本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

心不全で死にかけた患者を、漢方薬で救ってきたetc.

【※本記事は2019-05-13更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記。

 

心不全で死にかけた患者を救ってきた例と、原因不明な皮膚病、乳がんなどの治療内容が入っています。

 

中国語本文のリンク先は、死亡氣色與潰爛手掌

 

 

心不全で死にかけた患者を救ってきた

 

11/01/2006、曇り。

死亡の顔色が映った患者さん、今日また診察に来て鍼灸治療も受けました。

顔色は正常に戻って、生徒さんは私たちのネットワーク上で写真を見ることができます。

 

彼の例は前回の記事で書きました。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

 

今日鍼灸したツボは、公孫、内関、天突、巨闕、関元。

耳にも心臓の反射区に円皮鍼を埋めました。

 

煎じ薬の中、生のトリカブトは1日6銭、だいたい21.6g。

彼は今日まで8日、全部で182.8gの生のトリカブトを飲みました。

 

病状は進歩しています。

 

今日時間があるので、皆さんに説明したいと思います。

 

彼はすでに心臓ベースメーカーを入れています。

心臓の上に2本の電源ケーブル、動脈には4本のバイパスが入っている。

 

それでも、彼の心臓は調子が悪くて、心筋梗塞になっています。

 

彼の治療例から分かりますが、加工したトリカブトは無効。

生のトリカブトを使わないとダメです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506172621.jpg

【▲ 心不全を治す救命用の生薬:附子(トリカブト)】

 

しかし、生のトリカブトを使うのは私と私が教えた生徒さん。

私はほかの中医学の先生が使うのを見たことありません。

 

これが中医学の没落した一つの原因です。

 

たくさんの名作と大事な生薬が失われ、中医学の治療で重病が治せないと言われています。本当のことは、漢方薬の治療は効果がとても良い!

 

この治療例で説明しますが、西洋薬はすでに無効だと宣告しています。 

彼がもし私のところに来なかったら、確実に死ぬ。

 

彼はまだアメリカにいて良かったです。

なぜなら、地元の中医学の先生は彼みたいな重病は、すぐ西洋医学の病院に送らせる。そして、病院の治療が無効になった時、患者さんは最後また私のところに来るから。

 

彼は今日私に話したました。

「両足はやっと暖かくなり、体力は回復して、睡眠はとても良いです。」

 

彼の奥さんは脳神経外科の先生です。

今中医学の治療効果を眼の前にして、奥さんは中医学の勉強を始めようとしてます。

 

ご主人を全く治せない医学を勉強して、どこに使うんですか?

 

手のひらがただれ、ステロイドも効かなかったけど、漢方薬・鍼灸では良くなる

 

一人の患者さん、手がただれて1ヶ月。

先週、診察に来ました。

 

忙しくて書けなかったけど、写真だけは撮らせてもらいました。

 

今日、患者さんは診察に来ました。

手掌の爛れはだいぶ良くなっています。

 

初診の時、手掌はとても痒くて、掻いてたらただれて膿が出てるのに、痒みは全く変わらない。

 

私はパッと見ただけで分かりました。

 

これは血液中に毒素がある。

手掌は、また心と心包の経絡が通る道。

 

すべての痒みは肝臓から来てます。

肝臓は血を蓄える臓器。心臓は血を生じる臓器。

 

私は心包経絡の間使と合谷穴、曲池を刺して、粉薬で手掌に塗るように渡しました。(処方箋は保留します。)

 

今日、患者さんが来て話したのは、前回針をして粉薬を塗ったあと、効果が良かったけど昨日と今日は少し悪化した。

 

カルテを見たら、私があげたのは5日分の漢方薬しかない。だから、2日も漢方薬がなかったのです。

 

今度私は十分な漢方薬を出して、同じツボを刺しました。

 

このような病気はまれかも知れません。

しかし、中医学の先生は、何でも治せるようにしないといけない。

 

見たこともない病気でも、中医学の生理学.病理学理論が強ければ、処方箋を組み立てて、解決できます。

 

以下の二枚は、治療する前の写真。

(治療後の写真はなぜか表示されないので、引用できてない。)

 

手のひらのただれ

手のひらのただれ

 

このような病気、西洋医学の皮膚科医も何が原因か分かっていません。

 

彼らはステロイド剤しか知らない。

しかし、ステロイドも効き目がありません。

 

ドチにせよ、中医学の治療は西洋医学の治療より有効。

これが一つの証明です。

 

本当の乳がんかどうかは、中医学ですぐ分かる

今日、私の常連患者。

92歳、女性。

 

彼女は左胸が痛くて、病院の検査を受けたら、「マンモグラフィをしなさい」と言われました。しかし、彼女は拒否。息子さんと喧嘩しながら、「中医師のところしかいかない」と言って来ました。

 

彼女が言うのは、「絶対西洋医学の治療を受けない」

診察室に入って、彼女はホッとしてました。

 

読者の皆さん、あなたはは92歳まで生きた人の決断力を信じますか?

 

平均寿命が54歳しか西洋医学の先生の話を信じますか?

(李哲 解釈:アメリカ西洋医学の先生、平均寿命は54歳だそうです)

 

私は一つのところを押したら、彼女は「痛い痛い」と叫んでました。

 

これは乳がんではない。

過度の母乳が胸に貯まってできた塊です。

 

私は彼女に話しました。

「あなたは乳がんではない。

サプリメントと乳製品と牛乳を止める必要があります。」

 

彼女は素直に話しました。

「最近は牛乳を飲み過ぎたかも…」

 

このような西洋医学の治療が入ってない病気、中医学にとって難しいことはない。

 

西洋医学の過度な検査が、乳がんの本当の原因です。

 

だから、私は女性によく言います。

「マンモグラフィ検査はしないで。

これは乳がんになって欲しくないからです。」