本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

脳腫瘍とリンパ癌は10ヶ月の漢方薬で完治。肝硬変患者は腹水が消えて、食欲がよくなり、大小便も正常になった…などの漢方薬治療例

【※本記事は2019-08-22更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、こちら

 

1.10ヶ月の漢方薬で脳腫瘍、リンパ癌が完治されたと病院で診断

03/01/2006。

晴れ、涼しい。

 

ヨルダン人。

彼のことは、05/24/2005の治療日記をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

今日、彼のお兄さんが両脇の筋肉痛で診察に来ました。

 

お兄さんはついでに、弟さんの近況報告をしました。弟さんはリンパ癌と悪性脳腫瘍に診断されてこちらに来て、その後はずっとヨルダンに帰ってました。

 

現在、ヨルダンの西洋医学の先生に、検査して完全に正常だと言われました。

 

漢方薬を飲んで10ヶ月、今はがん細胞が見つからない。全て回復してます。

 

私はお兄さんの話を聞いて、もちろん嬉しかったです。

弟さんは漢方薬を10ヶ月飲み続けてました。お兄さんがずっと漢方薬を購入して、ヨルダンに送ったのです。

 

無知な中国人よ、あなたは10ヶ月も漢方薬飲めますか?

アホな中国人患者は、2週間飲んだだけで「いつまで飲めばいいか?」と質問してきます。

 

しかし、西洋薬を飲む時は、一生飲まないといけないことは知っている。死んでも後悔はしない。何故かというと、彼らは西洋医学を信じて中医学は信じてないから。

 

中医学を信じないなら、診察にも来ないでください。

 

www.li-hari.net

 

私は毎回このような中国人を診る時、アメリカ人の弟子に任せます。

 

アメリカ人が「西洋薬は無駄だ」と言うと、彼らも無言になる。

アメリカ人だからといって、中医学の勉強が出来ないと、勘違いしないでください。

 

今日、一通の電話があったけど、彼の一人の患者さん。

肺がん治療で3週間くらい漢方薬を飲んで、病院の検査を受けたら2割良くなっているそうです。

 

良くならないワケがない。

強い将軍には弱い部下がいない。

彼は私が訓練して育てた人です。

トリカブト.硫黄.大戟.甘遂.笎花など毒性が強い生薬を使う時、迷いもしません。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180420/20180420174815.jpg

【⇧ 大戟(だいげき):とても強烈な水を出す生薬。】

 

彼は私のところで研修してるから、たくさんの治療例を見てます。今は彼の成長を見て、本当に嬉しくなりました。

 

肺癌は他にも治療例があります。

以下はその一つ、どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

2.腹水が消えて、食欲がよくなり、大小便も正常になった肝硬変患者

 

今日、再診に来ました。

主な進歩は

  • 腹水症は消えた
  • 食欲はとても良い
  • 顔色が良くなっている
  • 睡眠は改善された
  • 大便は正常になっている
  • 小便の色まで薄い黄色になった

治療がうまく行った主な理由は、彼の賢さ。

彼は最初から最後まで、西洋医学の治療を受けていません。

 

抗がん剤.手術など過度な治療を受けなければ、病気を治すのは難しくない。

 

しかし、西洋医学は患者さんを手放さない。

いつも脅迫と脅かしで患者さんを騙している。

その結果、死ななくても良い人がたくさん死んでいます。

 

肝臓に問題が起きたら、すぐ中医学の治療を受けてください。放ったらかししないで!もし、病状が悪化したら、中医学の治療でも無理かも知れません。

 

肝臓がんの治療例はほかにもあります。

以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

肝臓の病気になりたくないなら、私の診療所にある漢唐-68号の説明書をご覧ください。

 

治せる医師こそ、予防の話ができるでしょう?

西洋医学は今まで一人も治した事がないのに、ワクチンで予防ができるといいます。

 

本当に笑い話!

 

この患者さんは、一つ不思議な症状があります。40年前に手術した傷口、漢方薬を飲んでから赤く広がっています。

 

患者さんの肝硬変症は、当時の車事故で胆のう破裂し全摘手術をしたから、40年経ってから肝硬変症になったのです。前の治療内容は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

3.大腸がんが改善:氷食症がなくなり、睡眠の質も良くなってきた

 

一人の大腸がん患者さん。

再診に来ました。

 

形がある大便に変わり、顔の赤みは減りました。

氷食症(氷が好き)も治って、両足は暖かくなり体力が増え、睡眠も良くなっていました。

 

私は話したことがあります。

彼は西洋医学の治療を受けてないから、治すのは楽ちん。

 

もし、あなたが手術で大腸がんの腫瘍を取って、その後抗がん剤をしたら、あなたは確実に死ぬ。

 

このような病気は、中医学しか助けることができません。