本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肝硬変症で吐血、余命2ヶ月の患者、腹水が再発したのを漢方薬で救ってきた

【※本記事は2019-05-30更新しました】

 

こんにちは。李哲です。
今日は、ニハイシャ先生の治療記事。

食中毒で肝硬変の腹水が再発した患者を、鍼灸と漢方薬で救ってきた例です。


本文の中国語記事リンク先は、こちら

 

肝硬変症で吐血、余命2ヶ月だった患者は元気に過ごしている

 

患者さんの名前はT.R君。

1939年アメリカ生まれのドイツ人。

 

40年前に車事故で胆嚢破裂当時は手術で胆嚢を切除しました。

今年の2月8日、肝硬変症で吐血、そして腹水症になり、西洋医学の先生が言うのは「肝臓移植手術しかない。そうじゃなかったら余命2ヶ月。」

 

彼は過去の治療記事にも書きました。

 

www.li-hari.net

 

その時、私は彼を1回救いました。

治療にかかった時間は約2ヶ月。

 

今年の6月、彼は奥さんと一緒にラスベガスに2週間旅行してきて、すべて調子が良かったです。

食中毒で一気に悪化し、また肝硬変の腹水が現れた

 

今年の8月、人紀クラスの講義を終えた後、台湾からアメリカに戻った次の日、彼はまた診察に来ました。

 

昨日、腐ったサンドイッチを食べたら、心臓がバクバクする。嘔吐。眠れない。便秘。小便の色が濃い黄色。右脇腹の所が痛い。全身に脂汗が出ている。

 

これは完全に食中毒の症状です。

 

私はすぐ大黄甘草湯を出しました。

この処方箋は食中毒の時、胃袋の中の食べ物を素早く体外に出すもの。

f:id:li-hari:20180507184705j:plain

大黄の画像

しかし、もう遅かったです。

彼は当日の夜から吐血し始め、翌日にはすでに腹水症になり、体重が1週間で一気に13kgも増えました。悪化する速度は私の予想外。

 

ニハイシャ先生の腹水に関する治療例は、ほかにもあります。

以下は一つの治療日記、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

重篤な状態でも、漢方薬しか信じない患者

 

09/01/2006。

再診の時、

  • お腹は太鼓みたいに腫れている
  • 睡眠はまだ良い
  • 小便は濃い黄色で尿が出ない
  • 両足はとても浮腫んでいる

 

彼の食中毒は大黄甘草湯で消えたけど、毒素が広がって肝硬変症がまた再発したのです。

 

彼の症状は

  • 食欲はまだ良い
  • 味覚も良い
  • 便秘、出る時は黒い便
  • 脈診はゆっくりで無力
  • 両足は氷みたいに冷たい

 

顔色から分かりますが、彼はドス黒で顔には艶もない。

中医学の診断から見ると、彼はすぐ死んでもおかしくないところでした。

 

彼も自分が死ぬかも知れないことを分かっていて、私に一語だけ言いました。

「ニハイシャ先生、できることでいいです。すべて先生の言うとおりにします。」

 

今度の肝硬変症は前回と違う。

私は詳しく調べました。

 

彼は肝硬変症以外に、心臓と腎臓も衰弱し始めてる。だから、両足の浮腫んでいます。

 

無気力で私を見てる彼に、正直な話をしました。

「状況はとても楽観的ではないので、鍼と漢方薬を同時に使います。

もし何回も治療した後に変化がなかったら、他の治療院を探してください。お金と時間を無駄にしないで。」

 

彼は笑いながら言ってました。

「先生しか信じません。」

 

当時、私のプレッシャーは本当に強かったです。

 

鍼治療と漢方薬とお灸、あらゆる手段でやっと救ってきた

 

鍼したツボは陰陵泉。地機。三陰交。奇穴の肝1,肝2,肝3。章門。期門。足の三里。関元。巨闕。背部は腎兪。京門。肝兪。脾兪。心兪。

 

鍼は兪幕治療法と奇穴治療法を組み合わせて、胃腸の調子を良くするツボを選びました。

 

処方箋は保留します。

製薬会社に取られて特許にならないように。

 

針は2日に1回しました。

下半身のむくみが余りにもひどいので、麝香XX散をへそに貼ってむくみを取るようにしました。

 

そして、家族にはお灸のやり方を教えて、帰ってから毎日やるように指示しました。

 

9月1日から今日まで、20日経っています。

顔色から分かりますが、彼は回復し始めている。

腹水症と下半身のむくみも減り始めました。

 

今日、彼が言うのは「体重が89kgまで下がって、あと4kg下がれば最適の体重になります」。

 

彼の回復は時間の問題でしょう。 

 

以下は、肝臓移植も要らなくなるくらい回復した、ニハイシャ先生のもう一つの治療例。どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

重篤患者の治療で得た2つの教訓

 

私たちは彼の治療例から、以下の教訓を得るべきです。

 

腐った食べ物は、一気に病状を悪化させる。

まだ療養中の患者さんは、腐った食べ物はとても気を使うべき。そうじゃなかったら、一気に死亡する可能性がある。

 

新鮮な食べ物は、患者さんの回復にとても大事なものです。

 

過度な検査は要らない。

内臓は生検を一番嫌がっています。

過度の放射線検査も避けるべき。

 

このような検査は治療できるところか、病状を悪化させてその後の治療が難しくする。

 

だから、私はよく言ってます。

「西洋医学は治せないくせに、いろんな検査で更に病状を悪化させて、中医学の先生が診る時はとても難しい。治せないなら、最初から中医学の治療に任せとけば?」

 

今日まで私は彼を2回連続で救いました。

救えた原因は、彼が西洋医学の治療を受けてない

血液検査くらいはしたけど、それ以外の治療は受けてないです。

 

最後に私は彼に話しました。

「食べ物が新鮮でなかったら、食べないでください。

今度使った生薬は1回目より多いです。そして、量がとても多い。

 

貴方がもし3回目に再発して私がアメリカにいなかったら、貴方が生きるチャンスはほとんどないです。だから、貴方には生きるチャンスが2回しかないと言うのです」

 

f:id:li-hari:20181218123202j:plain

 

「漢方薬は飲まないで!とすすめる、悪質な西洋医学の先生

 

台湾大学医学院(日本でいう東大医学部と同じ偉いところ)は、全世界で一番悪質な病院である。ほぼ全員の先生が患者さんに教えるのは、「漢方薬は飲まないで!」

 

現状を見てみてください。

何人もの肝臓病の権威が、肝臓病で死んでいます。

 

彼らの中医学を攻撃するのが止まない限り、私の闘争は終わらない。

私は彼らが肝臓病で苦しみながら死ぬのを見ても、救援の手は出さない。彼らが反省しない限り。

 

胆のう切除した人は、長期的に漢方薬を飲む必要がある

 

皆さん、もし胆嚢摘出手術を受けたら、貴方は長期的に漢方薬を飲む必要があります。西洋薬は飲まないで!

 

中医学の理論で、胆嚢は【清静之府】。

【十一臓腑は胆嚢が決める】。

【胆主浸】。

 

つまり、胆嚢がなくなったら、体内の毒素は出にくくなります。

 

西洋薬とビタミン剤まで飲んだら、体内は毒素まみれになり、将来的にひどい病気になります。

 

彼はずっと漢方薬(粉薬)を飲んでました。

彼の感想は、「とても調子が良い。」

あの腐ったサンドイッチじゃなかったら、彼はもっと調子がよくなるはずだと言ってました。

 

そして、普段から粉の漢方薬を飲まなかったら、きっと今度は死んでいたはずだと言ってました。

 

皆さん、もし私が自分の為に広告文を作ったと思ったら、ぜひ漢方薬を飲まないでください。

 

私がこの文章を書いたのは、皆さんに一つだけ知ってほしいのがあります。

 

我々は肝臓病で死ぬことは避けられます。

肝臓病は予防ができる病気。

 

ニハイシャ先生の肝臓病に関する論文があります。

肝臓病の予防なども触れているので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

後書き:注意事項

①体内に水がたまったとき、西洋薬で外に出しても、その水はまた戻ります。

なぜなら、溜まった水は水蒸気みたいにならないと、体は治らないからです。

利尿剤だけでは治りません。

 

我々は常に体を鍛えて、強くしないといけない。

万が一の食中毒にも負けないように。

 

最近、アメリカのほうれん草中毒事件。

 

ある人は食べて死亡。

ある人は吐いて下痢して治った。

ある人は気持ち悪いだけで済んだ。

皆同じ物を食べたけど、反応はバラバラです。

 

普段から西洋薬.ビタミン剤をたくさん飲まない人は、免疫力はとても強いので、突然の事故に対応できる。

 

しかし、普段からワクチン接種する。西洋薬..ビタミン剤を飲む。病院に行って健診するのが好きな人は、対抗する力はありません。