本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

自閉症、脳性麻痺、癲癇(てんかん):重症の三つ子の治療状況【翻訳文】(2018-03-08修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。


中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/11-04-05.htm

翻訳文

11/04/2005。晴れ。

昨日、重症の三つ子が来たのを話すのを忘れました。

 

一人目はもう治りました。

二人目、重度の自閉症の子。今は5つの文字が話せるそうです。

子供が生まれて初めて話すのを見て、お母さんはどんなに喜んだでしょう。

 

私の治療法は以下のとおりです。

 

音楽と言語は、左右の脳で分かれている。

右脳は音楽。

左脳は言葉。

 

彼の右脳は働いてます。

だから、音楽には興味津々。

 

しかし、左脳は痰などの老廃物でつまり、言葉の信号が入りません。

私は診療所で使う「漢唐59号」を処方して試したのです。

 

もともと、この漢方薬は鼻炎.中耳炎に使います。

あと、緊急救命の時、患者さんの意識を戻すために使うもの。

 

お母さんに渡した時に「1日2回使ってください。」と話したら、本当に話せるようになったのです。

 

この麝香礬石散は本当にすごい。

f:id:li-hari:20180808235748j:plain

麝香(じゃこう):ジャコウジカからの分泌物。貴重なので高価な生薬です。

三人目は娘さん。

脳性麻痺の子です。

今は直視して、人を見ることができるそうです。

 

便通は大承気湯葶歷大棗瀉肺湯の使用後、たくさんの便と痰が出てきました。もともと毎日何回もあった癲癇は、週二回のベースに減りました。

 

そして、葛根湯で痙攣を治してるから、娘さんの痙攣もだいぶ回復。目線は回復して、以前みたいに釣り上がることはなくなった。

 

この三つ子は、18日間の漢方薬を飲みました。

 

私はやっと心の底を押し込んでいた石がなくなったような感じ。もうすぐこの悲劇を収めるそうだから。

 

今日、長寿村から新しい患者さんが来ました。

女性。35歳。

 

二人目の子を産んでから8年目になる。

生理は毎月あるけど、遅れている。

しかも、母乳が絶えない。毎日さく乳器で絞らないと、破裂しそうに辛いそうです。

 

彼女はたくさんの西洋医学の先生に診てもらったけど、誰も原因を分かってない。もちろん、誰も治してあげてないです。

 

彼女は私の母乳と生理に関する論文を見てから、すぐこちらに治療しに来ました。

 

彼女の主な症状は睡眠は良い。便通が不規則。喉はちっとも乾かない。体力は良い。手足がとても冷たい。ずっと抜け髪が多い。皮膚はとても乾燥してる。

 

彼女の例を挙げたのは、6つの健康症状の一つ:手足が冷たいのを説明したい為です。

 

一番最初に手足が冷たいのを書いたのは、『黄帝内経・通平虚実論』:「気逆者、足寒也」

 

正常な人は陽気が下に行って、陰気が上に来るべきです。足の三陽経(胃.膀胱.胆のうの経絡)が表面にあって、陽の中に陰があるから甲部は冷たいのが正常。

 

足の裏を通っているのは、唯一に腎臓の経絡。

腎臓は足少陰経で、命門の火(エネルギー)が少陰の水(腎臓の属性は「水」)に溶けています。

 

陰の経絡に陽の火(エネルギー)が現れるのは正常である。

だから、正常で人は足の甲が冷たくて、足の裏は暖かい。

 

冷たいのと暖かいのが混ざると、丁度良い暖かい体温です。外側の天気と関係なしで。

 

身体に何かトラブルが起きた時、一番最初に現れるのは手足の先です。

 

f:id:li-hari:20181201132433j:plain

冷え性は未病の段階、早めに治さないといけません。


主な理由は、人体の末端側だから。

陰陽のバランスが崩れた時、一番最初には手足の先に現れます。これは病気の始まりであり、病気を治していくと最後に届く場所です。

 

だから、中医師はこれを根拠にして、患者さんが治っているかを判断できる。

 

足の親指は、肝臓の経絡と脾臓の経絡が通る所。

陰の最後はまた陽に戻ります。

「陰極生陽」と言う。

 

すぐ陽を生み出して体内に戻るように、この2つの経絡が足の親指に集まっているのです。なので、足の親指の力は一番強い。

 

昔、私達はしゃがんで排便しました。

これは一番正しい方法。

 

しゃがんですると、肝臓と脾臓の経絡に圧力をかけて、更にお腹が大腿部に圧力をかけるから、すぐ排便ができる。

 

しかし現代人は西洋のトイレ。

座って排便。


排便が綺麗にできてないから、たくさんの人は便秘になり、毒ガスが溜まり過ぎて脳に入ってるから、脳の働きが弱くなって集中力もなくなっています。

 

とりあえず今日はここまで説明して、本文に戻ります。

 

この女性の症状、喉はちっとも乾かない。

これが一番大事な診断根拠。

 

喉は乾かないのは、体内がとても冷えてるから

ナマのトリカブトを使うべきの時期です。

 

加工したトリカブトは、表虚を治すときに使う。

 

患者さんが汗だ止まらない場合、張仲景の処方箋は「桂枝湯加附子」。

こちらで使うのは加工したトリカブト。

f:id:li-hari:20180718181910j:plain

桂枝(けいし)の画像


この女性は、体内の冷えがひどいから、下に行くべきの陽気(エネルギー)が逆流して頭に来てます。

 

母乳を司るのは気であり、気は肺から来ている。

しかし、女性の身体は血がメインで、気と言うのは血からくるものです。

 

生理が来るのは、母乳が下まで降りてでき上がるもの。

 

この女性は気が逆流して下に行かない。

胸の母乳はずっと溜まったまま。

 

女子絵の胸は陽で、男性の胸は陰に属してる。

 

例え話をすると、溺れて死んだ人。

もし女性だったら、必ず顔が上。

上は天陽で、陽と陽は対応してるから。

 

もし男性だったら、必ず背中が上。

何故かというと、男性の背中が陽であるから。

 

お医者さんはこのような現象が分かったら、病気を治す時に楽でしょう。

 

私の拙い見解、笑い話だと思ってスルーしても良いです。もし間違いがあったら指摘してください。

(以下は省略)