本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

舞踏病の原因は、病院の薬!不随意運動を足つぼ整体で改善した例

こんにちは。李哲です。

今日は2回で舞踏病とパーキンソンを改善した例

残念なのは、2回で施術を止めたこと。

 

記録回数が少ないですが、どのように改善したのかは、読んで見れば分かると思います。以下は記録文書。

 

 

舞踏病の原因は、パーキンソン病の治療薬だった!

 

一人の女性、60代。

血圧降下薬を10年くらい飲みました。

 

その後、「いきなり」(この言葉を注意してください)自己意思で歩けなくなり、病院でパーキンソン病だと診断し、今まで薬を飲んでいたそうです。

 

それ以外に今は身体.四肢.顔の筋肉が蛇みたいに、ずっとふにゃふにゃ動いてる。自己意思で動かしたのではなくて、勝手に動いています。

 

これはパーキンソン病とは違う。

西洋医学の教科書では、「舞踊病」と言います。

 

彼女は舞踊病の薬も飲んでいます。

しかし、年々薬の種類が増えて、彼女は怖くなって整体院を探してきたそうです。

 

簡単に彼女の状況を説明すると、彼女は特定疾患を2つも持っている。

パーキンソン病。

舞踏病。

 

西洋医学では原因不明だといいますが、中医学の観点から見ると、これは肝臓が中毒した時の症状

 

毒薬を撒いた奴がいるから、彼女はこんな難病になっているのです。

 

パーキンソン病、舞踏病は全部、西洋薬の副作用

パーキンソン病、舞踏病は全部、西洋薬の副作用

 

1回の足つぼ施術中に、舞踏病(手足の不随意運動)が止まった

 

1回目の施術は、足ツボのみ。

施術途中で、手足がふにゃふにゃする不随意運動が止まりました。

 

しかし、施術後は西洋薬の効果が切れたのか、ふにゃふにゃの不随意運動が戻りました。それ以外に、もっと酷いのは小足で歩くしかない。

 

歩く幅は1~2cmくらい。

(驚かないでください、確かに2cmくらいです。)

 

角を曲がるのも、方向変更ができなくて大変でした。

これだと信号を渡るとき、間に合わない。とても危険です。

 

彼女が言うのには、

「パーキンソン病になる前は、1歩の距離が1~2cmだけでした。

パーキンソン病の投薬治療を始めてから、歩くようにはなったけど、2~3時間で薬が切れるとまた最初の歩けない症状が出ました。

 

それ以外に、身体.手足.顔の筋肉がふにゃふにゃ動いてる症状が増えました。」

 

私の言葉で言わせると、

彼女のパーキンソン病は治ってません。

それ以外に、「舞踏病」と言う難病が一つ増えました。

 

言い換えると、

投薬で治せば治すほど病気が増えて、重症化してる!

 

これは何の治療でしょうか?

 

パーキンソン病は、病院の薬が作り出した「病気」

 

私は彼女に話しました。

「パーキンソン病は、高血圧の薬を飲み過ぎてなっています。

パーキンソン病の薬も飲むとどんどん酷くなるので、今日から全ての西洋薬を止めてください」

 

彼女の答えは「主治医と相談します」

 

薬の種類がどんどん増えているのに、自ら止めたいと相談したら、西洋医学の先生は賛成するでしょうか?

 

もし止めて症状が緩和したら、西洋薬の副作用で病気になっている事になる。

 

自分で自分の首を絞めること。

西洋医学の先生は認めるわけがない。

 

2回目の施術でパーキンソン病、舞踏病がだいぶ改善したけど、薬は止められない

 

2回目は足ツボ以外に、整体も受けました。

施術後の帰るとき、1~2cmしか歩けないのがなくなり、全身のふにゃふにゃする不随意運動も減りました。


施術後の感じは前回と違って、彼女は少しビックリしてました。


飲んでいる薬を聞いてみたら、減らしてるけど完全には止めてない。

恐らく病院の先生が止めるのを反対したでしょう。

帰るとき、私は彼女に話しました。

「あなたは西洋薬を10年以上飲んでます。

それで良くなってますか?

10年も騙されて、また西洋薬を飲み続けるつもりですか?」

足ツボ.整体は効果があるけど、西洋薬の副作用には勝てません。だから、西洋薬を止めてくださいと言ったのです。今後どうするかは、考えてからまた連絡ください」

 

彼女は「ちょっと考えます」と答え、迷った顔で帰りました。

 

1~2回の施術で少し変わったのを、自分でも分かっている。

しかし、10年飲んでも効かなった西洋薬は完全に止めたくない。

 

10年も飲み続けて治ったところか、逆に重症化しているのに、「大先生」の投薬治療は疑わない。逆に、1~2回で改善されたのに、施術者の提案は疑う。

 

むなしくなりました。

 

効果がある療法を信じてくれないのは虚しい

効果がある療法を信じてくれないのは虚しい

 

いわゆる「指定難病」は、全部病院の薬の副作用

 

最近テレビニュースで見たら、難病指定(特定疾患)の数が300個くらいに増えてました。テレビに映ってるのは、気の毒な化学薬品の被害者たち。

 

この政策が良い事か悪い事かはあとにして、特定疾患と言うのは、一言でいうと西洋薬の副作用です。

 

大昔はなかった病気。

現代公害と同じように、西洋医学の発達を伴って、作られた病気です。

 

西洋医学の投薬治療で余計にひどくなった場合は、新しい病気を見つけたと言い訳して、また新しい薬が研究.販売できる。

 

これは絶えないリング。

患者さんが死ぬまで延々と繰り返し、患者からお金が取られる。

 

このリングで儲かるのはもちろん、「患者さんを一番愛してる」西洋薬の製薬会社。

 

プライブケアでは、西洋薬を飲み続ける人は診ないと言いました。

あなたが総理大臣であろうと一般庶民であろうと、この原則は変わりません。

 

これはカッコつけではない。

足ツボ.整体は西洋薬の副作用に勝てないから、最初から諦めるのです。

 

諦めないのは大事だけど、放棄もせざるを得ない時もあります。

 

(おわり)