本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】リウマチ関節痛、糖尿病性壊疽、腎不全(人工透析)などの中医学治療(2018-03-08修正)

こんにちは。李哲です。
今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語記事のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/9-22-05.htm

 

最後に私の解釈がありますので、参考にして下さい。

翻訳文

09/22/2005。

大雨。

午後1時半。

 

パソコン前に座って、ニュース評論で西洋医学のボロクソを言ってる時に、外側で二人の女性が大声で争っているのが聞こえました。何か午後の買い物リストに関して、話し合ったみたい。

 

私の秘書が彼女たちを連れて診察室に入りました。

 

皆さんは9月13日に来たおばあちゃんを覚えていますか?

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

今日来たのはこのおばあちゃん。

おばあちゃんはとても鮮やかな服を着て、いきいきして両目には力がありました。

 

おばあちゃんが言うのは、感覚はとても良い。

漢方薬を飲んでから、起きたらたくさん食べたい。食べたあとはよく眠れる。体力がとても増えた。

 

今日の診察が終わったら、娘さんと一緒にショッピングに行くそうです。

 

読者の皆さん、私の女性に対する判断を信じてください。

 

女性が喜んで、ショッピングしたいといった時は、体が健康に戻った時です。

 

おばあちゃんは10日の漢方薬を飲んで、毎日回復してるところ。

現在は顔色が赤くて良い。話し声も大きい。

 

おばあちゃんは喜んで私をハグしてくれました。

今は死んでも西洋薬を飲まないと言ってました。

 

そして、漢方薬がこんなに良い物とは考えもしてなかったと感嘆。今日は流石に自分の身で経験したと言ってました。

 

おばあちゃんは、もう漢方薬の苦さが気にならなくなった。他の人に会うたんびに、中医学の素晴らしさを訴えてるそうです。

 

おばあちゃんの治療が成功したのは、当時の脈診と症状が合っていたからです。

 

そして、運命的にも死ぬべきでない時でした。

 

節分がまだ冬季に入ってないので、私達には救うチャンスがあったのです。

 

当時の私も確信がなかったです。

しかし、今見ると漢方薬の力は本当にびっくりするくらい。

 

この最後の一撃は成功したのです。

 

https://lh3.googleusercontent.com/nR_e9irX9k_4tOcYRsKxtTuvpPoJeec6Kc8zFYg46LJvdqM4-Xv_cC4w3ofWxvh5jBrwLp4JE-wAMlqT4zkK57HR7BRm6oXUcbTIi9cdVkKTudomBvftlgp8LY_Xcbd3w4CoQnnXCC15lToWKLP-RrbqVKV7ZsBPIJ2UVtrmkZv8_ryTBSOWrYZfMYscnClCjtlo6dYX371Glhd_IH_WWwNTZj4R4zdGJINBMUl9eIgmk54CNosSAnHieuzxfEKYxVeViI1v_MFq3z4EoSqkZWLCT9wMs180ZCz4npz9Dw4OrIc2Y3VMy-3i-vzFA7TsYkS1PvJfh3A_VRWCq0dnu__Q8IZBMO-diDZgKaNKBBm9EEHYOKYPIjGmNNt_f9D_CGZRLzpJuRLheCwrszu1yZ9TR4qPDyGXPndFnYjQcPnP-K3POtyY5Lkz-zl5qssKHcZz4hh9dESd2tTa1sP3fmQTVOqkp3wAfV4EydxG4bKGKLGJnrYXWNjBVhbUnKQd02PpM9N4ItmiHvPfWeUNKsgKqVX8IUJc2eGYM1dqQRyVpK4CLIifjQCKdYghoIQpLN6RVt0LGahMq4YJfVsk8bNmh_1p1Zf2b3b5Ew=w550-h366-no

 

昨日来た一人の女性。

嬉しそうに両手を私に見せました。

 

漢方薬を4週間飲んで、変形した左手のリウマチ性関節痛は完全に消えて、形状までほぼ戻っています。

 

今残っているのは、右手の二番目の指の関節が少し腫れているだけ。

 

リウマチで西洋薬の鎮痛剤:セレブレックス(Celebrax)を飲むと、その副作用は心臓弁膜症と腎臓機能の衰弱(つまり、人工透析になる)。

 

この漢方薬は1000年以上も使ってきて、今でも効果があります。経典の処方だとも言えます。

 

ただし、この漢方薬はとても強いので、中医学の先生の指導がないとダメ。誰でも気軽に買える漢方薬ではありません。

 

前回話した腎臓病の患者さん、昨日また来ました。

彼の主治医(西洋医学の先生)までびっくりして、彼に:「もう来なくても良いです。あなたの腎臓はとてよ良いから。」と言ったそうです。

 

この患者さんは運が良くて、良心的な西洋医学の先生に出会ったから良かったです。

 

もし台湾で治療したら結果は違う。

台湾の西洋医学の先生は、最初から中医学の存在を否定します。

 

自分が治せないのを知っているくせに、中医学の治療をすすめません。

 

患者さんが西洋薬の副作用で人工透析に行っても、中医学の良さを話しません。

本当に憎らしいです。

 

もっとひどいのは、自分自身が中医学の先生なのに、西洋薬を信じて飲んだ結果人工透析になり、原因を漢方薬のせいにする人がいる。

 

このような中医学の先生は、家に帰ってよく勉強したほうがいいです。

反省しないとダメです。

 

このような病気、私の診療所で数多くて数え切れません。

 

みんな西洋薬の飲み過ぎて腎臓がだめになり、最後は人工透析になっている。

 

運が良い人は私に出会って、地獄の入り口で捕まって来て、人工透析の苦痛から逃れることができている。

 

今日、私はまたあの慈済病院の副院長が大愛チャンネルで、西洋医学の良さを訴えてるのを見ました。

 

彼が上げた例は糖尿病。

足にけがをして、化膿したのが治らない時、切断手術があると自慢話してました。

 

もう片方の足がけがで化膿症で治らないとき、また切断手術をすすめている。

 

結局患者さんは最後は死ぬしかない。

 

このデタラメ医師は、切断手術が当たり前だと言っているのです。

 

昔の台湾大統領:蔣経国が、このようになくなっています。

それなのに、このデタラメ副院長は教訓を得てない。

 

言いたいことを勝手に述べて、西洋医学の良さを訴えているのです。

 

私がこのような病気を治すときは、とても簡単。

 

漢方薬を飲ませる以外に、患者さんに命じて、買ってきたきび砂糖を熱いお湯に溶かします。その後、化膿症の足を中に入れる。

 

そうすると、患者さん自分でも見えるくらい、化膿した液体が傷口から火山の噴火みたいに出てくる。

 

化膿症でどす黒くなった足は、このきび砂糖で徐々に赤くなり、ピンク色に戻って足指まで感覚が戻ります。

 

ただのきび砂糖一品だけで、しかも外側に塗るだけで、無能な西洋医学に勝てます。患者さんは切断手術すらいらない。

 

もちろん、中医学を信じない方、中医学を差別してる方。

私はアイムソーリーしか言えない。

 

治す漢方薬はあるけど、貴方を治せる薬はない。

 

糖尿病で足に怪我をして、化膿症が治らない方は、素早く中医学の先生に診てもらってください。

 

両足を切断する運命から逃れる事ができます。

李哲 解釈:

リウマチを治す漢方薬は、一個しかありません。

トリカブトの根本:烏頭(ウズ)

 

烏頭(ウズ)に関する日本語説明は、附子(ブシ)・烏頭(ウズ)・天雄(テンユウ):生薬シリーズをご覧下さい。ただし、100%正しい知識ではないのであくまで参考に。

f:id:li-hari:20180506172618j:plain

トリカブトの花:烏頭とトリカブトは、同じ植物から出ている。

烏頭(ウズ)

日本では買えないです。

なぜかというと、使い方を間違えるとアコニチン成分で死亡するから。

 

しかし、生薬に詳しい先生なら、有毒性の生薬を加工して、治らないと言われてるリウマチを治せる。治療の副作用もないし、後遺症もない。(赤文字に注意して下さい。烏頭はそのまま使うのではなくて、特殊な加工をしてから使います。)

 

糖尿病性壊疽。

これは糖尿病の合併症だと言われてます。

 

関連画像を載せたかったけど、怖いので止めました。

皆さん自分で検索してみて下さい。

 

西洋医学の治療に任せると、画像通りになるけど、中医学の治療だと違います。

 

一番レベルが低い足ツボ.整体でも、西洋薬よりは全然良い結果が出ます。

 

簡単な理屈ですが、足を揉むことで血の巡りが早くなり、両足が暖かくなるから。

 

暖かい足は、腐りません。

怪我しても治りが早いです。

 

炎症に抗生物質を使うから、インスリンで血糖値を下げているから、両足が氷みたいになって最後は腐るのです。