本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

リウマチの痛みが治って、変形した指までもとに戻った漢方薬治療例

【※本記事は2019-04-05更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

全身のリウマチ関節痛。リウマチで変形した手がもとに戻った治療例です。

 

中国語本文のリンク先は、類風濕性關節炎

 

 

リウマチの痛みで涙の生活をする、ディズニーの副社長

 

04/20/2007。

白人女性、48歳。

リウマチになってから10年以上です。

 

彼女の指と関節はすでに変形し、毎日の激痛で涙の生活をしてます。

 

彼女はフロリダ州ディズニーランドの副社長です。

読者の皆さん、彼女の仕事がどれだけ忙しいか分かるでしょう。

 

美を追求するのは女性の本能です。

もともと綺麗な両手が、リウマチでおばあちゃんの手みたいになり、全身の関節痛。仕事が一番できるこの歳に慢性リウマチになり、彼女はどうしたらいいでしょうか?

 

フロリダ州ディズニーランドのトップ官僚たちは、ほぼ全員私の患者さん。

ディズニーランドが社員の為に作った一つの村が、私が作ろうとする長寿村です。

 

その村から来た患者さんは、カルテ番号まで住所がつながる時がある。

私の名前が、その村でどれだけ有名であるか分かったでしょう。

 

漢方薬4ヶ月でリウマチの痛みが治って、変形した指まで戻ってきた 

現在、この女性は4ヶ月の治療を終えて、今日また診察に来ました。

 

大げさに手を見せて喜んでました。

関節痛が全部消えて、変形した指の関節まで形が戻っています。残っているのは少しの腫れ。

 

彼女が最初来た時、私は彼女に教えました。

「漢方薬は関節痛を治せるだけではなくて、本当の治療なので、痛みが治った時には変形した指の関節まで戻すことができます。」

 

彼女は最初、私の話を信じてなかったです。

今日になってやっと生まれ変わったように喜んでました。

 

中医学の信者が、また一人増えて良かったです。

彼女はきっとこれから、中医学の凄さを宣伝するでしょう。

 


 

彼女は前、私に言ってました。

「鎮痛剤は痛みを治せないし、将来的に肝臓がん.心臓病.腎臓病の後遺障害があります。西洋薬と漢方薬は本当に月とスッポン。」

 

彼女が飲んでいるのは、診療所で使う既成品(粉薬)。

 

私が皆さんに話す目的は、広告するためではありません。

リウマチの痛みは、あなたが病気にならないと分かりません。本当に地獄に落ちた感じです。

 

私は烏頭を加工して毒素をなくし、使用量まで解決してます。

正確に烏頭を使って、飲んでも中毒なんか起きない。

 

f:id:li-hari:20180914190005j:plain

鳥頭(うず)の花は紫色。

漢方薬は将来の主流の医学になる

 

将来的に台湾政府もしくは中国政府、もしくはアメリカ政府がこの処方箋を知ったら、確実に国が儲かって患者さんの痛みを治せます。

 

以前にも皆さんに言ったけど、私がアメリカに来たのは、中国の伝統文化をアピールするため。

 

中国の伝統文化の真髄は、中医学です。

 

アメリカは中医学の存在で、いずれかは変わらないといけない。

そうじゃないと、アメリカは西洋薬の製薬会社で国は金持ちになるけど、アメリカ国民は西洋薬の毒害でみんな死んでしまう。

 

患者が怖がると治療効果が落ちる

現在、私が治療してるだいたいの種類を皆さんに紹介します。

 

重病は肝臓がん、乳がん、肺がん、大腸がん、白血病、SLE、リンパ癌、子宮がん、卵巣癌、悪性脳腫瘍、骨髄がん、前立腺がん…など。

 

一般的に西洋医学の手術、放射線療法を受けてなければ、毎日病気ばかり考えてなければ、良くなるチャンスはたくさんあります。

 

私は重病の患者さんを診る時、一番困るのが患者さんが怖がること。

気持ちが暗いと、治療効果にとても影響が出ます。

 

癌だと言われても怖がらないで

 

皆さん、私の話を聞いてください。

あなたがもし、西洋医学の診断で何々癌だと言われた時、絶対怖がらないで!

 

何人か中医師に聞いてみてください。

きっと貴方に一番役に立つ治療法があるはず。

 

私の話を明記してください。

慌てないで。

 

あなたの心が乱れた時、すべての決め事は間違いやすい。

その間違った決め事で、あなたの将来の生きるか死ぬかが決まります。

 

戻すことができません。

 

意見をたくさん聞いてから、決めてください。

(人紀クラスの生徒さんに託する期待の言葉は省略)