本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

自閉症の原因はワクチン!自閉症が著しく改善した漢方薬治療例(2018-03-03修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

 

中国語本文のリンク先は、母子情與母女情

 

 

1.約1年の漢方薬で、自閉症が著しく改善した

10/30/2007。

一人のお母さん、診療所にFAXをして来ました。

彼女は05/09/2006に診察に来たことがあります。

 

当時、診察に来た理由は、4歳10ヶ月の自閉症の息子さんのためでした。

 

ワクチンのチメロサールの副作用で、自閉症になった息子

その息子さんは嬉しい.興奮した時、全身が硬直して上下に震える。前腕は内側若しくは外側に90度曲がる症状があります。

 

お母さんはずっと水銀防腐剤チメロサール(thimerosal) を使ったワクチンのせいで、中枢神経系がやられたのではないかと疑っていました。

f:id:li-hari:20181226153304j:plain

チメロサールに入っている水銀は、神経中枢の中毒を起こす。

お母さんの疑いは、非常に筋が通る推測です。

 

私が最初検査した時、息子さんは冷静にいられない。肝臓がやられていました。

 

漢方薬飲んでから、足が暖かくなり、目線の交流が増えた

息子さんは指が綺麗で長い。

中国の面相法からみると、息子さんは天才的な音楽家。なので、お母さんに音楽療法も受ける事を薦めました。

 

処方したのは肝臓を綺麗にする生薬。

漢方薬を飲んでから、両足はどんどん暖かくなってきて、目での交流は頻繁になり持続的になりました。

 

食欲不振がなおり、会話の回数と学習意欲が増えた

5歳になった時、息子さんは指先で目を刺すのが好きみたいで、眼の奥まで深く刺してました。そして、容易にキレて泣く。頻度は以前の10倍くらい。

 

煎じ薬に変えてから、食欲不振などは治りました。

漢方薬飲んでから、特に会話が増えた。

周囲に対する警戒心も増えて、学習の意欲が出てきたけど持続しない。

 

動きが多くてじっと座れない。でも、注意するとすぐ3~5分くらいは静かにいられる。以前は、静かにいられなかったそうです。

 

食欲不振は良くなったので、処方は同じにしました。

飲んでいる間、息子さんは相変わらず急に大笑い出して、コントロールができない。気が狂ったように10分くらいはしゃいたあと、また静かにいられる。

 

これは痰が心臓の周りにある症状なので、半夏を追加して処方しました。

 

f:id:li-hari:20180506112241j:plain

半夏(はんげ)の画像

 

目線の交流が増えて、話す言葉がどんどん長くなった

その後、息子さんは朝起きてよく痰を吐くようになり、お腹が空くようになりました。手は暖かいけど、足は冷たい。精神状態はとても良いそうです。

 

痰をたくさん吐けば吐くほど、目線の交流は多くなり、話せる言葉がどんどん長くなりました。

 

そして、突然ピアノが引けるようになり、絵が書けるようになり、大人に何を描いているかを説明もできました。

 

続けて煎じ薬を飲んで今年の3月15日から、朝は咳もしないで、昼間の乾いた咳も良くなりました。

 

ほしがる言葉の表現ができて、ユーモアになった 

体の硬直と歯ぎしりは、前より増えてます。

学校の先生の話だと、息子さんは授業中はちゃんと聞いている。目線の交流も頻繁に行っている。大小便の訓練もほぼ完成に近づき、大小便の漏れは減った。

 

息子さんは漢方薬を5/17/2007まで飲んで、欲しがるものは言葉で表現できるようになり、ユーモア的になりました。

 

夜の睡眠は良くなっている。以前はちょっとした音でもすぐ驚いて起きて、一晩寝れなかったけど今は寝れる。

 

ただし、朝は起床後に咳が出る。

鼻くそほじったり、たまに走りまくりながらLULAと叫んでいるそうです。

 


 

6/13/2007のFAX報告では、息子さんの尿漏れがまた始まった。

 

柴胡、ウコン、酸棗仁、遠志、龍骨、牡蛎、勾陳、川きゅう、当帰、オウゴン、茯神、半夏、天南星、麻黃、杏仁、加工したトリカブト、細辛、辛夷、菖蒲などの生薬で治療しました。

f:id:li-hari:20180513194649j:plain

酸棗仁(さんそうにん)の画像

 

10/26/2007まで飲んで、食べ物の好みが変わりました。

以前は野菜ばかり食べたけど、今は果物も好きで偏食は治っている。毎日10時間は寝れる。

 

魂が戻ったように言葉が増えて、大小便が自力でできるようになった

前回の煎じ薬を飲んでから、毎日2~3回鼻血がでる。

毎回びっくりするほどたくさん血が流れるそうです。3週連続で鼻血がでてきた。

 

これが傷寒雑病論でいう【得衄而解】。

この後から、息子さんは急に魂が戻ったように、両目には力があり、全身の硬直は減って話せる言葉が増えて、大小便は自分でできる。周りのものに対して興味津々。

 

周りの子どもと比べると、まだ距離はありますが、とても進歩してます。

特に音楽細胞は鋭くて、一回聞いただけでピアノで引けるそうです。

 

息子さんが有名な音楽家になるのは、面相で分かる

この息子さんの治療は、まだ完走していません。

でも、私たちは変化が出て嬉しくなりました。

 

息子さんの親の愛情も褒めるべきです。

なにも文句なしで面倒を見て、1年くらい漢方薬を飲ませてやっと今日の結果が出たのです。

 

ここで読者の皆さんに話しますが、この息子さんは将来きっと素晴らしい音楽家になります。

 

中国の面相法は間違いがありません。

息子さんの綺麗で長い指が証拠です。

 

この場を借りて、息子さんの家族が幸せになることを祈ります。

 

f:id:li-hari:20181226152437j:plain

 

2.「娘の人工透析の悪夢を終わらせてくれてありがとう!」と言ったお母さん 

10/30/2007。

一人のアメリカ女性。70歳。

診療所に入って最初に話したのは、自分の病状ではなくて、「娘さんを人工透析の悪夢から救ってくれてありがとう!」と感謝してました。もう人工透析は要らないそうです。

 

彼女は片手を胸において、片手は私の手を握って語っていました。

彼女が感謝したのは、「漢方薬がこんなに効果があるとは思わなかった。娘の病気は、世の中の誰でも治せないと思っていた。。。」

 

現在、漢方薬は娘の救いになっているのが証明されています。

 

読者の皆さん、彼女は嬉しくないか想像して下さい。

 

今日私はとても嬉しい。

二人のお母さんの喜びを見て、お母さんの深い愛情を感じました。

 

世の中のお母さん、どれだけ子供を心配しているか、考えただけでも心痛いです。

 


 

西洋医学の先生たち、良心的に話を聞かせて下さい。

以上の2つの病気、あなたは同じように治療できますか?

 

台湾の衛生署(厚生労働省)は、力を惜しまずワクチンを宣伝して、「人工透析は漢方薬の副作用だ」と悪口ばかり言っている。

 

しかし、事実は一人目の多動児は、ワクチン接種の被害者です。

2番目の例の人工透析患者さんは、西洋薬を飲んでから人工透析になったのです。

 

二人とも漢方薬で救って来ました。

 

台湾の読者の皆さん、読んでから考えてみて下さい。

台湾の衛生署はどれだけデタラメか。

 

漢方薬を絶滅したいだけではなく、西洋薬会社の手伝いをして、ワクチンで私たちの子供まで殺そうとしている。

 

こんな衛生署が国民の健康管理をしているなんて、恐ろしい世の中です。