本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

1週間で関節の痛みと不眠症が治り、乾癬まで良くなった小児麻痺の患者。糖尿病の治療薬で緑内障・手足の切断・心臓病・脳卒中・腎不全になる。

【※本記事は2020-08-28更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記:小兒麻痺與牛皮癬を翻訳しました。参考になると幸いです。

 

1週間で関節の痛みと不眠症が治り、乾癬まで良くなった小児麻痺の患者

 

11/15/2006。

バームビーチから来た女性、55歳。

2年前に小児麻痺だと診断されました。

 

彼女の初診は10/30/2006。

彼女はもともと、地元の中医学の治療院で1年くらい治療したけど、効果がなくて友人の紹介でこちらに来ました。

 

当時の主な自覚症状は、

  • 全身の関節痛
  • 消化不良でパン.麺が食べられない
  • 不眠症
  • 便秘
  • 両足は氷みたいに冷たい

 

初診は鍼灸して錠剤の漢方薬を渡し、11月13日に再診に来ました。

 

全体的に良くなっているそうです。具体的に言うと以下の通り。

  • 関節痛は消え
  • 乾癬まで良くなった
  • 大便は正常になり
  • 睡眠は良くなって
  • 体力も回復した

唯一、両足はまだ冷たい。

 

▼李哲の説明:関節の痛みは、鍼を受けつづける事で治ります。最強なのは漢方薬を飲みながら、鍼治療を受けること。以下は単独の鍼治療例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

 


 

彼女は車でここに来るのが4時間かかるけど、「来る価値がある」と喜んでました。地元で1年間の鍼灸.漢方薬を飲んだけど、こちらで1回治療したほうが効果良いから。

 

彼女は不思議がってました。

「なぜ同じ中医学なのに、こんなに違いますか?」

 

私は言葉を失いました。

経方家と温病派の違いは、恥ずかしくて話せなかったです。

(李哲の解釈:経方家と温病派の違いを簡単に説明すると、経方家は「傷寒雑病論」の処方箋を主に使う人。温病派は『傷寒雑病論』の処方をメインにして使ってない。)

小児麻痺ワクチンは、子供の脳腫瘍.白血病を引き起こす元凶!

 

皆さん、

小児麻痺は中医学治療で治ります。

 

西洋医学で小児麻痺は不治の病。

そして、小児麻痺ワクチンを発明して、皆さんを騙しています。

 

小児麻痺ワクチンは、子供の脳腫瘍.白血病を引き起こす元凶!

 

www.li-hari.net

 

毎回かわいそうな子供たちが死んでいるのを見ると、私の血圧は一直線で上がります。

 

人生が始まる前に、死ぬしかない運命。

これが西洋医学の「傑作」。

 

悪魔のワクチンがたくさんの悲劇を作り出したのに、衛生署は義務付けにまでしているのは、火に油を注ぐやり方。

 

かわいそうなのは民衆。

死ぬのも民衆。

皆さんには幸運を祈るしかありません。

 

▼李哲の説明:ニハイシャの治療例には、小児麻痺を改善した例があります。以下の記事、参考にしてください。

www.li-hari.net

糖尿病の治療薬で緑内障・手足の切断・心臓病・脳卒中・腎不全になる

 

今日、病院で2型糖尿病だと診断された患者さんが来ました。

 

白人男性、55歳。

糖尿病以外に、手首の関節痛があります。

彼は薬で血糖値を3年くらいコントロールしてました。

 

私は彼に教えました。

「続けて西洋薬を飲んだり、インスリンを注射したりしても、血糖値はコントロールできません。最後は全身の浮腫と腎不全、両目も緑内障になる。両足に傷口ができたら、足の切断から始まり、切るところがなくなったらあなたも死ぬ時です。」

 

彼の答えは、

「私のお父さんが、先生が話したように死にました。お父さんの例で教訓を得たので、西洋薬を止めたくて来ました。」

 

▼李哲の説明:糖尿病に対する漢方薬治療効果がどれだけ良いのか、以下の記事を見れば分かります。

www.li-hari.net

 


 

西洋医学の2型糖尿病に関する研究は、笑い話のレベルです。

 

私が皆さんに2型糖尿病の事を教えます。

 

西洋医学は2型糖尿病の原因が分からない。

でも、ボロ儲けするために、血糖値をコントロールしないと将来的に緑内障.腎不全.心臓病.脳卒中になると患者さんを脅迫して、死ぬまで薬を飲ませます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180605/20180605141355.jpg

 

皆さん、考えて下さい。

アメリカには何百万人の糖尿病患者さんがいます。

みんな血糖値を正常値範囲にコントロールしています。

 

しかし結果は?

 

毎年血糖値が上がるので、薬を増量している。

血糖値が正常値なのに、緑内障.腎不全.心臓病になっています。これは明らかに西洋医学がウソをついてる事を証明します。

 

血糖値が正常値なのに、なんでまた緑内障.腎不全.心臓病になりますか?

 www.li-hari.net

 


 

緑内障、腎不全、心臓病は西洋薬の副作用からくる病気です。血糖値をコントロールしないと将来的になる病気が、ちょうど西洋薬の後遺症。糖尿病から来るものではありません。

 

エイズも全く同じで、西洋薬が引き起こした病気!

 

www.li-hari.net

 

西洋医学の先生は、もう患者さんを騙さないで下さい。あなた達が間違いを認めるなら、ある日あなた達が病気になった時、私は救援の手を出します。もし認めないなら、将来的にお腹まで切って切るところがなくなって、西洋医学の治療で死ぬのも良いかも。

 

彼は西洋薬を3年しか飲んでない。

だから、治療は楽ちん。

 

▼李哲の説明:以下はニハイシャ先生の糖尿病治療例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

1型糖尿病はワクチンの後遺障害

 

1型糖尿病は、インスリン依存型の糖尿病。

特にB型肝炎ワクチンが引き起こします。

 

ある人たちはアレルギー体質で、ワクチンを打った同時にすい臓の機能がなくなり、一生インスリン注射をしないといけない。

 

皆さん、私がよく言うのが分かったでしょうか?

 

たくさんの病気はもともとは存在しない、西洋医学が作り出した病気。

 

製薬会社の裏面を見破れれば、あなたも健康で長生きができます。

 

www.li-hari.net