本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肺がんステージ3は回復良好。肺水腫(肺に水がたまる)を一晩で治した漢方薬治療例(2019-03-01修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、

血癌病患的愚昧

 

 

漢方薬で白血球が下がったのに、輸血して白血球がまた上がった愚か者

今週木曜日、白血病患者さんが再診にきたけど、その場で私にボロクソ言われ、すぐ外に追い出されました。

 

患者さんがどれだけバカであるか、人紀クラスの生徒さんに説明します。

人紀クラスの生徒さん以外は見なくていい。

ビビって死ぬから。

 


 

患者さんは1年前に白血球が高すぎると診断されています。つまり、西洋医学でいう白血病。

 

彼は看護師。

仕事場はレントゲン写真を撮るところに近い。

 

「白血病になった原因は、放射線と関係がある」とみんなに言われています。

 

放射能で白血病になるケースは少なくない。

だから、看護師は危ない職業だとも言えます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190223/20190223201221.jpg

 


 

最初診察に来た時、治療を担当したのは人紀クラスの王先生。今後皆さんも王先生に会えると思います。

 

王さんの治療を1ヶ月受けて、白血球は正常に戻りました。

でも、血小板はまだ少ない。

 

彼はとても緊張して、私に診てもらうことを希望しました。

 

彼は私に会って最初に言ったのは、

「前にあった不調は全部なくなっている、この一生こんなに楽な時はなかった。でも、血小板だけが少なくて、とてもうつです。」

 

私はパット見て分かったけど、彼の両目には力がない。見ただけで分かるけど、バカです。

 

私は彼に教えました。

「辛いところがなければ、問題ないです!」

 

しかし、彼はまた緊張していました。

ちょっとした皮下出血があると、毎日傷口が治らないだろう…と心配。

 

彼の体は元気だけど、気分だけは「うつ状態」で最低。

彼は皮下出血した場所を見せてくれて、自分の話が正しいのを証明しようとしてました。

 


 

先週の木曜日、彼は「血小板減少してるので、輸血した方がいいですか?」と聞きにきました。

 

私は彼に教えました。

「このような輸血は、問題解決にはなりません。

輸血は逆にトラブルを起こすから止めて!」

 

彼は私の話を耳外に流して、輸血しに行ってきました。

それで今週木曜日に来た時、顔は心配で暗かったです。

 

私は何が起きたかを聞きました。

彼が言うのは、

血小板を輸血したら、今度白血球がまた上がりました。

 

彼の西洋医学先生の友達は、「いずれかは白血病で死ぬだろう」と言って、彼はとても怖がって、どうしたらいいか分からないそうです。

 


 

私は話を聞いて、怒りが心の底から吹き出しました。

体の瘀血状態を見たら、なんと皮下出血が前より増えている。

 

本当に頭にきてボロクソ言いました。

 

叱る内容は大体以下のとおり。

あなたは死にたいのか?

私にアドバイスを尋ねて、またアドバイスを聞かない。

自分勝手に決めてトラブルが起きた時、またかわいそうな顔をして、「治して下さい」とこちらに来る、誰が受け入れると思いますか?

 

今あなたに教えます。

今日から私の漢方薬を飲んで、良くなる感じがなかったらすぐ止めて。

いい感じだったら飲み続ける。

 

あとは、私に診てもらう必要はない!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180424/20180424140250.jpg

 


 

そして、彼を受付のところに連れて行って、受付係に話しました。

 

「彼が次回に来た時、私に渡さないで。

あなたが彼に聞いて下さい。

漢方薬飲んだあと、どう?

答えは2つだけ。

 

良い感じだったら、同じ漢方薬を渡して。

良くなる感じがなかったら、漢方薬を渡さないで。ほかの治療院に行かせなさい。」

 

受付係に話して私はすぐ戻りました。

振り向きもしないで。

本当に愚かさで死ぬバカな患者さん。

 

白血病は安い漢方薬だけで治る

人紀クラスの生徒さん、この治療例を見て教訓を得なさい。

 

西洋医学では白血病が治せません。

でも、無理やり治療に介入してる。

 

結果は患者さんの状態が悪化して、患者さんは過度な治療で命を落としてる。患者さんは自らの無知と恐怖で死んでしまう。

 

今、台湾のナンバーワン金持ちの弟さん、同じように取り返しのつかない選択をしています。北京に行って骨髄移植を受けるけど、役に立つと思いますか?

 

米日の最強ドクターも呼んで手術したけど、役に立つと思いますか?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190108/20190108161043.jpg

 


 

私はもう1回言いますが、絶対役に立ちません!

その弟さんは今頃手術を受けてから、約半年経っています。

 

私の臨床経験から見ると、この半年で白血病が回復しているかどうかを判断すします。もし、回復したら入院する必要がない。退院の話がない事で分かるけど、その弟さんは再発しています。

 

間違った西洋医学の理論は、何の役にも立たない。

 

あなたがどんなに金持ちでも、全世界のスーパードクターを招いても、救うことができません。

 

なぜなら、白血病に対する認識、西洋医学は間違っているからです。

理論が間違っている先生をいっぱい集めても、白血病は治せません。

 


 

治療ができる時は、先生一人だけで十分。

治せない先生を、いっぱい集めても無駄です。

 

この金持ちは西洋医学を信じていて、すでに一人の親族を失いました。

今はまた同じミスをして、もう一人の親族を失うのが目にまるみえ。

 

これは西洋医学を信じた引きかね。

 

皆さん以上の治療例を見て、怖がらないで下さい。

白血病は、たくさんの治療費を払って治す病気ではない。

 

正しく医学を選択すれば、わずかなお金でも治せるのです。

 

たくさんの設備.人力を集めて骨髄移植なんかする必要がない。漢方薬だけで十分です。

 

万が一、将来白血病になったら、彼みたいにならないで。 

私の予測だけど、彼は将来白血病で死ぬのではなくて、愚かさで死ぬ。

 

f:id:li-hari:20180708134252p:plain

 

【▲ 白血病を根絶できるのは中医学のみ】 

 

肺がんステージ3の患者、回復が絶好調の原因

02/12/2007の記事に書いた男性、67歳。

病院では肺がんステージ3だと診断され、昨日は再診にきました。

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

彼の状況は、とても良いです。

  • 咳は完治
  • 痰はとても少ない
  • 肺の反射区は痛みが治った
  • 朝までぐっすり眠れる

 

私が眼診をしたら肺の反射区は、まだ黄色い痰の色と赤い血管がある。両手はまだ乾燥していました。

 

だから、まだ危険から逃れてないので、3週間分の漢方薬を渡して「飲み終わる頃に再診に来てください」と話しました。

 


 

彼が早く治った理由は、悟っていて、毎日毎日、肺がんを考えないからです。

 

毎日肺がんを考えて、何か良くなりますか?

 

患者さんは自分の家族とか考えるべきでしょう?

なぜバカみたいに、肺がんばかり考えますか?

 

これが彼の回復が速い主な原因です。

 

患者さんとしては、毎日若い時に彼女を口説くために映画に誘って楽しんだり、陽明山に登って新鮮な空気を吸ったり、「永遠に愛している!」と誓ったけど、ふられてまた違う彼女作りに踏ん張る。

 

このような思い出話を考えるべきです。

バカみたいに、毎日病気を考えないで!

 

f:id:li-hari:20181208200851j:plain

 

病気を考えるのは、お医者さんの仕事。

患者さんはこの枠を越さなければ、病気は良くなります。

 

毎日毎日、病気の事ばかり考える人。

私は断言します。

あなたみたいな考え方は、将来風邪をひくだけでも肺がんになる可能性がある。

肺がんになったら、あなたは更に考え込む。死ぬ日まで。

 

それであなたの人生は終わり。

こんな人生楽しいですか?

 

人生はもともと短いのに!

 

シャクリすら治せない西洋医学

近日、アメリカで報道されているのは、一人の少女がしゃっくりが1年も治ってない。たくさんの西洋医学に診てもらっているのに。

 

しゃっくりすら治せないデタラメ医学。

 

少女がもし中医学の治療を受けたら、さっさと治ったはず。

 

我々中医学はしゃっくりを治すのは簡単である。

新鮮なみかん皮を何枚と生姜2切りを、3杯の水で1杯になるまで煮つめる。

 

煮詰めた汁が喉を越した時、すぐしゃっくりが止まります。

 

この簡単な処方箋、世の中の中医師はみんな知っている。

 

f:id:li-hari:20180708134551j:plain

 

【▲ みかんの皮は、シャクリを止めるときに使える】 

 

危機一髪の肺水腫(肺に水がたまる)患者、一晩で救えられた

03/16/2007。

肺水腫の患者さん。

昨日1日分の「十棗湯」を渡して、今日また再診にきました。

 

昨日は3回吐き出して、夜はずっとくだしたて、出したのは水だらけ。そして、咳はだいぶよくなっている。

 

私は隣で研修してる林さんに言いました。

張仲景は『傷寒雑病論』に書いたけど、 「十棗湯」の症状の患者さん、脈が大きい人は死ぬ。

 

昨日彼女が来た時、脈診ではとても大きくて速かった

しかも、顔は気を失って倒れた時、机の角にぶつかって頭に瘀血まである。

 

あなたはもう死ぬしかありません。

私はこれが言えなかったです。

 

「十棗湯」で1回賭けるしかなかった。

 

結果は大成功。

1回だけの漢方薬で、肺の中に溜まっている水がたくさん出て、患者さんは今仰向けで寝れます。

 

『傷寒雑病論』の処方箋は、本当に驚愕な効き目です。

 

現在、傷寒雑病論の処方箋を臨床で使って、伝授しているのは私だけ。

人紀クラスの生徒さん、教えたのを全部吸収してください。

みんなで頑張りましょう。

 

夏休みの金匱要略の授業はとても大事です。

傷寒雑病論の最後になるから。