本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

白血病の初期症状、2週間の漢方薬で劇的改善…などの中医学治療例

【※本記事は2019-04-15更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

肺気腫、線維筋痛症(せんいきんつうしょう)、慢性疲労症候群、頭痛、憂うつ、過度の肥満症、初期の白血病が2週間で劇的変化…などの漢方薬治療記録です。

 

中国語本文のリンク先は、

Fibromyalgia and Auto Immune Disease

 

最後には私の意見を書いてます。

拙い意見ですが、参考になれば幸いです。

 

 

病院の治療で無数の病気、不調が増えたおバカ 

01/20/2006、晴。

新規の女性、S氏、1959年生まれ。

 

西洋医学の診断で、以下の病名をもらったそうです。

 

  • Fibromyalgia (線維筋痛症(せんいきんつうしょう))
  • Chronic Fatigue Syndrome (慢性疲労症候群)
  • Headaches(頭痛)
  • Depression (意気消沈, 憂うつ, スランプ)
  • overweight (過度の肥満症)
  • Pre-glucose intolerant (意味不明)
  • No stomach acid (逆流性食道炎)

 

彼女の病歴は以下の通り。

 

  • 1965-Tonsils out(扁桃腺の腫れ)
  • 1976-Breast cyst(乳腺のう胞)
  • 1977-Breast cyst (乳腺のう胞)
  • 1981-C-Section(帝王切開手術)
  • 1983-C-Section(帝王切開手術)
  • 1989-Apendix
  • 1997-Heart Catheterization (心臓カテーテル検査)
  • 1989-Apendix
  • 1999-Partail Hysterectomy (子宮部分摘出術)
  • 2002-Gall-bladder
  • 2003-Breast-Biospy(乳房生検)
  • 2004-Skin Cancer(皮膚がん、 皮膚癌 ) 

 

波瀾万丈の病歴です。

 

彼女が昨日来たのは、全身の筋肉痛に耐えられなくて

筋肉痛のために、彼女は8年も鎮痛剤を飲んできました。最近、友人の紹介でこちらに来たのです。

 

彼女は標準的なバカ。

彼女は西洋医学は、科学的なものではない事を知らない。

だから、迷信してずっと西洋医学の治療に任せています。

 

テクノロジーを科学的だと間違えているから、今の結果になっているわけです。

 

涙目になっている彼女に、私は聞いてみました。

「今までの病歴で、何か教訓を得ましたか?」

 

呆然としてる彼女に、私は話しました。

簡単です、あなたが間違っています。

あなたは何年も病院に通って、たくさんの手術は全部受けました。すべて西洋医学の先生の話通りにしてます。

 

しかし今は?

 

極度の倦怠感。全身の痛み。頭痛。気持ちが落ち込んでうつ。過度の肥満症。不眠症。便秘と下痢の繰り返し。手足が冷たくて痺れてる。食欲は過剰。でも、食べても食べても力が出ない、だるくなるだけ。

 

神様よ!

これはなんの医学ですか?

 

患者さんの生活には、何のクオリティもない!

 

あなたも本当におバカさん。

言いなりになって。

このままだと、もう死ぬ道しかありません。

 

西洋薬を飲めば飲むほど、死期が近寄る。

 

あなたの最後の死因は2つあります。

1つ目:あなたの愚かさ。

2つ目:西洋薬に殺される。」

 

彼女は泣いてるだけで、無言でした。

 

答えられなくて泣く女性患者

 

このような病気、私はどれだけ見たか知らない。

漢方薬で治らない人がいません。

 

このような病気、みんな西洋薬の副作用からくる病気で、臨床では珍しくない。

 

かわいそうなのは、西洋医学の先生たちは、自分たちが創りだした病気とは知らなくて、また新しい病名を付けている。

 

手術、麻酔のやり過ぎ。

西洋薬の飲み過ぎで生じた痛みは、中医学の治療で簡単に治ります。

 

処方箋を書いた時、患者さんは漢方薬を飲んだあとどうなるか、最初から分かっていました。

 

処方箋は公表しません。

西洋の製薬会社に持って行かれて、特許を取られるのが心配だから。

 

彼らはずっと病気を作り出していて、また新しい薬を研究してます。

 

本当の目的は病気を治す事だけど、結果は病気が治ったのではなく、新薬で更に病気を増やす。

 

このような悪循環、人人は幸せな日常生活ができません。

 

患者さんは西洋医学の先生に1回診てもらうと、病気が一つ増える。飲む薬が1つ増える。その結果、更に病気が増えています。

 

このようなテクノロジーの西洋医学、何で信じる人がたくさんいるか、とても不思議。

 

この患者さんは最初から最後まで私のボロクソ聞いてました。

しかし、彼女は喜んでました。

 

なぜなら、正しい先生に出会ったと思っているから。

彼女はもう二度と西洋医学の先生の所に戻らないでしょう。

 

初期の白血病患者、2週間で諸症状が劇的改善

2番めの例は男性。

1956年生まれ。

 

西洋医学の診断名は以下の通り。

  • Emphysema(肺気腫)
  • Auto Immune Disease (自己免疫疾患)
  • Insomnia (不眠症)
  • Stress (ストレス)

 

彼が言うのは、ステロイド剤を飲んでから不眠症になったそうです。

去年の12月から全身の関節痛.頭痛で西洋医学の検査を受けたけど、何が原因か分かってません。

 

彼の主な症状は、

  • 便秘
  • 寝汗
  • 体力がない
  • 上半身はとても熱くて、下半身はとても冷たい

 

彼は01/05/2006に初診に来た時、私が検査したけど、第七胸椎に圧痛がありました。

これは白血病の前兆です。

 

だから、私は彼に話しました。

あなたはもうすぐ白血病になります。

今のところ西洋医学は予防もできないし、治療もできません。今日処方するから、2週間後にまた来てください。」

 

そして、今日が2回目の診察です。

 

彼が教えてくれたのは、

  • 便通は良くなり
  • 睡眠の質が良くなった
  • 上半身の熱さは消えて
  • 頭痛は治った
  • ふくらはぎはまだつる
  • 両足は暖かくなっている
  • 寝汗は治った

 

彼はとても喜んでました。

 

そして、彼は突然私に教えました。

以前、一人の西洋医学の先生にも、彼が「白血病かも知れない」と言われたそうです。

 

彼はなぜ私が白血病だと診断してるか、とても不思議がってました。

 

私の診断道具は両手とボールペン、懐中電灯のみ。

なぜ診断ができて、治療までできるのか、彼は中医学に驚いてました。

 

前後の検査は2~3分。

しかも、治す処方箋まで書き終わり。

 

私は彼に教えました。

「ほかの中医学の先生もみんなできます。」

 

彼の肺気腫も、今度の処方箋で一緒に良くなるはず。

 

諸症状をまとめて改善する漢方薬

諸症状をまとめて改善する漢方薬

 

西洋医学の先生がAuto Immune Disease(自己免疫疾患)だと診断した時、いったい何が何か分かってないことです。

 

西洋医学の先生がSlow Virus(スローウイルス感染症)だと診断した時、何が起きてるかも知らないです。

 

この単語の頭文字を合わせると、AIDS。

つまり、何が原因かさっぱりわかってない。

 

何が何かも知らない医学が、自分が正統派でほかの医学はデタラメだと言うのは、無知だとしか言えない。

 

儲ければ良い。

患者さんは死んでもかまわない。

 

これが西洋医学の製薬会社です。

 

上記の二人の患者さんの更新内容

第一例に書いてる患者さん。

02/02/2006に再診に来ました。

 

痛みはだいぶ減って、今は右ふくらはぎだけ残っています。

頭痛は治り、西洋薬はすべて止めています。

 

二番めの人も同じ日に再診に来ました。

つらい症状がほぼ消えて、左側の関節痛だけ残っています。

皮膚の赤痒い湿疹は全部消えて、第七胸椎の圧痛も消えてました。

 

西洋薬は全部止めています。

 

李哲 説明:頭痛、背中の痛み、関節痛などは足つぼ整体でも解決できる


西洋医学の治療を受ければ受けるほど、痛みが増えて病名が増える。

あなたの周りに、このような患者さんいませんか?

 

最初の女性。


Fibromyalgia (線維筋痛症(せんいきんつうしょう))。

Chronic Fatigue Syndrome (慢性疲労症候群) 。

Headaches(頭痛)。

Depression (意気消沈, 憂うつ, スランプ)

 

このような症状は、足ツボ.整体だけでも効果があります。

以下は一つの足つぼ整体の治療例。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

今まであちこち痛い女性の患者さんを山ほど治療して、良くならない人がいません。

 

一番ひどい放射線療法を受けて、その副作用で背中が痛い人も。

抗がん剤の副作用でリンパが腫れて脇.首肩が痛い人も。

 

みんな痛みが緩和されてます。

 

以下はもう一つの治療例。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

2番めに書いた男性。

Auto Immune Disease (自己免疫疾患)は、日本でおそらく膠原病などでしょう。

 

足ツボ.整体では、まだ膠原病を診たことありません。

 

膠原病の親族を紹介しようとする方もいましたが、薬を飲んでいるから私が断りました。

 

足つぼ整体の効果は必ずあります。 

足ツボ.整体は体内に薬品を注射もしない。副作用がないやり方。

 

施術後は、みんな手足が暖かくなり、睡眠の質もよくなります

 

今まで足ツボ.整体のせいで、AIDS.膠原病になった人はまだ聞いたこともありません。