本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

病院の薬はムダ!潰瘍性大腸炎の諸症状を治した例

【※本記事は2019-05-30更新しました】

 

こんにちは。李哲です。


今日は若い男性の例。 

彼は今まで、よくコーヒー.ヨーグルトを食べたそうです。

 

この2つは、当院の禁止物リストに入ります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

彼の話を聞いたら、2年前の大便は血だらけ。

普通の便は出なかった。

その時、彼は「潰瘍性大腸炎」だと診断されたのです。

 

この1年くらいは安定してる。

血は出てないそうです。

 

今毎日飲んでいる薬は、ペンタサ。イムラン。ビオフェルミン。

 

注射する薬は、レミケード

この注射は2ヶ月に1回。

 

他の自覚症状は、腰と背中のはり。

持病が大腸と関係があるので、足ツボ.整体のセットをオススメしました。

 

3~4回くらいの施術後に感想を聞いたら、

  • 前より朝立ちが増え
  • 腰のはりも、だいぶ良くなり
  • 冷たい足がだいぶ温かくなってきた
  • 便通は毎日1回ある
  • 血便はもうない

 

私は話してみました。

「飲み薬を止めたらどうですか?」

 

彼も薬嫌いな方だったので、その後に病院の先生に相談して全部止めたそうです。

 

それだけではなくて、私は注射する薬も止めることをススメました。だって、今は血が出ないから。

 

次に来た時、彼は「注射する薬も止めました!」と言ってました。

 

でも、彼の調子は悪くなっていません。

昔みたいに、便座に座ると血便が出るのもないです。

 

この治療例を書くのは、皆さんにほかの治療方法があることを伝えるのが、一つの目的。もう一つは、「薬を飲む意味が無い!」事を知ってほしいから。

 

上で話した男性を見れば分かりますが、薬を止めても体調不良になってないのです。

 

潰瘍性大腸炎、病院の薬は効き目がない

 

足ツボ.整体だけで、潰瘍性大腸炎を治せるか?

これは100%保証ができません。

 

しかし、足ツボ.整体は確実に大腸炎に効果があります。

何故かというと、臨床でいろんな下痢.便秘を治したことがあるから。

 

まったく効果がないのはありません!