本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

食べ物で体調が早く整える(2018-03-06修正)

こんにちは。李哲です。

今日は自分の施術感想。

 

昔、バイトで足つぼ.整体をした時は、そこそこの即効性が有りました。

 

しかし、再発がとても早かった。

調子が良くなったけど、1週間くらいですぐ戻る。

 

当時の私も、なぜこれ以上に良くならないか知りませんでした。

結局、患者さんは1年も2年も通院しないといけない。金銭的にも大変な金額になります。

今は昔と違って、中医学の内容がもっと分かるようになり、食べ物.飲み物に関していろいろ要求しています。

 

早めに治ってほしいから。

そして、再発を根絶したいから。

 

臨床経験から見ると、食べ物.飲み物に気をつける方は、効果が出やすくて再発が少ないです。

 

施術の間にもちょこちょこ食べる人は、治りが遅い。

 

もちろん、治る速度は食事だけではない。年齢層.体力.精神状態…いろいろ関係あるけど、今日は食事に関する単純な比べだけです。

 

臨床で明らかに分かるのは、日常での禁止物 を根絶すれば、生理痛などは消えるのがびっくりするくらい速いです。

 

しかし、治ったあとに再び食べ始めると、生理痛はまたすぐ再発します。

 

逆流性食道炎も同じ。

食べなければ治りが速い。

 

しかし、いったん食べ始めるとすぐ胃酸が上がってきます。

 

破壊するスピードは、遥かに建設するスピードより速い!

 

臨床での施術経験が教えてくれたのは、

体調不良は確実に食べものと関連性がある。

病気の源を根絶しないと、いくら足つぼ.整体をしても、本末転倒の方法です。

 

体は食べたもので作られているので、気をつけないといけません。

 

神経質にこだわる必要は無いですが、選べられる時はなるべく選んでください。

 

f:id:li-hari:20180321152058p:plain 

補足:

李哲は絶対乳製品.ケーキなど食べないだろう?と勘違いしないでください。

 

食べざるを得ない時は食べます。全くゼロではありません。

ただし、家に帰って針をしたり足を揉んだりして、毒素を出すようにしてます。

 

幸いなことに、こんな機会は稀である。

 

食事に対して、余りにも神経質になると逆に気の病(精神からくる内臓の病気)になるので、少しの妥協も必要だと思います。

 

どこまで妥協するかは、あなた自身が決めますが。

乳製品.甘味料.コーヒーなどのゴミ食品が根絶したら、付き合いに行くのは楽ですね…