう少し詳しく説明します。


製薬会社が最初にアフリカの緑猿を利用して、小児麻痺ワクチンを作る時、緑猿の腎臓にはSIVウィルスがありました。緑猿のSIVの分子式は、現在流行っているHIVの分子式と全く同じ。

 

製薬会社がワクチンを作る時に、緑猿のSIVウィルスを入れたから、現在のHIV病気があるわけです。以上は簡単な説明。

 

皆さんは気を付けて下さい。

自分の子供に、ワクチン接種をさせないように。

*1:倪海厦(ニハイシャ)先生の紹介文は、リンク先記事をご覧ください。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介します