本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

学校の健康診断を受けて(2018-03-09修正)

こんにちは。李哲です。

この前、年1回の学校の健康診断を受けて、いろいろ思いました。

 

学校で習った西洋医学の健康に対する定義は:

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

 

これは何も触れてない意味不明な言葉。

 

臨床では全然頼りがない空っぽ理論です。

 

一番よく見かけるのが、①辛くて病院に行ったのに、検査結果は貴方は正常です。と言われる人が多い。

 

②患者さんが治療を受けて、ご飯も食べれらない.夜は眠れないのに、検査結果は良くなっています。と言われる。

 

ご飯も食べれらない.夜は眠れないのは、正常で健康ですか?

 

なんて非常識ばかりでアホな医学であるだろう!

 

不満だらけだけど、拒否する事ができないから、毎年文句を言いながら受けてます。

 

今度、良かったのは身長が伸びたことかな。

1.3cmくらい。

 

チェックするおばさん先生は不思議がっていて、2回も測定器に乗せられました。

 

なぜ40歳近くなったのに伸びたか。

 

私も知りません。

 

もしかして、普段練習してる少林寺の「易筋経」かも知れません。

 

もし来年また身長が増えたら、「易筋経」であることが確認できます。今度は三日坊主にならないようにしないと。

 

不愉快なのはレントゲン。

あと1回受けたら、もうこの一生受けない!

 

あと、採血が痛い。

何日も食べてせっかく作った良い血が一気になくなった。

 

そして、一番の不満点:

鍼灸学校も一つの医療機関なのに、自主できないこと。

 

体調不良かどうかは、本人が分かるでしょう?

 

西洋医学の先進そうな機械で測る必要はありますか?

 

しかも、こちらは病気を治す鍼灸師を育つ学校です。

 

世の中が西洋医学の権力支配なので、今は仕方がないかも知れません。

 

しかし、いつかは変わると思います。

 

漢方.鍼灸などの自然療法の先生たちが健康診断を指導する。

 

何故かというと、病気を治せる人こそ、健康診断の資格があるから。

 

病気も治せないものが、予防やら指導やら、これは笑い話。

 

あ、一つ書き忘れました。

 

健康診断の先生たち、顔色が悪い人が多かった。

 

隣で見てる私が心配するくらいでした。