本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

心臓病(不整脈)と頑固な頭痛が良くなった例(1)(2018-03-09修正)

こんにちは。李哲です。

今日は一人の男性の例。

30代。

 

彼の主なつらい症状は、

首と肩のひどいコリ.頑固な頭痛.心臓の動きがおかしい(不整脈).子供の頃からのアトピー性皮膚炎。

 

不整脈は2009年に健診で言われたそうです。

 

2012年には循環器科を受診することをすすめられ、24時間心臓の動きを計ったところ、心房細動(しんぼうさいどう) が時々起きていると言われたそうです。

 

そして、循環器科の先生のオススメは、心臓へ電気信号を送る神経を切断する手術。

 

しつこい首と肩のコリは、

彼自分で触っても分かるくらいだと言ってました。

 

そしてコリが大きくなったときは、

ひどい頭痛に繋がりやすいのも知っていました。

 

頭痛に関して、彼が教えてくれたのは、

 

1.特に後頭部が締め付けられるような痛みがある。

2.前兆は後頭部痛みが始まり、段々痛くなる。

3.ひどい頭痛のときは、普段の行動ができない。

4.頭痛は温めたりすると和らぐけど、しばらくするとまた痛くなる。

5.1年前は2週間に1回の頻度だったけど、現在は月1回かないかの頻度。

 

アトピー性皮膚炎は小さな頃からあって、今はだいぶ落ち着いているけど、手の指が痒くなったり鎖骨の下当たりが痒くなったりする。

アトピー性皮膚炎の薬は使ってないけど、頭痛を治める薬は今でも飲んでいるそうでした。

 

仕事ができないくらい痛くなるから、仕方なくて薬を飲んでいるでしょう。

 

病院は手術をする前に、1ヶ月くらい血液をサラサラにする薬を飲ませたそうです。理由は手術を成功させるために。

 

なんでこの毒薬を飲めば手術が成功できるか、私はサッパリ分かりませんが…

 

彼は私のブログを読んで、実はネズミを殺す薬であることを知ってから、すぐ飲むのを止めたそうです。

 

血をサラサラにする薬は、心臓の手術をで役に立つかも知れないけど、反面に血管が破れやすくなる副作用などが計りきれない。

 

一般的な手足の血管とか破れたら、少しの内出血で済みます。

 

しかし、頭の血管が破れたら?

 

その場で即死するかも知れません。

 

脳梗塞.脳卒中が多い原因は、皆さん毎日毒薬を飲んでいるから。特にいわゆる血をサラサラにする薬。

 

彼は自分の不整脈が気になっていたけど、心臓の神経を切るのが怖くて躊躇してました。そして、こちらに来たのです。

 

当時、彼の話では、“とりあえず3年くらい治療してみたい。ダメだったら病院の手術を受ける。”


人間の臓器と神経は、一旦切ったら二度と元に戻せないし、皮膚みたいに再生もできません。

 

貴方ならこんなとき、心臓の神経を切断しますか?

他の治療法を探さない方は、本当に切断するかも知れません。

しかし、その解決策は妥当であるか、慎重に考えて欲しい。

 

彼の選択の結果はどうなったか。

次回で説明したいと思います。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com