本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

胃痛を治すのは簡単である(2018-03-06修正)

こんにちは。李哲です。

今日は教科書で習ったのと臨床での話をします。

 

①西洋医学では胃全摘術のあと、現れた不調をダンピング症状群と定義しています。

 

初期症状:冷や汗、動悸、めまい、顔面紅潮、全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感…

 

後期症状:後発性低血糖症候群。

 

冷や汗、動悸は不整脈.狭心症だと診断されるだろう。

 

めまいはメニエール症候群だと診断されるだろう。

 

全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感は肝炎だと診断されるだろう。

 

治療して新たな病気をもらう。

しかも、サービス精神旺盛なので、もらうのは1個だけではない。

 

たとえ元の胃がんが治ったとします。

こんなたくさんの症状群をもらったら、嬉しいとは言えない。

 

胃癌で死ななくてよかった!と喜ぶかも知れません。

 

しかし、肝炎は進行する度合いによって肝硬変症、肝臓がんになります。

 

低血糖症候群でも、意識障害で死に至る時があります。

 

ドチにしろ、危険な道を歩んでいる。

しょうが無いことだ!胃がんを治すためにはやるしかないんだ!と弁論するあなた。

 

それはあなたが西洋医学を選んだからである!

 

西洋医学だから、しょうが無い結果しかない。

 

中医学を選んだら、結果は違います。

 

少なくとも中医学の治療の後、ダンピング症候群なんかありません。

 

②西洋医学の高血圧症定義には、白衣高血圧.仮面高血圧がある。

 

白衣高血圧は病院で緊張するから血圧が高くなる。

仮面高血圧症は、家にいるときは血圧が高いけど、病院に行くと正常になる。

 

どういう意味かというと、ドチにいろあなたは高血圧症の範囲に入る。

 

ドチにしろ、あなたは異常のことです。

 

③通院してる女性から、悲しい話を聞きました。

 

同僚のお母さん、胃が痛いので検査に行ったら胃は正常だと言われたそうです。

 

胃痛が治らないから心身症だと診断され、抗うつ剤を飲み始めた。しかし、ツライ症状は変わらない。

 

一年経たないうちに、そのお母さんは飛び降り自殺をした。

 

皆さんはきっと病気で苦しんでいるから、自殺したと思うだろう。

 

常識で考えて下さい。

あなたは普段胃が痛かったら、自殺しますか?

 

抗うつ剤.向精神薬の副作用:自殺.自傷行為。

 

これは倪海厦(ニハイシャ)先生の翻訳文に何回も出ています。ほかの日本人の方もブログで書いてます。


あと何人死なせたら皆さんは気づくだろう…

④気持ち悪い.吐き気.食べられない.胃痛などの症状は、胃がん.すい臓がん.逆流性食道炎.胃腸炎などで現れます。

 

あと妊娠のつわり。

 

こちらの治療はあなたが逆流性食道炎であろう、胃がん.すい臓がんであろう。妊娠中のつわりであろう関係なしで、同じツボ.同じ反射区を押します。

 

妊娠中の女性は吐き気が治るだけではなくて、足のむくみがとれて足が細くなるし、腰.肩の重さまで取れてます。

今までの施術経験から見ると、効果が無い時がない。

 

そして、ダンピング症候群なんか起こしたこともありません。

 

漢方薬.鍼灸の場合、更なる良い効果が出るはずです。(腕が良い先生であれば)

 

世の中は西洋医学だけが医学ではありません。

より良い選択ができることを祈ります。