本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

不思議な日本のテレビ番組

こんばんは。李哲です。

 

今日は治療と関係ない話。

主に中国にいた時の感じと比べたものです。ただの愚痴かも知れないので、笑い話だと読んで忘れてけっこうです。

 

1.複数のチャンネルで同じ内容の放送。

 

当日に起きたのは他にもあるでしょう?

 

街には表彰すべきの無名なボランティア.救援の手を出すべきの貧困層.関心すべきの老人問題など、いろいろあるでしょう?

 

2.国内ニュースばかりで、外国のニュースはとても少ない。まるで鎖国政策。

 

中国の中央テレビニュースでは、少なくて半分くらいは外国のニュースだった。どんなに小さな国でも、何かがあれば放送してた。

 

金融、外交、政変、戦争、干ばつ.洪水などの天災、新しいテクノロジーの発明など。放送範囲はとても広くて勉強になった。

 

3.食べ物の番組で、「不味い!」の声がない。特に芸能人が食べた後の感想。

 

「美味しい」以外に表現する言葉を必死に絞りだす彼ら(彼女ら)は、かわいそうとしか思えない。

 

一生本音を話せない職業、仕事して楽しいかな?他人の役に立つと思うかな?

 

「裸の王様」をもう一度読んでほしい。

 

4.流行りはいつも簡単なやつ。

 

あチョーーダンス。

3分でウィスットが痩せる。

この1粒だけで健康になる…など。

 

楽で痩せる。

楽で稼げる。

なにも楽して達する方法が売れるようだ。

 

しかし、世の中には楽してできることはあるのか?

 

本末転倒で根本を大事にするのではなく、楽して邪道ばかり狙うと、怠け者になり人が歪むと思う。

 

… …

 

中国テレビ番組も情報閉鎖などいろいろ問題あるけど、日本のテレビ番組はそれ以上に尋常ではない。

 

私は中国にいた時、すべてのことが当たり前だと思いました。

しかし、日本に来てから中国を眺めたら、いろんな事に気づくようになりました。

 

日本の皆さんも海外に住んでいれば、日本の事がよく分かるでしょう。

 

比較がないと良い点、悪い点が分からないから。

 

関連記事:

 

li-hari.hatenablog.com