本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

頻尿・尿もれ・頭痛は完全に治って、手放せなかった鎮痛剤が要らなくなり、難聴も良くなった:薬の副作用で難聴になった女性(2/2)

【※本記事は2019-07-17更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

最後の記事です。

 

頻尿、尿もれ、頭痛が治って鎮痛剤要らなくなり、足裏の激しい痛みが緩和し、肩痛、難聴が改善した変化を記録しました。

 

完全に治ってはないですが、最初と比べるといろいろ変わっているのが分かると思います。

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

 

頻尿、尿もれは改善し、足裏の筋の激痛はだいぶ緩和して、体力も増えてきた

6月中旬に来た時、彼女の報告は以下の通り。

 

夜トイレに行くのは2回。

昼間にトイレ行く回数は少なくなった。

つまり、頻尿が改善されている。

 

以前は尿が我慢できなかったけど、今は我慢できる。

尿もれしなくなりました。

 

体力は増えた感じ、昔みたいに疲れない。

足裏の筋の激痛は、だいぶ柔らかくなった。

 

昔みたいに、鋭いものを探して踏まなくて済む。

彼女が言うのは、「昔の足裏の激痛は、痛い時失神するくらいだった」そうです。

 

頭痛は消えた、もう鎮痛剤は要らなくなりました。

聴力は前回ほど著しい変化はない。高音はハッキリ聞こえるけど、低音はまだハッキリ聞こえない。

 

今日来た時、ちょうど彼女は仕事で立ちすぎて、ぎっくり腰になりそうで痛いと言ってました。しかし、整体を受けて帰る時は、8割の腰痛が治って、あと2割しか残ってない。

 

鍼治療の場合、さらに早く治ります。

1~2回受ければ腰痛な完治の可能性があります。

 

www.li-hari.net

 

彼女の腎臓は小さい時に使った抗生物質のせいで、とても弱くなっています。だから、ぎっくり腰になりやすいのです。

 

このようにぎっくり腰になったら、その日に来た時、効果が一番出ます。ほぼその日には、普通に歩けるようになります。

 

だから私は何時も「腰痛があったら我慢しないで、すぐ来てください!」と言うのです。

 

鍼治療の場合、ギックリ腰はほぼ1回で治る。

治らないのは、あなたの医学に問題があります。

 

www.li-hari.net

 

2週間後の6月末に来た時、彼女の報告は以下の通り。

 

昼間のトイレは、6~8回。

夜間頻尿(夜にトイレに行く)回数は、2回から1回に減った。

 

昔みたいに、決まった時間帯に起きてトイレに行かない。

今は、大体朝5時くらいに行くのが多いそうです。

 

朝5時くらいは、普通に起きる時間帯なので、正常だと言える範囲です。それ以外に、食欲はとても良い。

 

でも、両足はまだ冷たい。

体内の冷えがまだあるから。

 

足ツボを受けた後の青あざは、3日くらいで消えた。

前は1週間経っても残っていたそうです。

 

冷え性が強いと足つぼマッサージが終わったあと、青あざになりやすいです。

以下の記事でも、その関連性を説明しているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

尿もれ、頭痛、肩の痛みは完全に治って、鎮痛剤なしでも生活できるようになった

 

7月中旬に来た時、彼女の報告は以下の通り。

聴力は前よりは良い。

でも、それ以上著しい変化ない。

 

夜にトイレに行く回数は、前回と同じで2回。

昼間の尿もれは、完全に治った。

 

頭痛と肩痛は、もう治っている。

昔手放せなかった鎮痛剤も、今は飲まなくなった。

 

上の記録を見れば分かりますが、私が記録してるのは患者の自覚症状です。

夜はトイレに何回行くか。

昼間のトイレの回数。

聴力。

足裏の筋の痛みなどの変化。

このように、中医学は患者の自覚症状で、体調が良くなったかどうかを判断します。

 

中医学の先生が言わなくても、以上の自覚症状の変化で患者本人も分かるはず。自分が良くなったかどうか。

 

中医学と西洋医学は、いろんな面で違いがあります。

以下の記事で、その違いを説明しているので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

彼女の自覚症状で一番困るのは、頭痛.肩痛.なんとも言えない体のだるさ.足裏の筋の激痛.昼間の尿漏れ。頭痛などの痛みで仕事できないし、尿漏れで仕事中はとても不安。


幸いに以上の自覚症状は、みんな緩和もしくは治っています。

 

足裏の筋が痛いのは、鎮痛剤で肝臓がやられたから

 

彼女の足裏の筋の痛みは、説明する必要があります。

 

彼女の痛がっている筋は、1本の大きな筋です。

皆さんも自分の足裏を触ってみれば分かります。親指と人差指の間に、太い筋がある。

 

中国道教の養生法では、肝臓の筋だと言います。

つまり、肝臓の機能とすごく関係が深い。

 

彼女の足裏の筋が痛いのは、肝臓がやられて弱くなっているから。

肝機能が弱いと、夜はよく眠れない。特に夜1時から3時の間。

 

よく足裏の筋がつる話を聞きますが、これも肝機能低下が原因です。

臨床で診た一番多いのは、チョコレート.ケーキなどの甘いもの.サプリメントなどを食べる人。

 

彼女の場合は、鎮痛剤の飲み過ぎが一番の原因です。

 

ほかにある原因は、人工的な甘い物を食べ過ぎた女性に現れる。

以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

頭痛で鎮痛剤飲んだのに、頭痛は完全に治らない。

それところか、今度はまた新しい痛みが増えました。

 

これがいわゆる「画期的な新薬」!

 

画期的な薬だと言って、数年後には副作用が報道されるのは、西洋医学にとって日常茶飯事。信じてはいけません。

 

以下は画期的だと言われたオプジーボの厳重なふくさに関する記事。

 

www.li-hari.net

 


 

最近、テレビで過活動膀胱のCMを見ました。

また羊の皮を被った狼の登場。

 

批判する方もいたので、以下のリンク記事をご覧下さい。

ameblo.jp


CMで言ったように、たくさんの患者さんがいる事は、たくさんの被害者がいるわけでしょう。

 

ネットには色んな訳わからん専門用語で、過活動膀胱の原因を説明してます。

 

しかし、非神経因性か、神経因性か、患者たちは気にしない。

患者たちが知りたいのは、何が直接の原因か。

 

腐った肉を食べると、食中毒になる。

このような、簡単明瞭な理由が知りたい!

 

いわゆる医学専門家が説明する過活動膀胱の原因。皆さんは読んでもさっぱり分からないでしょう。

 


 

私が分かりやすい庶民の言葉で説明します。

 

中医学で言うと、原因は1つだけ。

下腹部が冷えているから。

(下腹部と言うのは、膀胱.腎臓.子宮など)

 

以下の新しい記事で、もっと詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

体内を冷やす主な原因は、

こちらのブログでも書いた日常での禁止物 

 

順番を付けると、

ダントツ一位は:西洋薬(鎮痛剤.抗生物質など)

 

私がよく言う抗生物質を1粒飲んだだけで、健康な男性のシンボル:朝立ちがなくなる。

 

朝立ちがなくなる原因が、抗生物質で下腹部が冷えるから。温かい体内の環境が破壊されているからです。

 

面白いのは、最近こんな男性がいたので、何時かまた記事として書きます。

 

二位は、いろんな乳製品(牛乳.ヨーグルト.チーズ.パタ)

 

チーズなどの乳製品は体内の冷えを作り出すので、食べないでください

チーズなどの乳製品は体内の冷えを作り出すので、食べないでください

 

三位が、コーヒーと白砂糖を使った食べ物.飲み物。大量のお酒。

 

四位が、外部からの冷え。

(冷房.冬の寒気など)

 

外部からの冷えを四位にしたのは、1位から3位のやつは違って、直接体内に入るからです。だから、破壊力は強い。

 

テレビのCMでは、お医者さんに診てもらいましょう!とすすめているけど、鼻で笑うしかなかったです。

 

西洋薬のせいで過活動膀胱になったのに、また西洋薬を飲む?

 

なに?

今度は、「過活動心臓」.「過活動肝臓」の病気にさせるつもり???

 

以下は私が尊敬するニハイシャ先生の治療記事。

10年間、病院の治療をすればするほど、体調不良が増えた例です。

つらい自覚症状を治したいなら、漢方医もしくは鍼灸医など、自然療法の先生に見てください。

 

www.li-hari.net

 

以前は聞こえなかった自転車のベル音が、聞こえるようになった

 

去年の年末、彼女から話を聞いたことがあります。

足ツボ.整体を受けて帰る時、自転車のベルの音が聞こえて避けたそうです。


私にとっては普通の話だったけど、彼女にとっては嬉しいそうでした。なぜなら、彼女はここに来る前、自転車のベル音さえ聞こえなかったからです

 

自電車のベル音が聞こえるようになった

自電車のベル音が聞こえるようになった


最初は治療したあと、お店の音楽が聞こえた。

今度は、自転車のベルの音が聞こえました。

 

完全に治ったとは言えませんが、難聴が進歩しているのは分かります。

おわりに

 

去年から今年まで1年くらい。
彼女は大体2週間に1回のペースで来て、たまには3~4週間来れない時もありました。

 

大体の計算だと、1年で24回くらいの施術を受けました。 

まだ完治してない所があるけど、前よりはだいぶ良いです。

 

足ツボ.整体の力は神様ではないけど、地味に彼女の内臓を強化することはできました。

  


 

彼女から聞いたのは、ここに来る前に補聴器が古くなり買い替えようとしたけど、50万もするらしいです。国で出す援助金はわずかの5万。残りの45万円は自腹。

 

幼い時に打たれた抗生物質で難聴になったのに、当時の製薬会社は何の補償もしてない!

 

現在、補聴器を買い替えようとしたら、また莫大のお金が必要。

もし、この補聴器を作る会社のボスと、小さに時に打たれた抗生物質を作る会社のボスが同じだったら、あなたはどう思いますか?

 

幸いなのは、聴力が落ちてなく逆に良くなっているので、現在の補聴器はまだ使えること。

 

西洋医学のボロ儲けする悪徳商法は、みんな知るべきです。

患者さんを餌にして、ウジ虫みたいに血を吸うだけ。患者さんが生きるか死ぬか、製薬会社は考えてもない!

 

www.li-hari.net

 


 

私は彼女に話したことがあります。

「何年か後に、聴力を取り戻してあげる!」

 

これは、ホラを吹く話だと思わないでください。鍼灸或いは漢方薬で、腎虚証を治せば聴力も戻れます。大した事もない足ツボ.整体で聴力が変わってるのに、鍼灸.漢方薬の力はもっと強い。

 

去年、彼女が話した内容は今でも忘れません。

「昔、鎮痛剤は手放せなかったです

鎮痛剤は、私の神様みたいな存在でした。」

 

今は鎮痛剤も要らないし、少し痛くても我慢して鎮痛剤は飲まなくて済んでいます。

 

鎮痛剤が神さま?

チェ!

その神話をぶっ壊してやる!

 

(おわり)