本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

漢方でひどい中耳炎を治した例(2018-03-09修正)

こんにちは。李哲です。

今日は中耳炎治療の例です。

患者は私自身。

 

今年の正月休みが終わる頃、ひどい中耳炎になりました。化膿して耳中から大量の液体が垂れて、枕も濡れるくらい。そのせいで、片方の耳は完全に聴力が無くなりました。

 

1月5日から営業したけど、当時の患者さんは覚えているかも知れません。

 

私が話を聞く時、顔が横になった様子。

 

これは片方の聴力がなくなったから、仕方なくてとった姿勢です。

 

化膿したのを少しでも拭いてもらう為に、近くの耳鼻科に行きました。お爺ちゃん先生が診てくれたけど、とても親切でした。年取った看護師さんもとても優しかったです。

 

1回拭いて液体が減ったけど、しばらく経ってからまた垂れてきました。これでは治らないと思い、自分が勉強した漢方を思い出して処方箋を作りました。

 

近くの漢方薬局で買った生薬は、以下のとおり。

(有名な小柴胡湯 を元にして増減した処方です。面白いのは漢方薬局のおばあちゃん、なぜ私がこんな処方をしてるか興味津々がってました。)

 

柴胡 10g

人参 10g

黄芩 10g

生姜 適当に切ったのが二つ

灸甘草 10g

半夏 10g

(ここまでは小柴胡湯の成分とほぼ同じ)

黄連 5g

蒼朮 15g

白朮 15g

炮附子(加工したトリカブト) 25g

 

(よくトリカブトは毒があると言いますが、私はまだ生きてますよ)

 

f:id:li-hari:20180608130018j:plain

黄芩(おうごん)の画像

飲んで次の朝は、化膿して垂れるのが止まりました。

3日飲んだら、ほとんど止まったので漢方を飲むのを止めて、自然にかさぶたになるのを待っていました。

 

しかし、シャワーのせいで、なかなかかさぶたになってくれない。

 

そこで思い出したのが、

枯礬(明礬に火を通して乾かした生薬)。

 

この生薬を自分でフライペンで作って、耳の中に入れたのです。

 

そしたら、完全に耳から水が出なくなり、かさぶたになり始めました。もちろん、シャワーの時には十分注意して、かさぶたに水が入らないように。

 

完全に耳の中が乾燥するまで、4週間くらいかかったけど、西洋薬を飲んでないだけで良かったと思います。

 

未だに覚えているのは、診療所の看護師さんとお爺ちゃん先生の優しさ。

 

この薬を飲めば治るから。

この薬を3日塗れば治るよ。と丁寧に教えてました。

 

飲んで本当に症状が収まるかも知れませんが、その薬の副作用をネットで調べた時、背中がゾッとしました。

 

こんな薬を飲んで大丈夫か?と疑問が出てきます。

しかし、診療所の看護師さんと先生は、大丈夫そうに言ってくれるのです。

 

おそらく看護師さんもお爺ちゃん先生も、厳重な副作用は知らないでしょう...

 

悪質な製薬会社は優しい先生と看護師さんを雇って、毒薬を売る。

 

その優しさを信じて化学毒薬を飲み込む患者さん、世の中にどれだけ多いだろう...

 

注1:

以上の処方は自分の判断で作ったものです。

マネして飲むのは、自己責任なので私と関係ありません。

 

本当に漢方で治したい人は、漢方薬局の先生と相談してください。

 

こちらでは漢方相談に乗らないので、ご了承ください。

 

注2:

中耳炎になる方は、腎臓が弱っている時が多い。

 

腎臓を強化しないで、耳だけ治すのでは、治りにくいと思います。