本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

膵臓がん、激しい嘔吐、不眠症、下痢:風水学と漢方薬治療の併用(2019-01-22更新)

こんにちは。李哲です。 

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、鐵口直斷

 

 

1.不幸にも、夫婦ふたりとも癌の闘病生活

11/28/2006。晴れ。

夫婦がテキサス州から来ました。

 

この夫婦は1998年、私のところで占いと風水を見た事があります。

 

当時、私は夫婦に言いました。

「今住んでいるのは危ない物件です。私が方位を教えて変えても6年しか持たないので、6年以内には必ず引っ越しして下さい。 そうじゃなかったら、必ず夫婦の死別になります。」

 

これは1998年のことだったので、私はすっかり忘れてました。

今日夫婦が来た時、私に教えたのが奥さんは2004年に子宮頸がんで、手術したあとに抗がん剤を続けてる。ご主人は肺がんで、今は10クール目の放射線療法を受けている。

 

夫婦は偶然に親友から私の名前を聞いて、何処かで見覚えがあると思い、私がネットに書いた文章をよく見たら、奥さんは読みながら泣いてたそうです。

 

そして、今日やっと治療に来たのです。

「なんとか助けて下さい!」と言ってました。

 

なんとか助けてください!

 

私もこの結果を聞いて、とても悲しくなりました。

でも、運命的にこうだし、1998年の時でも忠告したのに、それでも不幸は起きてます。

 

夫婦は当時、私が占った紙を出して見せてくれたけど、運命の神様と争って見るしかなかったです。

 

中国の伝統文化で言う『三才』は、天.地.人です。

たくさんの学者は口にするだけで、どうやって利用するかは知らない。

 

今日、私は皆さんに少し説明したいと思います。

 

いわゆる占いは、天です。

つまり、生まれてから決められた運命。

 

占いの本来の目的は、運命にある悪い事が起きる時期を知ること。時期さえ分かれば、地と人の知識で避ける事ができます。

 

人と言うのは、医学知識。

地と言うのは、方位学(地理知識)。

 

もし天.地.人が各3分の1を占めるなら、人に関する正しい医学知識と地に関する有利な方位学で、3分の2になります。

 

運命の3分の1より大きいわけ。

これがいわゆる運命との争い。

私が人紀クラスの生徒さんに教えたいのもこれです。

 

現在、運命で死ぬと決められた人は、西洋医学の治療を受けると必ずその時期に死ぬ。

 


 

今度はこの夫婦を例にして、皆さんに説明します。

私の生徒さんは何を言っているかが分かるでしょう。

 

私はご主人の寝る方位を東南から南に変えました。

そうするとご主人は『天火同人』になる。

とても良い方位です。

 

奥さんは東の方位に寝かせました。

『地雷復』になります。

 

雷が地から出る、これは一陽来復の時期。子宮がちょうど一陽来復の臓器です。

 

私は方位を調節した後に、漢方薬を出しました。

地.人と運命の神様との争いはこれで始まりました。

 

もし、西洋医学にこの夫婦を渡したら、夫婦は必ず運命通りに死ぬ。しかし、中医学に見たもらうと、生きる可能性はあります。

 

西洋の人は、三才なんか知りません。

彼らがいろいろやったのは、全部運命通りに死んでいるだけ。ちっとも生き残るチャンスがありません。

 


 

今度はすでに西洋医学の治療が半分くらい始まって、私の勝つ可能性は更に少なくなっています。でも、私は頑張ってみたいです。

 

お互いに愛してる夫婦。

今はふたりとも癌になり、ご主人は全身に拡散してる。

救えるかどうかは分かりません。

 

しかし、諦めないのは変わらない。

私が手を出さなかったら、誰が助けますか?

 

夫婦は二人の子供がいて、94歳のお母さんもいます。

 

私は夫婦に言いました。

「お母さんの飲食習慣など見習いなさい。

94歳まで生きているから間違いない。

安心して下さい。私は必ず全力でやりますから。」

 

将来退職したら、本を書く以外に、占いをして運勢を変えたり、PUBを経営して音楽を楽しみたいです。退職後の事を考えたら、とても楽しみ。

 

退職後にパブを経営するのが、ニハイシャ先生の楽しみでした。

退職後にパブを経営するのが、ニハイシャ先生の楽しみでした。

2.激しい嘔吐、不眠症、下痢のすい臓がん 

一人の女性。

40歳。すい臓がん。

見た目は50歳以上。

 

彼女はデューク大学で手術したけど、まだ淡黄色の顔色です。病状は少陰から厥陰に入っていました。

 

彼女の主な自覚症状は、

  • 食欲が無い
  • 下痢
  • 嘔吐が激しくて、食べたらすぐ吐いて、その後は下痢
  • 不眠症
  • 体内は熱くなったり寒くなったりする
  • 両足も熱くなったり寒くなったりする
  • 手術した傷口はとても痛い
  • 脈診では無力で虚数

 

これは寒熱が併結してる厥陰の症状です。 

『傷寒雑病論』の第473条の乾姜黄芩黄連人参湯 の症状。

私は先に、この処方箋をアレンジして出しました。

 

f:id:li-hari:20180608130021j:plain

黄芩(おうごん)の画像

 

彼女は病気になる前は、コーヒーと甘いものが大好きだったそうです。だから、今すい臓がんになっているのです。

 

読者の皆さんは私の話を覚えて下さい。

そうすると、すい臓がんで死ぬことはありません。

 

コーヒーと甘いものが好きな方は気をつけなさい。

今まで私が診たすい臓がんの患者さん。100%みんなコーヒーと甘いものが大好き。

 

例外がありません!

 

読者の皆さんは、この悪魔の食べ物から遠く離れて下さい。

 

甘い物、コーヒーはすい臓がんを引き起こす

甘い物、コーヒーはすい臓がんを引き起こす

3.中医学を信じない人は来ないで 

前回、11月6日に書いたベトナム系のアメリカ人  、おそらく死んだと思います。

 

彼の息子さんは漢方薬を信じない。

先週、患者さんが縦続くシャックリの時は、すでにもうすぐ死ぬ寸前でした。

 

患者さんの家族が信用してないので、強い薬は出してない。

 

強い薬はみんな毒性が強い。

死ぬか生きるかの境界線は明らかである。

 

もし、私が救えなかったら、患者さんは漢方薬のせいで死んだと思う。すい臓がんで死んだと思わない。だから、私は最後の手を出してなかったです。

 

中医学を信じない人は、私のところに治療に来ないで。

 

あなた達が何を考えているか、私はよく分かる。

中医学を信じないのは、あなたの自由です。

 

信じているふりをして、診察にくる必要はない。

私はひと目ですぐ分かります。

 

病気の治療もできなくて、逆に恨みを買う必要はないでしょう?

 


 

私が一部の中国人が大嫌いなのは、自分の子供はアメリカ教育を受けているから、中医学は信じないと言うこと。

 

信じないならそのまま言えばいいのに、なんで自分の子供のせいにしますか?

 

あなた達の理論は、私のところでは適用しません。

何故かと言うと、私の患者さんはみんな正真正銘のアメリカ人で、アメリカ式の教育を受けたからです。

 

アメリカ人は、ずっと西洋薬の毒害を受けて、今は中医学を信じています。

 

私が来るまで、彼らは他に選択肢がなかったです。

しかし、今は選択肢があるから、彼らは迷わず中医学の治療を受けています。

 

アメリカ人は、西洋医学にとても詳しいです。

無知な人こそ、西洋薬を信じている。

 

良心的な医療関係者だけ、真実を述べて、他の良心を捨てた人たちは、みんな製薬会社の為に話してる。

 

こちらに治療に来る時、よく考えてから来て下さい。中医学を信じてないなら来ないで。

 

金払ってボロクソ言われるから。

4.李哲の感想

この夫婦は、本当に運が良かったと思います。

2回も先生に会えるなんて。

 

地理方面の知識(方位学)がなければ、いくら漢方がうまい先生でも、いくら鍼灸がうまい先生でも、この難関を通すことはできません。

 

中国伝統文化の「三才」。

その素晴らしさは、一般の人は理解出来ないかも知れませんが、いったん自らの体で経験すると分かります。

 

「三才」に関しては、

前書いた記事もあるので参考にしてください。

li-hari.hatenablog.com

  

ちなみに、日本には占い師がたくさんいますね。

すごい当たる人もいると聞いたことあります。

 

しかし、当てるだけではただの計算機です。

 

どうすれば解決が出来るか、これが大切でしょう?

 

例え貴方が、「50歳で心臓病で死にます。」と占い師に言われました。

 

「じゃ…どうすれば心臓病を治せますか?」と聞いて、「分かりません。」と言われたら、ムカつきますよね。


解決できないなら、

教えてくれないほうが増し!

 

あと10年で心臓病で死ぬんだ。

あと5年しか残ってない。

 

このように不安、恐怖が増えるだけで、なんの意味もありません。生きるのも全然楽しくない。

 

現在の西洋医学、

これと似てるものではないでしょうか。

 

どういう病気かは、よく教えてくれる。

 

どうすれば治るかは教えられない。

病気とうまく付き合いましょうの話ばかり。

 

あと、生存期間がどのくらいかは、ほぼ100%当たってる。

 

たとえ貴方が社長です。

ある課長が、これがダメ、あれがダメ、誰々のせいで会社がうまくいかないと文句ばかり言ってます。

 

社長の貴方が、どうすれば良いの?と聞いて、“まだ良いアイディアはありません。”と答えたら?

 

良くないところは、いっぱい見つける。

有力な解決策は一個もない。

 

こんな課長を雇って何するんですか?