本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

お父さんの糖尿病、私が必ず治してあげる!(1)(2018-03-09修正)

こんにちは。李哲です。

今日は糖尿病の治療例。

 

患者さんは私のお父さんです。

お父さんが糖尿病になったのを聞いたのは、去年の話でした。

 

当時、いつもの国際電話をかけた時、お母さんから聞いたのは、お父さんが糖尿病でインスリン注射を受けてる。

 

お父さんはすでに年配者になり、体調が多少悪いのは知っていたけど、糖尿病でインスリン注射をするなんて青天の霹靂でした。

 

なぜ糖尿病だと言われたか、私は詳しい経由を聞いてみました。

 

お父さんはある日、目がよく見えなくなって病院に行ったら、病院の先生が検査して血糖値がとても高いから目が見えなくなった!と言われたそうです。

 

中国で正常な血糖値は、6~7だと言われています。お父さんのはその3倍の数値。

 

そして、お医者さんはインスリン注射で血糖値をコントロールしないと、白内障.緑内障で失明する。脳卒中になる!と言われたそうです。

 

何の医学知識もないお父さんとお母さんは怖くて、そのままお医者さんの言いなりになり、インスリン注射を受けました。これが糖尿病の簡単な経由。

 

私が心配してるのは糖尿病ではなく、あのインスリン注射です。

打ち始めてすぐ止めればまだ良いけど、何年も打ってきた場合は回復にとても時間がかかります。

 

何故かというと、インスリン注射は膵臓の退化を促進する

 

膵臓の代わりにインスリンが体内に入るから、膵臓が退化して完全に機能しなくなるわけです。膵臓が完全に眠ったら、本当に残りの一生、漢方を飲み続けるかも知れません。

 

西洋医学ではインスリン注射をしないと、高血糖値で白内障.緑内障.脳卒中になると言うけど、これは嘘だらけ!なんの科学的な裏付けもない!

 

血糖値が高くて白内障.緑内障.脳卒中になるのではなく、糖尿病治療薬の副作用から来てる。

 

一つだけ反論します。

お父さんは病院の検査で、血糖値がとても高いから目が見えなくなっていると言われました。

 

OK。OK。

お医者さんの話が正しいと仮説します。

 

インスリン注射を受けたお父さんは、次の日の朝、血糖値がすでに良くなっています。

 

しかし、お父さんの目は何も変わってない。

相変わらず見えない。

 

親愛なる先生よ、なぜかを説明して下さい!

 

仮説が正しかったら、相応の結果が現れるのが、科学的な裏付けです。

 

明らかに西洋医学の理論は、現実と違っている。

 

~続く~

li-hari.hatenablog.com