本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

抜歯後の痛みには薬が要らない!鍼治療だけで治る!【私自身の治療例】

【※ 本記事は2019-03-27更新しました 】

 

こんにちは。李哲です。

電車でロキソニン広告を見て、検索してみたら副作用(経験話)を書いた方がいました。

 

以下はリンク先の記事(親知らず抜歯後の痛み):

痛みを止めるはずのロキソニンで物凄く痛い目にあった話

 

ちょうど私も親知らずを抜いて、抜歯後の痛みに苦しんだことがあったので、自分の経験話を書きます。参考になれば幸いです。

 


 

1ヶ月くらい前に、親知らず抜歯後、歯医者さんは確かに3日の鎮痛剤などをくれました。2種類の西洋薬。(ロキソニン類かどうかは、確認してません)

 

「出血が続いて、痛みが増えるかも知れない」と、優しい歯医者さんが言ってくれたのです。

 

中医学の信者だと言って、

歯科を診ないことはありません。

むしろ、歯科は西洋医学のほうが良いです。

 

歯を抜く・歯の掃除をするのは、テクノロジーだから西洋医学のほうが強い。

 

歯の形を直してもらうのは良いけど、鎮痛剤はもらっても家に帰ってすぐゴミ箱に捨てました。

 


 

運が悪かったせいか、家に帰ってから出血が止まらない。そして、徐々に痛みが増えました。

 

岩塩で歯を磨くと少しは楽になりますが、やはり抜歯後の出血.痛みはあまり減らない。

 

20180321142901

 

漢方薬がないので、手元にある鍼を自分に刺しました。

 

選んだのは、

合谷穴。

曲池穴。

頬車穴周辺の圧痛点を2つ探して、左右のほっぺに2本ずつ。ネズミのヒゲみたいになりました。

 

その間にパソコンを見ながら、気を紛らす。

15分位に一回鍼を回して、気の流れを良くする。

 

まあ、鍼を回す時は響きがすごかったけど、抜歯後の痛みと比べたら可愛いもんでした。そして、1時間くらいで鍼を抜き。

 


 

施術後、痛みと出血は少し楽になった感じで、次の日も出血.痛みが止まらないなら、続けて刺すつもりでした。

 

翌日、朝起きたらだいぶ楽。

翌日の夕方になった時は、普通にご飯を噛んで食べられて、続けて鍼灸をする必要もなくなりました。

 

抜歯後の痛みがある方は、近くの鍼灸院など利用したらどうですか?

鍼は鎮痛剤よりも効き目があります。

(もちろん、鍼灸師の腕にもよる)

  


 

歯の痛みに関して、ロキソニンなどの鎮痛剤も要りません。 

西洋薬のロキソニンは、安全で胃にやさしいと言われてますね。

 

しかし、副作用一覧表を見ると笑っちゃいました。

 

 以下は一部分の副作用。

  • ショック
  • 心不全
  • 肝機能障害
  • 急性腎不全

 

何言ってるんですか?

この後は死亡しかないですよ!

まあ、即死しなければ、やさしいと言えるのが西洋薬でしょう…

 

▼以下はロキソニンに関する副作用。

一番多い副作用は胃腸症状です。

重大な副作用、副反応には、以下のものが報告されております。

・喘息発作、ショック、アナフィラキシー様症状
・心不全、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少
・消化性潰瘍、胃腸出血、胃痛、腹痛、下血、吐血
・肝機能障害、黄疸
・急性腎不全、ネフローゼ症候群
・皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、無菌性髄膜炎

これ以外の副作用、副反応には、下記のものがあります。

・胃痛、腹痛、吐き気、吐く、口内炎、食欲不振
・肝臓、腎臓の機能低下、むくみ
・発疹、じんま疹
・かゆみ、かぶれ、発赤、発疹、刺激感

 

以上の副作用を見て、鍼で歯の痛みを治すか、病院の薬を飲むか、どうぞ選んでください。