本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

低血糖症状・パニック障害・狭所恐怖症を足つぼ10回で治した例(2019-02-23更新)

こんにちは。李哲です。

パニック障害と低血糖症状はまったく違う症状ですが、一人の患者さんに起きるときもあります。

 

病院の薬はでパニック障害を抑えますが、いつまでも薬が手放せない。これは治ったと言いません。治ったというのは、持続的にその薬を飲まなくても大丈夫であること。

 

「病院の薬でも治せないのに、ほかの治療法があるのか?」

 

もちろんあります。

漢方薬・鍼灸治療・足つぼ整体…どちらでも治せます。

 

今日は私の足つぼ施術例で説明しようと思います。

 

 

患者さんの症状と中医学の分析

女性、30代。

主な症状は、

①パニック症、狭所恐怖症。

(狭いエレベーター.混み合っている電車の中.飛行機などの場所では、呼吸が苦しくなりとても不安になる)

 

②耳管狭窄症。

(飛行機に乗ったように耳がつまる感じ)

 

③低血糖症。

(夕方お腹空いてくると、手が震える)

 

④背中のニキビが多い。

(これはコーヒーなどが原因なので、後の記事で説明します)

 

⑤たまに眠れない。

1日目は生理痛がある。

周期は28日より遅い。

 

⑥便秘気味。

便通は2日に1回。

7年前の便は下痢だったけど、この1年は便秘気味。

 

⑦体は寒くなったり熱くなったりする。

彼女が言うのは、以前は両足が冷たかったけど、最近は少し温かくなった。

でも、夜はやはり寒くて、靴下を履いて寝てる。

 

「靴下を履いて寝る。」

何人から聞いたことがあります。何枚か重ねて寝るのが、流行っている冷え取り策らしい。

 

個人の見解では、寝るときは靴下が要りません。

 

裸足で少し冷たい方が、

心臓の働きがもっと良くなります。

 

裸足が良い

 

過度の保護だと、子供が駄目になるのと同じように。心臓はあまり甘やかしちゃうとダメです。もちろん、寒くて眠れないくらいなら、靴下を履いて寝る必要がありますね。

 

彼女は「以前、汗が全然出なかったけど、最近は汗をかくようになった」と言ってました。

 

この汗に関して、また説明したいのがあります。

 

中医学の理論で「汗をかく」ことは、心臓が正常であるかどうかを判断する一つの基準です。

 

汗をかかない人は心臓の働きが弱っている。

動いてもないのに汗をダラダラかくのも、心臓が弱っている証拠。

 

彼女は今汗をかくようになったのは、心臓が良くなっていることです。

 

患者さんのパニック症の原因(キッカケ)

以前、ホラー映画を見てから、とても怖がりになったと言ってます。

 

鍼灸を受けてから少しよくなり、電車(新幹線を含めて)に乗ることができました。

 

しかし、飛行機はまだ乗れない。

安定剤を飲まないと不安でしょうがないそうです。

 

情緒不安定は、主に心臓の調子と関係があります。

 

中医学の理論からいうと、心臓の気がちゃんと集まってないから、心臓の機能が弱っているからです。

 

心臓の機能が弱っている時は、

  • 睡眠の質が悪い
  • 手足が冷たい
  • 便通が悪い(下痢になったり、便秘になったりする)
    などの症状が現れます。

心臓の機能を強くすれば、情緒不安定も良くなるし、手足の冷えと便通も良くなるわけです。

 

ちなみに、彼女が今までよく食べたものは、白砂糖が入った甘いもの、チーズ。

こういうのは、もちろん施術が始まってから、全部止めてもらうようにしました。体調回復の邪魔になるから。

 

甘い物、チーズを反対する理由は、以下の記事で説明しています。

li-hari.hatenablog.com

 

足つぼのあとの変化

彼女が受けたのは、足つぼ40分のみ。

施術後にどんな変化があったかは、以下で紹介します。

 

1回目の足つぼ:めちゃくちゃ熱くなった

1回目の施術を受けて帰る時、彼女はふくらはぎが痛かったそうです。

そして、「なんでこんなに熱いだろう。サウナに入ったみたい!」と言ってました。

 

サウナに入ったみたいに熱くなる

 

足つぼ.整体を受けてから、全身の血の巡りが良くなるので温かくなるわけです。血の巡りが良くなれば、どんな病気でも軽くなる。

 

逆にいうと、施術後に手足がどんどん冷たくなったら、その治療法は危険なやり方である。

 

1ヶ月後の変化:下痢が半分治り、ニキビもだいぶ治った

1か月後に来た時、教えてくれたのは、下痢は半分治った以前は毎日下痢、現在は2~3日に1回の便通。

 

日常での禁止物 を止めてから、背中のニキビは半分くらい治って、唇周りのニキビは全部治った。

 

前回の足ツボを受けてから、3日も足が熱かった。でも、3日後は徐々にまた冷たくなった。また何枚の靴下を履かないと眠れなくなったそうです。

 

前回は飛行機ではなくて、ヘリコプターに乗ったらしいです。でも、パニック症にはならなかったそうです。

 

私「もう大丈夫じゃないですか?」

彼女「ヘリコプターは周りが見えるから大丈夫ですけど」


「飛行機も電車と同じように窓があるから、いろいろ見えるのに...」と私は思いましたが。

 

2ヶ月後の変化:狭所恐怖症は治り、背中のニキビは治った

2ヶ月後に来た時、教えてくれたのは、

  • 背中のニキビは、ほぼ100%消えた
  • 電車.エレベーターに乗るのは、もう怖くない。飛行機だけまだ試してない
  • 夕方になるとお腹すいて、手が震える症状もなくなった。つまり、低血糖症状は消えている 

 

施術途中で面白い話がありました。

昨日、カラオケやりすぎて、喉がカラカラになって来たのです。

 

足つぼでは、カラカラの声を戻すことはできません。

しかし、簡単な漢方薬があります。

 

市販の「麦門冬湯」 など、カラカラ声を治す漢方製品はいろいろあるので。漢方薬にとって、何の難しい事があるでしょうか?

 

麦門冬の画像

麦門冬の画像

 

4ヶ月後:低血糖症状は完全に治った

4ヶ月後に来た時、教えてくれたのは、低血糖症状は完全に消えた。

以前は特に生理前によく出たけど、今回の生理前は夕方になって、すごくお腹すいてるのに、手は震えなかった。

 

足つぼを受けてからの青あざも出なくなりました。

 

最初は足つぼを受けて、青あざだらけになったけど、続けて受けてる間に徐々に青あざが出なくなりました。

 

青あざが出なくなったのは、血の巡りが早くなって、毛細血管が強くなっている事です。

 

まとめ

彼女が通ったのは、2週間か3週間に1回のペースでした。

4ヶ月の施術記録というのは、だいたい10回くらい。

低血糖症状、パニック障害とも治りました。

 

彼女の背中と唇周りのニキビに関して、説明したいのがあります。

 

コーヒー.白砂糖が入った甘いものなどを食べる人は、背中にニキビが出やすいです。以上の食べ物を止めれば、ニキビは徐々に無くなります。

 

これは私の臨床で観察した経験。

ニキビで悩んでいる女性は、先に食べ物を変えてください。

 

ニキビ

 

余談話:結婚相手がほしいけど、解決方法はあるのか?

最近、彼女が気になっているのは、低血糖症状.パニック症ではなくて、結婚相手(彼氏)ができないこと。

 

足つぼ.整体を受ける事で、皮膚が綺麗になったりはできるけど、白馬の王子様を空から降ろす事はできません。

 

しかし、中医学は他の解決策があるのです。

中医学の地理知識(方位学)で解決できます。

 

西洋医学こそ科学的だと思う方、いわゆる理に基づいた治療法を信じる方、病院に行って相談してみてください。

 

「低血糖症も治したいし、彼氏も作る処方ももらいたいですが...」

 

病院の先生に、ぶっ飛ばされると思います。

 

(おわり)