本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

車事故の後遺症:半身マヒ、話せない。甲状腺機能亢進症、失明寸前【翻訳文】(2019-01-08更新)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文です。


中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/10_31-05.htm

 

1.車事故の後遺症で半身マヒ、話せない患者が著しく回復

10/31/2005.晴。

男。35歳。

17年前に交通事故で右半身麻痺になり、話せない。視力もほとんどない状態です。

 

初診時、私は彼の親に話しました。

「3回治療してみて改善がなかったら、来ないで下さい。

効果がないので、他の治療院を探したほうが良いです。」

 

私はこの一生、一つの原則を守っています。

患者さんのお金と時間を浪費しないこと。

患者さんの尊い命は、我々医師がもて遊ぶものではない。

 

西洋医学はちょうど逆。

なるべく患者さんをしばりつけようとしてる。

そのために、脅かして治療しないと死ぬと脅迫するのもする。

 

前の記事に書いた肺がん、西洋医学の脅迫では治療しないと余命3ヶ月。

 

私はその患者さんに保証したのがあります。

「貴方の主治医より、貴方が健康で長生きする。」

 

その主治医は必ず病気で死にます。

 

私が一番恨んでいるのが、このような先生。

私が手を出さなければ、その主治医は確実に病気で死ぬ。

 

死ぬ時には、自分を殺したのは病気ではなくて、西洋薬で化学療法であることに気づくだろう。

 

この患者さん。

ここに来る前に、どれだけ多い先生に診てもらったでしょう。

 

17年もかかりました。

この17年で費やしたお金と精力、親の心配は測れないもの。

 

もし診ていた先生たちがみんな正直な話をしたら、もう少し早くこちらに来たかも知れません。

 

私が刺した針のツボは、百会,神庭,廉泉,天突,巨闕,関元,正常な側の肩腧,曲池,外関,合谷,風市,陽凌泉透陰凌泉,足三里.絶骨透三陰交,湧泉。背中は風府,靈台,督腧,腎腧,京門,陰谷,委中,承山。

 

f:id:li-hari:20180526190026j:plain


ほかの処方箋は、あとで皆さんに紹介します。

 

彼の治療は鍼灸を3回。

同時に漢方薬も飲んでました。

 

2週間後に来た時、私は彼の親に聞いてみました。

 

「中医学治療の効果があるかないか、あなた達が一番目に見ているはず。改善点がなかったら、早めに他の治療院に行ってください。昔みたいに西洋医学に騙されて、お金と時間を浪費しないで。」

 

彼の親は、息子の体調は改善されていると話しました。

  1. 右足の力が増えた。毎回、彼をベットに運ぶ時、右半身の力が増えたのが分かる。
  2. 昨日彼はおばさんと電話したけど、おばさんが言うのは、「この子最近どうしたの?前より話が論理的になっていて、発音もハッキリしている。魂が戻って来たみたい。」

 

だから、彼の親は「続けてお願いします!」と言ったのです。

 

今日で4回目の治療。

彼はすでにベット上で、自力で寝返りができる。そして、足まで組んでました。

 

彼は足裏の涌泉穴を指しながら、「ここが一番痛い。まだ出血してるでしょう?拭いてください。」と私に話しました。

 

それだけでなく、研修に来てる生徒さんに、「たくさんの針が刺さっているから、取る時針を忘れないでね。」と話しました。

 

毎回進歩しているから、彼はここに来るのが楽しみだと言ってました。

 

もともと不自然に動いていた瞳も、今は真ん中に止まっています。右目はもう大丈夫。左目だけ少し右に偏っている。だから、人を見るときには三重になっているそうです。

 

彼は喜んで、自分の英語が私より上達したと威張ってました。

 

本当にムカつく。

今後完治したら、もっと私をいじめるのではないか。

気をつけないと!

2.10年の甲状腺機能亢進症の薬を飲んだのに、失明寸前まで悪化

11/01/2005。晴れ。

男。45歳。

 

1980年に甲状腺機能亢進症で、西洋薬(放射性のヨード)で甲状腺を殺した。その後、ずっとチラージン(Synthoid)を飲んでました。

 

10年経って、彼は異常に気づいたのです。

西洋医学は今、毎日175mgの量に増やしているけどコントロールできない。

 

今の彼は両目が出っ張って両目が充血してる。眼圧が高すぎて、視力はほとんどない。もうすぐ失明する段階でした。

 

西洋医学は治療法がないから、患者さんはこちらに来たのです。

 

このような病気は、中医学にとって治しやすい。

西洋医学は、もう手を上げています。

 

https://lh3.googleusercontent.com/_D6G3rQkq-y8gPuyR0MgwogrwdjOv_yRywLWqX49CPUSCghYKnH7CAZyOci-bMLAXJgumpNRf3KKH-C6V4SzaFl7U5rXjVITdZu6CxhfpzVsTBdCnJjjAwKWlAmZjnOMHseEEsJHtZM5KuSzZG0__InxqJdcBx4AYCzMzo3LKuNeIhKWCxGPkI9kN0iUMqq7FHZtMkr9Hh3FSvOb0IAXVPoMEqsYJapIZcKtwArVo9eSVy-GBpeKc9k0Dwpd3mqkLvPMR730GkJmEYZEY-1ouoEAO7gq4EqAW44vUT00XOjs3wiQfEoz7c1p_J05DZde4fIxdH88TiS-mBNAO3XRMruo6nXyfTURKAIfe2KLZLxpRiMdU4KIp6aXbFXU5Gh3u7ehagZiHT8aUjSJ14nyZ-LN-vSWdiJHLbIme9P5yrII_5CbTlhudRg-xeMq3Lxvnbx9w_uzGQIuzuRWdGeTfvbkSziNZp8mm7bo74XJWRgZx2gzftlMuR42bUCNwbr4WFJsn62CqcodCrfi5e2avwDC3baZotQISRMp8cBbkiJwHNjDjqT7jpZ23aBMKrMonuMVPZAqUSHSPmipvwz3K8U-t4Rhj67CwfIMWQ=w600-h427-no

3.どの国の患者さんを優先したらいいか? 

たくさんの患者さんは、外の州から当院の近くに引越してます。

彼らは診療所に近いほうが安心感があると言ってます。

 

たくさんの患者さんが私に言うのは、「離れないで。引退はダメ。先生がいないと困る。」

 

夜中の静かになった時、私は考えたことがあります。 

私はアメリカ国民でもあり、台湾人でもあり、中国人の血も流れています。

 

今の時期、台湾と中国大陸が仲悪くなっている。アメリカは中立。私はちょうど3角の間にいます。どうすればいいか悩みます。

 

私はアメリカが好きです。治療院ができる環境を作ってくれて、文部省からの鎮圧がない、言論の自由もあり、州の官僚も務めた事がある。

 

しかし、私は台湾生まれで台湾も愛してます。私の祖先は浙江省で、中国大陸も愛してます。

 

こんな国際情勢で誰を助けたらいいか?

 

結論的に患者さんを第一位にしました。

金髪碧眼であろう、アジア人であろう、みんな患者さん。みんな救う義務がある。

 

アメリカ人の為にでも、中国大陸の人の為にでも、私は西洋薬の製薬会社を終結しないといけない。

 

奴らのせいで、みんな楽しい生活ができてないから。

 

(省略)