本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

本当の乳がん、ニセの乳がん【翻訳文】(2018-03-08修正)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語記事のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/9-16-05.htm

翻訳文

09/16/2005。晴れ。

2人の乳がん患者さんが来た。

 

一人は本当の乳がん。

もう一人は、嘘の乳がん。(本当は乳がんではないのに、乳がんだと診断された女性)

 

嘘の乳がんだと診断された女性は、この前記事に書いた女性。3人の西洋医学の先生と一人の乳がん専門家に診断され、それぞれ違う診断結果をもらっていて、私が今5人目の先生です。

 

彼女は漢方薬を3週間飲んでから、両方の胸のサイズが同じようになりました。

左側の胸には小さなしこりが残って、とても柔らかくなっています。

 

彼女は喜んで自分の友たちを連れて来ました。

そして私に教えたのが、この友たちは「本物の先生に診てもらって、中医学の先生は止めたほうが良い!」と言ったそうです。

 

この話で私はまた怒り出して、その友たちをボロクソ言いました。

 

「貴方が思う本物の先生は、彼女の病気を全然治療できてません。治療のところか、彼女は脅かされて、魂魄まで飛び散っています。

 

現在、中医学の治療で彼女は良くなっているのを見て、貴方はやっと中医学を認めてますね。

 

もし彼女んお経験がなかったら、貴方はきっと西洋医学を選ぶでしょう?しかし、治療後の結果は何だと思いますか?

 

私はこのような人が大嫌いです。

 

先生でもない、医学研究員でもない。

 

中医学を研究した事がありますか?

中医学の本を読んだこともない人が、中医学は本物の医学ではないと断定する。これは、無知だとしか言えません。

 

貴方は西洋医学を研究した事がありますか?

 

ない!

ちっとも西洋医学い対して詳しくないのに、それをまた信じている貴方はバカしゃなくて何ですか?

 

私がはっきり言ってあげます。

これは差別!

 

中医学を差別している人に対して、私が取る態度は簡単です。

 

乳がんになった時、貴方は3選択肢ある。

 

f:id:li-hari:20180601165907j:plain

 

第一:貴方が思う本物の先生、つまり西洋医学の先生に診てもらう。

毎年どれだけの女性が、乳がん治療で亡くなっているかも知らない。それでも、死ぬ道しかないのを選ぶなら仕方ない。

 

貴方は余命通りに10年くらい生きられる。

 

しかし、この10年は人間の生活ではない。

毎日いつ死ぬかの事しか考えてない。

両乳がメスで切り取られ、抗癌剤で髪の毛までなくなって、全身の痛みで生きてるより死んだほうがマシだと思う。

 

余命10年だと言われる日々、貴方は毎日夜中に起きて、自分が生きてるか死んでるかビビっている。

 

原因は貴方が中医学に対して何も知らないくせに、最初から中医学を否定してるから。

 

第二:貴方が何も治療しなかったら、痛みなしで14年は生きる。

 

生活の質は、西洋医学の治療を受けるより良い。

そして、治療を受けるより4年長生きする。

 

第三:中医学の治療を受ける。

でも、私の治療は省いて良い。

 

なぜかというと、私は貴方みたいな無知すぎる患者さんは診ないから。

中医学を知らないくせに、中医学を否定する。だから、私は診ない。

 

他の開業してる中医学先生に診てもらって。
優秀な先生はいっぱいいるから。

 

中国.台湾に行けば、道端の任意の診療所に行っても、貴方の病気を治すことができる。私が治療しないからと言って、心配しなく良い。

 

中医学こそ本物の医学。

貴方が信じてる西洋医学はただの被せ物。

 

だから、現在アメリカで乳がんでの死亡率は第二位になっている。帰ったらよく考えてみて。

 

知らない知識に対して、勝手に判断しないでください。

そうすると、貴方は少し賢くなる。

 

中医学の治療であれば、貴方は良くなるはず。」

 

彼女は驚いて口を開けたまま、言葉を失っていました。

 

f:id:li-hari:20180601164840j:plain

 

二番目の本当の乳がんの患者さん。

西洋医学の診断で第二期乳がんだと言われた人。

 

今日で3回めの診察。

漢方を飲んで1ヶ月くらいです。

 

今日来て話したのは、胸のしこりはほとんど分からない。

睡眠はとても深い。

便通がとても良い。

体力も上がってきた。

 

前回、私が叱ってから今はそんなにビビってない。

 

唯一に残っているのは、咳が少しある。

これは彼女の過度の心配性で、肺が傷ついているからです。

 

早めに治さないといけません。

そうじゃなかったら、肺がんに転移するから。

 

これがいわゆる中医学の「上工治未病」です。