本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

胆のうがんが肝臓、すい臓、肺に転移して、救える可能性は少ないけど賭けてみる。がん患者はコーヒーと甘いものを止めないといけない。

【※本記事は2020-02-19更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記を翻訳しました。

 

元の中国語記事のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

肝臓がん+すい臓がんの患者、コーヒーと甘いものを止めないといけない 

 

10/19/2005、晴れ。

水曜日。

 

昨日まで西洋薬の事で怒りまくって、ボロクソを吐く論文を書いたから治療日記が書けなかったです。今日、治療例を補充します。

 

月曜日。

一人の男性、49歳。

中医学の占いから見ると、彼はちょうど危ない年です。

 

今年の9月29日、

彼は胆嚢結石で手術を受けました。

しかし、お腹を開けてみたら、彼はすでに肝臓がんとすい臓がんでお腹いっぱい。

 

西洋医学の先生はがん細胞が、すごく拡散して治療できないから、管を作って胆汁が小腸に入れるようにしただけ。それ以外は何もしていません。

 

彼は退院してから、すぐこちらに来ました。奥さんも同伴で。

 

彼の顔色見ると薄暗い黄色だけど、額はまだ光があって両目の力もある。だから、必ず救えると思いました。脈診したら更に安心できる脈。

 

問診結果は以下の通り。

  • 食欲がない
  • 便秘
  • 体重が下がっている
  • 手足は氷みたいに冷たい
  • 小便は茶色

 

彼の大好物はコーヒー.白砂糖たっぷりの甘いものでした。

 

甘いもので膵臓がんになった患者さんは、他にもいます。以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net


私は彼に話しました。

「あなたがもし抗癌剤をしたら、半年くらいで確実に死にます。

すぐコーヒー.甘いものを止めてください。

 

あなたの五臓六腑は冷え切っています。

今は漢方薬しか治せません。

 

あなたは楽しく家族と生活してください。

私があなたの病気を心配してあげます。」

 

甘い物は、すい臓がんの元になる

【▲ すい臓がんなどを作り出す人工的な甘いもの】

胆のうがんが肝臓、すい臓、肺に転移、救える可能性は少ないけど賭けてみる

 

火曜日に来た女の人、58歳。 

胆のうがんで手術を受けました。

胆嚢摘出以外に、肝臓の3分の1・すい臓と小腸の一部を切って、胃は全摘手術。その後、抗癌剤を5クール受けました。現在、がん細胞はまた肝臓.すい臓.肺などの所に拡散しています。

 

顔色見ると、全身の皮膚が薄暗い黄色。

ほかの症状は以下の通りです。

  • 食欲は全くない
  • とても痩せていて、筋肉はほとんどない
  • 倦怠感が強い
  • 小便は濃い黄色
  • 便秘
  • 喉はとても渇く、冷たい水が飲みたい
  • 手足は氷みたいに冷たい
  • 脈診では弦脈

 

黄帝内経で言うのは、「秋得弦脈、是肺本病之兆」

でも、来年の立春を超えるのは難しいです。

 

私はもちろん、彼女に「あなたの病気はもう治りません。好きな物を食べて、好きな服を買って過ごしてください。」などの話はしてません。

 

私の気持ちは落ち込むばかり。

検査しながら、どうか彼女に有利な症状を探そうとしました。しかし、検査すればするほど、更に気分が落ち込む。

 

私は彼女に話しました。

「1回賭けてみましょう。

麻雀のとき、私はいつも負けて金を取られました。

だから、私の友達はみんな私を探して麻雀やるのが好きです。

 

でも、治療の時は私が良く勝ちます。

もしあなたが西洋医学の話を聞かないで、こんな手術も抗癌剤もやらなかったら、確実に治せます。

 

今は治せるかどうか分かりません。

私は全力で賭けてみます。

 

もし2週間で結果が出なかったら、ほかの治療院を探してください。もし効果が出たら、そのまま漢方薬を飲み続けてください。」

 

彼女はこの提案に頷きました。

 

食欲が全くない、便秘、腹水など危篤な肝臓癌患者さんを治した例があるので、以下の記事どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

最近は本当に怒りまくってました。

特にこの2日、西洋医学は人を騙して、鳥インフルエンザで国民を脅迫している。

 

本当なら死ななくてもいい患者さん。

現在、生と死の堺まで追い込まれ。無知でかわいそうな患者さんを救うために、気持ちはどん底まで落ち込みます。

 

あい…

早く帰って漢方薬飲もう。

私の血圧が上がりそうです。

 

李哲の説明

最初の患者さん。

 

1.彼はちょうど危ない年。

これは9の年だから。

 

中国ではよく29,39,59など9が入った年、男性にとって厳しい歳だと言います。特に重病人は、この年でなくなりやすいです。

 

本物の中医学先生は、医学を勉強するだけではなくて、占い師でもあります。これは過去記事で説明しているので、どうぞご参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

2.額はまだ光がある。

両目の力もある。

など書いてますが、これは気があるかないかを確認する為です。

 

「気」があれば、まだ救える。

ドス黒くて気がなかったら、確実に死にます。

気に関して、皆さんは「難しい」「分からない」と言うかも知れませんが、そんな難しいことではありません。

 

日本語で言う「気色悪い。」

「両目に力がある。」

これが「気」なのです。

 

気は目に見えるけど、機械で測れないもの。

西洋医学の先端機械では、気なんか測れません。

 

だから、患者さんがあちこち痛いと訴えても、「検査値は正常だから貴方は病気ない」と言います。

 

抗癌剤.放射線療法を受けてから明らかに気色悪くなったのに、「検査データから見ると、治療は成功してる」と言い張る。

 

臨床でもっともひどいのは、心臓が痛くて検査したのに正常だと言われ、その後心筋梗塞で死亡した患者さんがいます。

 

www.li-hari.net

 

つらい症状があったら、中医学の先生に診てもらってください。病院の先生は、なぜあなたにこんな症状が出たのかも分かりません。