本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

ミフェプリストンの副作用で腎不全になり、人工透析を受けるしかない女性

【※本記事は2021-04-23更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

ニハイシャ先生の弟子たちが書いてるfacebookで見た内容を話します。中国語本文は,以下のリンク先をご覧ください。

 

 

治療例を簡単に説明します。

20代の女性、腎不全で人工透析を受けている患者。

腎不全になる数ヶ月前(まだ大学生の時)、何ヶ月かごっそり「RU-486」を飲んだそうです。

 

この「RU-486」は、日本語でいうミフェプリストン

ミフェプリストン (Mifepristone) は、1980年代からEUや米国、中国で承認、販売されている経口妊娠中絶薬。開発名「RU-486」。

 

因果関係があるかないかは公式発表はないけど、治療例を書いた先生は「因果関係がある」と言ってました。問診でほかの腎臓を壊す原因がなかったから。

 

f:id:li-hari:20181213004839j:plain 

 

中医学理論でいうと、妊娠は腎臓が司る機能です。

ミフェプリストンで妊娠中絶になるので、腎臓に悪影響がある。腎不全で人工透析になるのもあり得る話です。

 

日本ではすでにミフェプリストンの厳重な副作用が報告され、禁止されています。ただし、日本には妊娠予防のピルがある。しかも、大量に売られています。

 

生理が来ない。

生理痛。

生理周期が乱れる。
避妊。

何でもかんでもピルを処方。

 

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180603/20180603212910.jpg?1528029139

 

ピルは安全なものなのか?

残念ながら、ピルは安全ではない!

 

調べればたくさんの副作用が出ます。

以下はネットで見た悲惨な経歴。

無月経で悩んでいます : 心や体の悩み : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

被害者は彼女以外にも、たくさんいます。ニハイシャ先生は、一つの症例で女性ホルモン剤に対して痛烈批判してました。以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net 

体内のホルモンの代わりに働いて、むりやり生理を調整するピルは化学薬品で、体が自分で作り出したホルモンではありません。

 

ピルの服用中は、ホルモン分泌する臓器が眠ってしまいます。臓器が働かなくても、外からのホルモン代用品があるから。

 

臓器が長期間眠っているとどうなるか?

萎縮して機能を失うのです。

運が悪かったら一生機能しなくなるかも知れない。中国のネットで見たのは、卵巣は3年くらい眠っていたら、卵子分泌機能が停止状態になるそうです。

 

卵巣が機能停止すると、もちろん妊娠できません。卵巣以外に、ほかの臓器に与える悪影響も、まだ完全に把握されてない状態です。