本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

何度もぎっくり腰におそわれる辛さ!諸症状を足つぼ整体10回で改善した例

【※本記事は2019-05-04更新しました】

 

あなたが5年も以下の症状があったら、どんな感じですか?

鎮痛剤を飲んでも、1ヶ月に1回のぎっくり腰で仕事もできない。首肩が痛い、坐骨神経痛、寝た気がしない、昼間は異常な眠気、手足の裏に汗が出過ぎる、冷え性で寒がり…

 

5年も治ってないのは、鎮痛剤などの薬で体質改善ができないからです。

 

ほかの足つぼ整体、鍼治療などの自然療法を探してください。

 

以下は一つの症例。

様々な不調を、足ツボ.整体は統合的に改善した例です。

 

 

1ヶ月に1回のぎっくり腰で仕事もできない患者、5年も治ってない

こんにちは。李哲です。

足つぼ整体の施術例です。

 

一人の女性。
彼女の主な自覚症状は、以下の通り。

  • 寝た気がしない
  • 昼間はすごく眠い
  • 小便は毎日4~5回、色は普通
  • 便通は毎日あるけど、下痢になる時が多い
  • 冷え症、足が冷たいと言われる。最近、自分もそう思うようになった。
  • 体力がない
  • 体が痛い、重い、疲れやすい
  • 首から下はよく汗をかくけど、首の上は少しだけ
  • 手のひらと足の裏の汗が多くて困っている(小さい時から)
  • 生理の周期は早い、昔は17~21日、今は25日

彼女が一番気になる症状は以下の通り。

5年も治ってないそうです。

  1. 病院が診断したのは、右側の椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症。
    自覚症状としては背中がはる、坐骨神経痛。
  2. 左側の首肩が痛い。
  3. 手のひらと足の裏の汗が多くて困っている(子供の時から)
  4. 左側の腕が朝起きた時に痺れてる、特に冬。
  5. 口内炎がよく出来る。

一番困っているのは、

1ヶ月に1回、ぎっくり腰になって働けない。

1回ぎっくり腰になると、1週間寝たきりになるから働けないそうです。

 

彼女は頻繁のぎっくり腰に困っていて、他の人が紹介して来ました。

 

長年の鎮痛剤で腎臓がやれれ、白髪まで増えた

 

こちらに来る前、彼女はいろんな治療を受けたそうです。

 

鎮痛剤たくさん飲んで、ブロック注射も週1回にした。

しかし、痛みは何も変わらない。

逆に、鎮痛剤を飲み始めてから、白髪が増えてきた。

 

白髪が増えた原因は、鎮痛剤は肝臓と腎臓を壊すからです。

腎臓が弱くなると白髪が増えます。


これを読むと、「周りの人は鎮痛剤たくさん飲んでるけど、白髪は増えてないよ!」と反論する方もいるでしょう。

 

白髪が増えるのは、化学薬品の毒素がある程度溜まった時、腎臓がある程度弱くなった時です。鎮痛剤で腎臓がやられて、すぐ白髪が増えるとは限らない。

 

そしてもう一つ。

鎮痛剤で白髪が増えなくても、他の所に問題が出ます。

 

何故かというと、腎臓が管理するのは髪の艶だけではなくて、大小便。骨、歯の丈夫さ。腰.膝の力。聴力。記憶力…いろいろあります。

 

腎臓が弱くなると言って、必ずしも白髪が増えるとは言えないのことです。

 

心臓、脾臓、腎臓が弱いから諸症状が出ている

 

今日はほかの症状の原因も、簡単に説明したいと思います。

 

心臓が弱くなると、以下の症状が出ます。

  • 手足のうらに異常に汗をかく
  • 睡眠の質が悪くなる
  • 手足が氷みたいに冷たくなる
  • 体の上半身だけ汗をかいて、下半身は汗をかかない
  • 口内炎がよくできます

 

脾臓が弱くなると、全身がだるい。昼間もすごく眠い。

 

腎臓が弱くなると、いわゆる椎間板ヘルニア.坐骨神経痛になります。

 

彼女の弱くなっている内臓は、範囲が広くてダメージが強かったです。

もし5年前に鎮痛剤飲まないで、ブロック注射をしないで食事を変えたら、ここまで酷くならないでしょう。

 

ブロック注射はヘルニアに効きません。

むしろ、腎臓がダメになり、とても頑固な腰痛になります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180226/20180226232959.jpg

 

西洋医学の先生は効かないのを知っているのに、それでもブロック注射をすすめる。それでも副作用が強い鎮痛剤を出す。

 

いつか先生らが椎間板ヘルニアになったら、私は傍観者になって救援の手は出さない。

 

施術後の変化:腰痛、首が曲がらない、冷え性、生理不順など

 

以下からは足つぼ整体を受けたあとの感想です。

ちなみに、彼女は1ヶ月に1回の施術

 

1回目の施術で、腰とおしりの周りが嘘みたいに軽くなった

 

1回目の足ツボ.整体、痛すぎて彼女は泣いてました。

施術後に漢方茶を飲むとき、彼女の感想は以下の通り。

 

彼女が笑って言ったのは、

腰とお尻の周りは、嘘みたいに軽くなりました。

でも両足がすごい筋肉痛で、歩くのがふらふらします。

 

足ツボ.整体が痛すぎて涙が止まらなくて、化粧が全部落ちちゃいました。次回来るときは化粧しないほうが良いかも知れないですね。」

 

ほかの変化は、

首を回すのが楽になった。

 

前は冬になると凝りすぎて、自転車に乗った時知り合いに呼ばれても振り返れないから、自転車を降りてから体を回して、後ろの知り合いと話すしかなかった。

 

1ヶ月後:常にある首と腰の痛みはなくなった

 

1か月後、彼女は施術に来た時、変化を教えてくれました。

 

首.腰の痛みはもうなくなり、安定してる感じ。

こっている感じはまだあるけど。

 

今は普通に自転車に乗れる。

前みたいに、首が曲がらないことはなくなった。

 

前回来た時、膀胱炎になったようで、小便のあともやもやする感じがあったけど、施術後はすごいスッキリ出た。

 

今までは昼ご飯たくさん食べると、お腹が重くなったり胃が痛くなるのが多かった

 

お腹が重い、胃痛は施術後に消えた

 

前回施術してからの2週間、胃腸はとても調子が良い。

ただし、3週目に入ると調子が少しずつ悪くなり、4週間目になるとギリギリだそうです。

 

体力は前より、だいぶ増えました。

 

最近は背中.腰がはっている感じだけど、今日の施術後にはだいぶ楽になった。

両足は帰りにとても軽い感じ。

 

彼女の西洋医学で言う「膀胱炎」。

よくある自覚症状は、尿が我慢出来ない、排尿痛です。

 

中医学で言うと、冷え(寒気)もしくは湿熱が考えられます。

 

湿熱はあまり歩かない人に見られる。

臨床ではこのような患者さんが少ないです。

 

最も多いのは彼女みたいな、下腹部の冷え(寒気)が原因の膀胱炎。

尿が我慢出来ない以外に、ひどい腰痛を伴うケースが多いです。

 

冷えた原因は、長年の良くない食べ物、西洋薬(鎮痛剤.抗生物質)、栄養補給になると宣伝してる色んなサプリメントなど。

 

冷え症対策として、ホッカイロを使う方が多いのを見てきました。

 

ホッカイロも良いですが、私はお灸をすすめます。

なぜなら、ホッカイロは体内を温めることができないからです。

 

お灸は体内から温めて、ポカポカになります。

そして、副作用がありません。

 

2ヶ月後:ぎっくり腰は施術後、腰がすごい曲るようになった

 

2ヶ月後、教えてくれたのは以下の様でした。

 

先週、ぎっくり腰になり仕事を休んだ。

この事故以外、首から腰までの調子はとても良かった。

 

今日、こちらに来た時、歩くのがまだ不自然だったけど、足ツボが終わる頃には腰が暖かくなり、痛みもましになりました。

 

整体が終わる頃には寝返りも楽になり、帰りには前屈運動をしてみて、「腰がこんなに曲がるんだ!」と大喜び。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190427/20190427123313.jpg

 

ほかに、彼女はまた質問がありました。

「車酔いもあるけど、何か良い方法はないですか?」

 

これは何の難しい事ありますか? 

「内関穴」(ビデオ説明がある) をじっと押せば、吐き気などが収まります。

 

車酔いの原因は簡単に説明すると、胃腸が弱くて胃.横隔膜の辺りに水が溜まっているからです。解決方法は胃腸を強化して、周りの水をなくせば良いだけ。

 

西洋医学は血液検査はするけど、体内で最も多い「水分」の検査はない。

だから、車酔いの原因が分からないし、根本からも治せません。

 

車酔いは漢方薬.鍼灸.足ツボ.整体などで治せます。

治療法によって、かかる時間も異なりますが。

 

彼女は胃腸が弱いから、食後にお腹が重くなったり、胃が痛くなるのが多かったです。

足ツボ.整体を続ければ、胃腸が強化されて、乗り物酔いも自然に消えます。

 

自然療法は全体的に治してるから、一石二鳥の効果がある。

 

「標準医療」の西洋薬も、一石二鳥の効果があります。

一種類の薬を飲めば、副作用で新しい病気が最低1つは増えるから。

 

3ヶ月後:冷え性が改善し、腰痛も自力で治るようになった

 

3ヶ月後、彼女が来た時、教えてくれたのは以下のとおりです。

 

前回の施術後、腰の調子はとても良かった。

でも、寒い所に1週間いたら、突き上げるような腰痛がまた再発し、なんとか自分で治して、今日はほとんど自然に治っている。

 

首肩は触ると硬いけど、昔みたいな辛さはない。

足もそこまで冷えなくなりました。

4ヶ月後:冷え性が半分なくなり、ぎっくり腰は再発してない

 

4ヶ月後の寒い季節。

彼女が来た時、教えてくれたのは以下のとおりです。

 

ぎっくり腰はなってない。

首肩の調子も良い。

 

彼女が言うのは、「去年の冬より寒さが半分くらい減りました。」

 

帰りに足つぼ後の押した痛み、詳しく説明すると三陰交穴あたりの痛みがなくなりました。施術を重ねる事で血の流れが良くなり、押した痛みも出てこないのです。

 

朝起きた時、左腕がしびれる。

しびれる症状は、かなり前からあったそうです。

 

1回施術を受けると、1週間くらいしびれは楽になる。

でも、2週間目からは徐々に悪くなる。

 

首肩がすごく凝っているので、腕がしびれるのです。

これは治すのに、施術回数がかかります。

 

7ヶ月後:1年前と比べ、別人みたいに変わった

 

7ヶ月後、彼女は来た時、面白い感想がありました。

 

電車でここに来るとき、車酔いでつらかったけど、首肩を揉んだら1分くらいで収まり、彼女はとても不思議がってました。

 

中医学から見ると簡単です。

車酔いと首肩のコリは関係してます。

(胃腸の経絡はみんな首を通るから。)


クルマか船か、乗り物と関係なく、気持ち悪いのは胃腸の問題です。

もっと詳しく説明すると、胃と横隔膜辺りに水が溜まっている。

 

この水は身体の循環に利用されてない水。いわゆる水毒です。

(少量の水だからレントゲン検査には出ない)

胃腸の問題を解決して、首肩のコリをほぐせば、車酔いにもなりません。

 

西洋薬にも車酔い止の薬があるけど、それは根本的に問題を解決するのではなく、無理やり体の反応を止める薬です。鎮吐剤とも言える。

 

嘔吐中枢を麻痺させて、一時的に体の反応を遮断するだけ。

 

鎮痛剤も似てる原理です。

痛みの原因を治すのではなくて、痛みを感じさせないようにします。

 

中医学の治療方法で胃腸の調子を整えたら、車酔いは完全に消えます。

毎回車.船にのる前に足ツボ.整体をする必要もありません。

 

しかし、西洋薬だと毎回飲む必要があります。 

なぜなら、西洋薬は身体(体質)を変えてないからです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190410/20190410124940.jpg

 

彼女の感想に戻ります。

彼女が言うのは、

「去年と比べて、今は全然別人みたいです。

ぎっくり腰で仕事をしょっちゅう休まないし、周りの人からも"元気だね~"と言われます。


ストレッチを始めてから、朝起きた時の腕のしびれは改善され、10分くらいですぐ治ります」

 

彼女が一番びっくりしたのは、生理周期の変化。

昔は半月に1回来た生理が、この前は26日で来た。

 

最初、彼女は体内がとても冷えていました。

通常の推測だと生理も遅れるはず。

 

なのに、なぜか生理周期だけは早い。

私も不思議がってました。

(臨床で子宮に冷えと熱が両方こもっている例は、何人か見ています。)


でも、良くなって何よりです。

 

9ヶ月後:施術後の筋肉痛が消えてから、体が嘘みたいに楽になる

 

9ヶ月後、彼女の陳述は以下のとおり。

前回施術のあと、2週間くらいものすごく筋肉痛になって大変だった。

 

でも、2週間後筋肉痛が消えてから、嘘みたいに体が楽。

前までは仕事中に首肩がつらくて、自分で揉まないとダメだったけど、今は揉む必要もない。

 

ただし、生理周期が17日になった。

話を聞いて分かりましたが、イライラが原因でした。

 

イライラすると気(エネルギー)が詰まって、熱になります。熱が子宮にこもると、生理周期が早くなる。

 

「イライラしないでください!」と話したら、彼女は苦笑いしてました。

 

苦笑い

 

10ヶ月後:胃がポチャポチャ音がするのは治り、腰痛も楽になった

 

10ヶ月後、彼女の陳述は以下のとおり。

 

今まで胃はポチャポチャ水の音がして、夜中に激しい胃痛の時も多かった。

しかし、今日足つぼを受けたら、下腹部がとてもスッキリ。

 

この前、久しぶりにぎっくり腰になって仕事を休んだ。

「今までの施術で大丈夫だと思ったのに、ちょっと自信ありすぎましたね」と彼女は笑ってました。

 

でも、ここにきて施術を受けてから、帰りがとても楽になりました。

 

まとめ:わずか10回の施術で、いろいろ変わった

 

毎年12月と5~6月は、年行事みたいに調子悪いそうです。
最初のぎっくり腰になってから、翌年はぎっくり腰で誕生日を病院で過ごした。

しかし、今は入院することもないし、まだ辛い所があるけど、今年の誕生日は動けたし家で過ごせた。

 

今年の12月、年行事みたいに辛くなるのが無くなるのが楽しみです。

 

彼女の体調はまだ完璧ではないけど、去年と比べたら進歩してます。

  • 胃腸
  • 生理周期
  • 頑固な腕のしびれ

この3つさえ治れば、あとは卒業でしょう。

また何か面白い変化があったら、記事として書きます。

 

ちなみに、彼女の施術ペースですが、1ヶ月に1回。(家が遠くてそんなに来れない)

 

今まで受けたのは10回くらいです。

日常での禁止物 を堅守したせいか、1ヶ月に1回しか来てないのに、自覚症状がいろいろ変わって良かったです。

 

(おわり)