本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

1型糖尿病の治療例をもとに、1型糖尿病の原因を中医学の理論で説明する

【※本記事は2019-03-12修正しました】

 

1型糖尿病はワクチン・病院の薬で作り出された新しい「病気」です。

自然の中に存在するのは、2型糖尿病だけ。

 

つまり、あなたがワクチン・病院の薬を飲まなければ1型糖尿病にはならない。

 

万が一、1型糖尿病になっても、足つぼ整体・鍼灸・漢方薬などは血糖値を安定させて、生活の質をあげる事ができます。

 

以下は一つの症例をもとにして、中医学の理論を述べます。

 

 

インスリン治療よりも効果が良い足つぼ整体

 

こんにちは。李哲です。

今日は私の治療例。

 

一人の女性、60代。

1型糖尿病だと診断されました。

すい臓が働かなくてなり、インシュリン分泌が無くなったから、インシュリン注射をしないといけない病気です。

 

面白いのは、施術後は血糖値がとても良い。

インシュリン注射だけよりも、良い水準になっている。

 

適当な運動(なるべく歩いたり、ストレッチとかしたり)をした後は、更に良い水準です。

 

血糖値の水準が良いだけではなくて、全体的の体力と調子はとても良い感じだそうです。

 

2週間に1回の施術。

とても痛いけど、彼女は楽しんでいたそうです。

 

皆さんも知っていると思いますが、私は西洋薬を飲んでいる方への施術は断っています。やっても西洋薬の副作用で無駄になる。だから最初から断ります。

 

しかし、この女性は例外。
足ツボ.整体では、インシュリン分泌を正常にすることができないから。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180605/20180605141357.jpg

 

ほかの頭痛とか生理痛とか不眠症.腰椎ヘルニアからくる痛みなどは、みんな改善・完治の余裕があります。だから、西洋薬を続ける方には施術しません。

 

この女性だけは、本当にどうしようもない!!

 

1型糖尿病はワクチン・病院の薬で作り出された新しい「病気」

1型糖尿病は、自然の中に存在しない病気です。

自然に存在するのは、2型糖尿病だけ。

 

中国の昔の医学歴史には、1型糖尿病の記録がありません。

 

1型糖尿病は、200年前から現れた西洋医学の発展とともに、創りだされた新しい病気。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが、1型糖尿病になったりしますが、これは完全にワクチンの副作用です。

 

ワクチン接種のせいで、急にすい臓が働かなくなり、新しい病気「1型糖尿病」だと言われ,、また新しい薬を売られるのです。

 

なんで他の赤ちゃんは大丈夫で、自分の子供だけ1型糖尿病になったか?親のあなたは、疑いもしないでしょうか?

 

子供の1型糖尿病のワクチンの副作用から来ている

子供の1型糖尿病のワクチンの副作用から来ている

 

病院の薬の副作用で、急性の1型糖尿病になった女性

この女性は、60代です。

小さい時のワクチン接種の副作用で、今糖尿病になったのは考えられない。

 

しかし、彼女の話を聞いて原因が分かりました。

 

5年前に重い風邪を引いて、熱と咳などが治らなかったそうです。

病院の一番強い薬を出してもらっても、熱が下がらない。

 

西洋薬を飲み続けて1週間くらい経ったある日、急に意識不明になり、病院に運ばれたら1型糖尿病だと言われ、その日からずっとインシュリン注射を続けています。

 

病院の先生が言うのには、

「風邪のウィルスがすい臓に入り、すい臓の機能が無くなった。」

 

つまり、

1.あなたの糖尿病は、前飲んでいた西洋薬と因果関係はない。

2.あなたの糖尿病は、ウィルスが原因の急性糖尿病である。

 

彼女は今でも、「自分は風邪のウィルスにやられて1型糖尿病になった」と言っています。

 

しかし、私は知っています。

病院の先生は嘘をついてる。

 

嘘をつく病院の先生

 

「風邪のウィルスで1型糖尿病になる」のは、間違った説!

自然な風邪が原因で、糖尿病にはなりません。

風邪を引いて何の薬も飲まかったから、最後糖尿病になった人、あなたは見たことありますか?

 

素人でも分かる常識は、風邪は何もしなくても1週間くらい休めば治る。

 

中国の昔、風邪を引いた人は何百万人.何千万人です。

なんで1型糖尿病の記録はないでしょうか?

 

風邪のウィルスがすい臓に入って、インシュリン分泌が止まった。

 

たとえこの理屈が正しいとします。

なぜ他の人は風を引いても、糖尿病にならないのに、彼女だけウィルスがすい臓に入ったか?

 

西洋医学の先生は、適切な説明ができるでしょうか?

 

投薬した責任から逃げるために、無理やり作った言い訳。

素人を騙せるかも知れないけど、私たちは騙せません!

 

西洋薬の解熱剤などに関して、西洋医学の信者たちはよく「効き目が素早い!」言いますが、訂正する必要があります。

 

熱が下がって、効き目が素早いと見えるのは「にせ物」です。

あなたの目を騙しただけ。

本当はウィルスが死んだのではなくて、体の奥に逃げている。

 

「病院の解熱剤はすごく効く!」と言うのは、症状を隠しただけで、治ってはいません。

 

外側から入った敵を、体内にブチ込んで蓋をしただけです。

そのウィルスがいつ爆発するか、誰も知りません。


ウィルスが胃腸に逃げたら、下痢.吐き気などの症状が現れる。俗でいう「胃腸の風邪」です。

 

ウィルスが肝臓のあたりに逃げたら、いろんな肝炎。

ウィルスがすい臓に入ったら、この女性みたいに1型糖尿病。

 

薬の副作用で起きる胃腸の風邪、肝炎、糖尿病

薬の副作用で起きる胃腸の風邪、肝炎、糖尿病

 

病院の薬の常識を話す


前に話した医学常識ですが、皆さんは覚えて欲しいです。

 

1.抗生物質ではウィルスを殺せない

抗生物質が殺せるのは、ばい菌。

 

ウィルスとばい菌は、全然違うもの。

 

ちなみに、西洋医学の理論では、風邪はウィルスが原因だと言います。ばい菌ではありません。

 

全然違うものなのに、なんで薬を出すか?

理由は簡単です。

 

①投薬するのは、患者のあなたを慰めるため

 

信じる者は救われる。

こんなあなたには、ただの水を薬だと言って飲ませても風邪が治る。

 

②薬を売らないと、儲けが出ない

飲んで死ぬかどうかは関係なしで、とりあえず出す。

たとえ重い副作用で死んだとしても、因果関係がないと言いはれば、責任負わなくて済む。

 

西洋医学は人を治す医学ではなくて、金儲けのビジネスになっている

西洋医学は人を治す医学ではなくて、金儲けのビジネスになっている

 

2.抗生物質で免疫力が破壊され、免疫力が落ちる

抗生物質の解熱剤で毎回風邪を治した子供は、年々風邪を引きやすくなる。免疫力がどんどんなくなっているから。

 

これは、親のあなたが一番分かるはずです。

 

足つぼ整体で1型糖尿病が治らないけど、少なくとも糖尿病患者の痛みをとり、生活の質をあげる事ができる

1型糖尿病は、自然の中に存在しない病気だったため、中医学も対策がまだ備えてないそうです。

 

私が尊敬するニハイシャ先生も治したことないです。患者さんがインスリン注射を止めたらすぐ死ぬと怯えているから、治療で成功した事がないそうです。

 

漢方.鍼灸でも足りないから、

足ツボ.整体は、もちろんもっと無気力。

でも、全く治療の意味がないことではありません。

 

少なくて彼女の生活の質を上げることはできる。

痛みがある時は、痛みを治すことができます。

 

他の言葉で言うと、この女性に対する治療は、「もっと悪くならないようにする治療法」です。

 

足つぼ整体は、患者さんの生活の質をあげられる

足つぼ整体は、患者さんの生活の質をあげられる

 

私がこの女性の施術で最も気を使うのは、足に傷口がないか?食欲はどうか?この二つです。

 

1.糖尿病患者、足に傷口があった場合治りにくい

 

糖尿病患者で、下半身の化膿が治らなくて切断をした人は少なくないです。徐々に上まで切断して切る所がなかったら、後は死ぬのを待つしかない。

 

台湾の元大統領:蒋経国は糖尿病で足から切断し始め、最後は切る所がなくなって死んだのです。

 

たとえ傷口(化膿)があったとしても、中医学では治す方法があります。西洋医学の治療に任せると、足の切断しかないけど。

 

だから、この点ではそんなに心配しない。

 

唯一の問題は、彼女が中医学を完全に信頼するか。

 

2.糖尿病患者の食欲を、良くする必要がある

食欲は、中医学で言うと、「胃気」です。

食欲さえあれば、どんな重い病気でも治せる可能性がある。患者さんはすぐ死にません。

 

この女性は足つぼ整体に通って1年以上。

この1年間、体調と食欲はずっと良かったです。

 

しかし、この前久しぶりに来て話を聞いてみたら、気持ち悪くて食欲があまりない。


彼女の話を聞いて時、私は心臓がビクッとしました。

 

幸いなのは、施術後に胃のあたりは施術前より調子が良い。

これで、しばらくは問題ないでしょう。

 

インスリンの副作用を調べてみたら、消化系がダメになるのがありました。

 

詳しいのは、以下の外部サイトをご覧下さい。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

yaku-man.seesaa.net

 

西洋医学の記事を読みましたが、西洋医学の先生すら警告の言葉が出ています。

 

「最後に、インスリン製剤は、劇薬である、ことも覚えておいてください。」

インスリンの副作用-いま、1型糖尿病は-糖尿病NET

 

 

死ぬ日まで詐取される、かわいそうな糖尿病患者 

本来なら自然の中に存在しなかった病気。

 

西洋医学の薬とワクチン接種のせいで糖尿病になったら、今度は1型糖尿病だと言われ、また新しい薬を飲まされてお金を取られる。

 

患者さんは全く奴隷みたいに、ずっと鮮血と一生の貯金を払わないといけない。患者さんが死ぬ日まで続くのです。

 

糖尿病患者は死ぬ日まで、薬漬けの人生になり、一生製薬会社にカネを払う

糖尿病患者は死ぬ日まで、薬漬けの人生になり、一生製薬会社にカネを払う

 

隣で見ている私は、憤慨を抑えることができません。

 

治療できないなら、最初から手を出さなければ良かったのに。

今の状態はどうすればいいんだ!

 

事故を起こした奴は逃げたところか、未だに隣で事故と関係ない顔をして「この薬を飲まないと死ぬぞ!」と脅かしている。

 

アーユルベーダ.ホメオパシー.欧州の薬草療法.カイロプラクティック.中医学...このような「標準治療」ではない治療法がなかったら、患者たちはどうすればいいでしょうか?

 

私が大げさに言うと思わないで下さい。

皆さんは自分の周りの患者を見れば、分かるはずです。

 

このように罠に落ちて、

短い期間で命を落とした患者は少ないでしょうか?

 

テレビを見れば分かりますが、芸能人の死去ニュース.壮絶な闘病記ばかり!

 

追記:急性の1型糖尿病になった31歳の若い女性

二三日前に、ある男性の患者からまた話を聞きました。

知り合いの女性、31歳。

3年前から急性糖尿病で、ずっとインスリン注射を受けてるそうです。

 

この男性は、「糖尿病って急になるものですか?糖尿病は昔の金持ちがなる病気だとしか覚えてないけど。」の質問がありました。

 

本当に嘆くしかなかったです。

 

被害者は一人だけではない。

しかも、今度は31歳の若い女性。

 

インスリン注射。

あなたは40年も、60年もできると思いますか?

 

その前に、みんな薬の副作用で足を切断する、もしくは緑内障.白内障.脳出血などで墓に埋められてます。

 

いい中医学の先生に出会ったら、病気で苦しむ人生が変わると思いますが。

 

彼女の幸運を祈るしかないです。

 

(おわり)