本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

C型肝炎の便秘、睡眠、吐き気、食欲不振は1週間で改善され、余命2日の膀胱がんは生き返ってギャンブル遊びに出掛けた。

【※本記事は2020-03-11更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海夏(ニハイシャ)先生の漢方薬症例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

印地安保留區

 

 

半年の治療で、血糖値・血圧とも安定している

 

05/14/2007。

白人男性、51歳。
糖尿病と高血圧症があります。

病院の薬が嫌でこちらに診察に来ました。

 

今日は再診。 

半年くらいの治療で現在、血糖値はとても安定しています。

彼は自分の血糖値を検査してるけど、いつも103~105くらい。血圧も安定しているそうです。

 

以下は李哲の症例。

高血圧の諸症状は、足ツボ整体でも簡単に解決できます。

鍼灸・漢方薬は、なおさら治せますね。

 

www.li-hari.net

余命2日の膀胱がん患者は漢方で生き返り、ギャンブル遊びに出掛けた

 

上記の男性は診療所を去る前に、1つ教えてくれました。

 

彼の友人のお父さんはミネソタ州に住んでいます。2ヶ月前に膀胱がんからがん細胞が全身に転移して、地方の西洋医学の先生は治療を放棄しました。そして家族に言ったのは、お父さんの余命は2日。

 

患者さんの息子は私を訪ねてきて、「最後のチャンスかも知れないから、出来る限りのことはしたい!」と頼みました。

 

当時、私は症状を聞いて処方し、息子さんは漢方薬を持って、その日に飛行機でミネソタ州に帰りました。

 

息子として親孝行ができるのは、これが最後かもしれないと思いました。家族のみんなは、葬儀の準備までしたそうです。

 

しかし、お父さんは漢方薬(茯苓四逆湯をアレンジしたもの)を飲んで死んだのではなくて、生き生きしてインディアン保留区に行き、ギャンブルを樂しんでいたそうです。

 

f:id:li-hari:20180503182506j:plain

茯苓(ぶくりょう)の画像


家族と友人は、みんな患者さんが死ぬはずだと思ったのに予想外に生きていて、しかもギャンブルを樂しんでいる。今は仕方がないから、いつ死ぬかをじっと待っているそうです。

 

患者さんは私に顔を合わせたことが無い。

縁があるだけでした。

 

患者さんの息子さんは誰も信じないで、私だけ信じてました。

お父さんの遺言手続きまで私にやらせてました。

 

このような重篤な病人。

たとえ救ってきて最後死んでも、西洋医学の治療を受けるより生活のクオリティが高いです。

 

以下は李哲の鍼灸症例。

末期癌患者は救えられなかったけど、生活の質は上げました。少なくとも、痛みがないように、ご飯が食べられるようにはできました。

 

www.li-hari.net

C型肝炎の便秘、睡眠、吐き気、食欲不振は1週間で改善された

 

先週来たC型肝炎の患者さん。

今日は再診に来ました。

 

1週間の漢方薬を飲んでから、自覚症状の変化は以下の通り。

  • 便秘は良くなり
  • 睡眠は改善され
  • 吐き気は減って
  • 食欲は増加
  • 体力は増えてるけど、両足の痛みはまだある

 

今日は彼に針をしてあげました。

陰市、伏兎、梁丘、解谿など。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180526/20180526190138.jpg

 

痛いのは足陽明胃経。

夜間痛はひどいのは、病気が陰分にある。

だから、ツボ:陰市を選んだのです。

 

私は彼に話したけど、「続けて西洋薬を飲んだら、あなたは必ず肝臓がんで死ぬ。」

 

彼も薬の害を知っていました。

西洋薬は本当に悪魔である。

 

www.li-hari.net

 

私は過去にとても良い治療例がたくさんありました。

しかし、患者さんが再診に来た時、私は詳しくカルテを書いてない。患者さんが多くて書ききれないから、毎回話を聞くだけにしました。

 

今回は生徒さんたちにちゃんと教えるために、頑張ってカルテの記録をつけようとしてます。

 

貴重な経験は記録しないと、ただの水みたいに流れるからもったいない。

時間は限られてるけどなるべく記録して、有志の中医学愛好家と生徒さんに伝えます。