本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

女性の健康のバロメーターは生理!健康的な生理には、具体的な自覚症状があります【中医学理論】

【※本記事は2020-06-05更新しました】

 

生理は女性の体調を表すバロメーターの一つ

 

こんにちは、李由香です。

生理痛生理不順不正出血生理前の心身の不調などに悩む女性は多いと思います。

 

生理というのは、あまり他の人と比べたりすることが少ないので、なかなか何が標準なのかわかりづらいところもあります。

 

実は中医学の理論でいうと、健康的な生理は「標準」「正常値」があるのです。

「標準」「正常値」というのは、血液検査・画像診断結果ではなくて、一人ひとりの自覚症状。以下、中医学の理論で正常な女性にあるべきの症状を述べました。

 

🐑生理は14歳から始まり、49歳で終わる

 

パンダ生理周期(サイクル)は7✕4=28日

 

ウサギ生理痛がない・生理前のさまざまな不調(いわゆるPMS)もない

 

カメ生理の出血期間は5~7日

 

おひつじ座生理前からだんだん胸が張り始め、生理が終わるにかけてその張りはなくなる

というものです。

 

生理は女性の体調を表すバロメーターの一つです

上記の症状で一つでもダメだったら、女性の健康面で問題があることを示します。

 

いくら血液検査・画像診断で満点だと言われても、自覚症状に問題がある場合、中医学では異常・治療が必要だと判断します。

 

★注意点★

上記の症状、全部OKだから健康的だと判断するのは、まだ早い。中医学では生理以外に、健康的であるかどうかを判断する指標(自覚症状)があります。詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

生理中、生理前の様々な体調不良を、中医学理論で解釈

 

健康的な生理は、痛みやイライラを伴う不快なものではありません。言い換えると、不快な生理には「理由」があるのです。

 

生理が14歳で始まり、49歳で閉経する原因

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180601/20180601100616.jpg

 

🐑人間の身体は、自然の法則に従って変化します。古代の聖人たちはその法則を見つかり、人間の身体の変化法則も把握していました。

 

女性の身体を例にすると、七の数値で変化する。

たとえば、7✕2=14歳で生理が始まる。

7✕7=49歳で閉経。

 

なぜ七の倍数に従うのか?

中医学の聖典:『黄帝内経』に書いたのは、「天癸」が来ると生理が始まり、「天癸」がなくなると生理も終わる。「天癸」というのは、西洋医学の理論でいうと女性ホルモンに似ています。

 

臨床では、14歳前に生理が来る女の子もいました。もっともビックリしたのは、赤ちゃんなのに生理が来たこと。西洋医学では「性早発症」だと名付けますが、決して良いことではありません。具体的な原因は、以下の記事が参考になると思います。

 

www.li-hari.net

 

49歳過ぎたのに生理が終わらない場合は、大きな子宮筋腫もしくは子宮がん・子宮頸がん・悪性脳腫瘍などの癌を患った時に現れます。

生理の周期が早まる、遅れる原因

 

パンダ一概では無いですが、周期は子宮に熱がこもると短くなり、冷えていると長くなる傾向があります。

 

たまに周期が早まって、たまに遅れるのは、人間には卵巣が2つあるからです。左右の卵巣が月ごとに交代して排卵しているので、極端な状況が同時に存在します。中医学の理論でいうと、子宮には熱と冷えが同時に存在している。

 

漢方薬治療例は省略し、鍼治療例だけ貼ります。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

生理痛、生理前のイライラの原因

 

ウサギ生理痛は特に冷えがあるとき(中医学では「里寒」と言います)や、大きな感情の変化などで気がつまったとき(中医学では「肝気鬱結・かんきうっけつ」と言います)。

 

臨床で見ると、冷えが1番多いです。薄着で冬の寒気・夏の冷房にやられたよりも、普段の食べ物に気をつけないから、体内が冷えてしまった方が多いです。

 

止めたほうがいい食べ物は、

  • コーヒー(ノンカフェインコーヒーは更に最悪)
  • 乳製品(チーズ・バターも含み)・牛乳
  • 清涼飲料水:コカコーラ、ジュース
  • お菓子、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム
  • サプリ
  • 病院の薬

 

詳しい説明は、後ほどプライブケア禁止物のところでリンク記事を貼るので、参考にしてください。

 

生理前のイライラも、気血の巡りがうまくいってないと起こります。もっと詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

生理出血の期間が長すぎ、短すぎの原因

 

カメ生理になっている出血期間が短すぎるのは血が足りない、もしくはどこかが詰まっている。長すぎるのは主に冷えが原因です。

生理の前に胸が張るのは、正常な反応。胸が張らないのは異常

 

おひつじ座生理の前に胸が張るのは、胸に溜まった母乳をうまく生理として排出することができないと、胸に余分な栄養(母乳)が残り、乳ガンのもとになります。これは心臓の問題。

 

乳がんと生理の関連性は、ニハイシャ先生の論文で詳しく説明しています。どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

生理直前なのに胸が張らない女性は、心臓が弱っている事を示します。信頼できる鍼灸院で早めに治してもらったほうが良いです。

生理中、血の塊が多い原因

 

経血に塊が多いのは瘀血(悪い血)が排出されているとき、もしくは子宮が冷えているとき。

 

血液は温まるとサラサラに流れるけど、冷えると川の氷みたいに固まります。普段から冷やさないように、気をつけるのが良いです。

 

鍼治療後に黒い血の塊が出るケースがありますが、関連の説明は以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

食欲不振、食欲が異常に多い原因

 

食欲が異常に増えたり減ったりするのは、脾臓の影響です。生理のときは血の流れが変わるのですが、それがスムーズにいかないと脾臓が影響を受けます。脾臓を強化する薬膳料理もあるので、以下の記事を参考にしてください。

 

www.li-hari.net

考えすぎ、悩みすぎ、不安の気持ちは生理を狂わせる

 

血の流れをスムーズにするためには心臓の働きが重要です。生理と心臓は、深く関わっています。

 

心臓に大ダメージを与えるのは、特に抗生物質。間違った食事、運動不足なども大敵ですが、抗生物質のほうが遥かに強い。

 

意外と見落としがちなのは悩みすぎ不安心配性。このような気持ちは、心臓にダメージを与えるので積み重ねると心臓が徐々に弱くなり、ある日爆発してつらい症状として出ます。

 

いつもアレコレと心配してしまう場合は、薬と同じくらいの害があります。考えない、というのは飲まない、食べないよりも修行が要りますね得意げ

 

www.li-hari.net

生理痛、生理不順を治すためにピルを常用するのは危険! 

 

生理が不調だといって、薬でなんとかしようとするのは、一番良くないやり方です。

 

ピルを飲む女性も多いですが、様々な病気・不調の原因になります。絶対に手を出してはいけません。

 

ピルの良いところばかり伝えるお医者さんも多いですが、鵜呑みにするのは危険です。

 

ピルを飲まれている方、冷えやむくみがとても多いです。

臨床でもっとも多い重症は、乳がんと骨粗しょう症。すでにたくさんのアメリカ人患者さんが訴えているので、教訓にしないといけません。

 

www.li-hari.net

生理痛は足つぼ整体、鍼灸で簡単に治る

 
時間はかかりますが、足揉み、整体や運動などを続けて手足があたたかくなれば、心臓の力もだいぶ回復してきます。

 

生理痛に関しては、生理痛が一番つらい日を選んで足つぼなどを受けると、施術の痛みは大きくなりますが効果が早いです。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

しかし、せっかく頑張って痛い足つぼや整体を受けて生理痛がなくなっても、間違った食べ物(プライブケア禁止物)などをとれば、また生理痛がはじまるので気をつけてください。当院の禁止物一覧は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

生理痛、生理不順を最初に治せば、後々の乳がん・子宮筋腫・子宮がんなどもない

 

生理は女性にとって大切なものです。生理痛があるのは当たり前とか、周期が乱れるのは普通でよくあること、などは間違った理解です。

 

女性が健康であれば、必ず以下の症状があります。

  • 14歳で生理が始まり、49歳で閉経
  • 生理は28日周期(サイクル)
  • 生理前には必ず胸が張る
  • 生理痛がない
  • 生理中の出血は5~7日
  • 生理中は血の塊が出ない
  • 生理前のイライラ・過食症などもない

 

1ヶ月1回の生理は、女性の健康状態のバロメーター。生理の状況を見て、みんな自分で健康診断ができます。

 

甲状腺疾患、乳がん、子宮がん、子宮頸がん、チョコレート嚢腫、子宮筋腫などの病気は、最初は生理痛・生理不順から始めます。些細な症状だと思わないで、すぐ治してくれる先生を探してください。

 

病気がまだ芽の段階である時、解決するのは簡単で、将来的の大きな病気の予防にもなります。中医学でいう「未病を治す」意味。

 

www.li-hari.net

 

つらい症状があったら、放ったらかしないで、すぐ治療しましょう。ただし、病院の西洋薬は止めた方が良いです。

 

●生理と母乳が同じもの。

●生理は心臓がコントロールする事も知らないので、投薬治療でどんどん心臓がやられます。

 

足つぼ整体、鍼灸、漢方薬では生理の様々なトラブルを解決できます。困っている方は近くの信頼できる治療院に行ってみてください。絶対ピルを飲むより効果が良いです。