乳がん治療は3つの選択肢がある。インターフェロン療法で肝臓が痛くなり、夜は眠れなくなった患者。

【※本記事は2021-04-23更新しました】

 

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医学先生:倪海厦(ニハイシャ)先生*1の治療例を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、乳癌惡化與干擾素後遺症

 

李哲鍼灸院の乳癌に関する鍼治療例は、以下の記事があるので参考になると幸いです。

 

li-hari.hatenablog.com

 

 

手術しても乳がんが相変わらず痛い患者、再び抗がん剤をすすめられた

 

前回の乳がん写真を撮らせてもらった患者さん、以下の記事で書いた人です。

li-hari.hatenablog.com

 

ドイツのお医者さんが手術して、今日彼女がドイツから電話してきました。主治医に告げられたのは、「乳がんから肺がんに転移している」

 

手術したけど、乳癌患部は相変わらずとても痛い。主治医は、再び抗がん剤を薦めたそうです。

 

どちらを選ぶか、私は患者さんにお任せします。

もし私が反対したら、患者さんは中医学のせいにするだけ。自分の最初の選択肢が間違ったことを忘れている。

 

私は分かっています。

もし患者さんが抗がん剤を続けたら必ず死ぬ。

しかし、私が抗ガン剤を止めさせたら、後々になって中医学のせいにする。

 

ああでもダメ、こうでもダメの状況は、誰が起こしてますか?

答えは患者さん自身です。

 

最初の手術を受けなかったら、今日の事にはならない。乳がんが悪化したのは、中医学のせいではありません。

 

▼李哲の補足説明:

自分が癌になったら抗がん剤を選ばないというのは、西洋医学の先生たちの声です。かわいそうな患者たちは、裏事情も知らず抗がん剤で治ると信じ込んでいる。

 

www.li-hari.net

乳がん治療には3つの選択肢がある

 

乳がん治療には、3つの選択肢があります。 

1.西洋医学の治療、生存期間はせいぜい10年

 

西洋医学の手術・抗がん剤・放射線療法を受けると、あなたが生きるのは10年。場合によっては5年、もしくは3年もかからない。しかも、苦しみながら死んでいく。

 

生きている間は、地獄に落ちたような苦しみ、毎日モルヒネでも抑えられない痛みと格闘しながら生活する。

 

▼李哲の補足説明:

抗がん剤、手術、放射線で生活の質がゼロになっている患者はたくさんいます。以下の症例に書いているのは、西洋医学の治療で苦しんでいる乳がん患者。同じミスを犯さないでください。

 

www.li-hari.net

2.なんの治療も受けなければ、生存期間は平均14年

 

あなたの選択肢がこれだったら、過去の中医学記録によると、平均で14年間は生きられます。生きてるときは癌の痛みがなくて、生活のクオリティが非常に高いです。

 

末期乳がんになると、癌が皮膚の外側に出てきて悪臭が漂うけど、西洋医学の治療を受けるより長生き・楽しく過ごせます。

 

もしあなたの中医学先生が、この事実を認めない場合は、先生を変えたほうが良いです。勉強不足の先生で偽物だから。中医学に恥をかかせる偽物先生から離れて下さい。

 

▼李哲の補足説明:

ニハイシャ先生の記事には、38年も生きた女性までいました。

西洋医学の治療を受けてないのに。

 

www.li-hari.net

3.中医学治療だけを受けると、14年以上は生きられる

 

胸にシコリを見つけたら、すぐ中医学の治療を受ける。もしあなたの選択肢がこれだったら、西洋医学の生検は受けないで下さい。乳がんなのかどうか生検で確認するのは、どうでもいいこと。

 

f:id:li-hari:20180801152437j:plain

 

中医学でシコリを治すの方法は同じです。悪性腫瘍であろうと、良性腫瘍であろうと、みんなシコリを治せます。唯一の区別は、完治までの時間が短いか長いかだけ。

 

現在、確信できるのは、生検したことがない乳がん患者さんは、シコリが消えるのがとても早い。生検したあと中医学治療を受けると遅い、しかも痛みがあります。その痛い所はちょうど生検した所。これは明らかに傷口の痛みです。

 

▼李哲の補足説明:

乳がんのしこりは治ったけど、生検した傷口の痛みだけ治らないのは、もう一つの症例に書かれてあります。どうぞ参考にしてください。

www.li-hari.net


中医学は手で触っただけで、乳がんであるかどうかが分かります。

 

一般的に表面が滑らかで凹凸がない、移動するのは乳がんではありません。表面がザラザラして非常に硬い場合は乳がん。

 

西洋医学の治療を受けてない人は、一番治しやすいです。

あなたの生存期間は絶対14年以上。

何も治療を受けないよりは良くて、最も長生きできる。しかも、痛みがありません。

 

私の臨床経験から見ると、このような人は一番知恵がある人。

 

西洋医学の先生たち、まだ良心があれば本当の話をすべきです。患者さんに最善の医療を提供すべきです。患者さんの命を弄ばないで下さい。人の命は千金でも買えません。

インターフェロン療法で肝臓が痛くなり、夜は眠れなくなった患者

 

皆さん、以前の記事に書いた患者さんを覚えてますか?

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

彼は3/11/2008に再診察に来ました。

彼が言うのは、「肝臓のあたりが痛くて寝られないです

 

4年前、彼は私の反対を押し切って、インターフェロン療法を続けました。今、彼はまた嘘を言って、「病院には検査しに行ってない。自分は肝硬変症ではないかと疑うだけ」と言っています。

 

私はもちろん彼が嘘を付いたことを知ってます。

彼はきっと病院に行って検査したでしょう。

 

最初はただのC型肝炎なのに、高価な薬:インターフェロン療法で肝硬変症になり、肝臓がんになる。

 

これはなんの医学ですか?

 

▼李哲の補足説明:

C型肝炎は漢方薬で完治できる病気です。ニハイシャ先生の症例が一つあるので、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 


 

C型肝炎はちゃんと養生して漢方薬を飲めば、肝硬変症.肝臓がんにならない。しかし、西洋医学は間違った理論で患者さんを脅かし、インターフェロン療法を強要。その結果は必ず肝硬変症.肝臓がんになる。

 

西洋薬の会社は金儲けのために理論を作り出し、医師を説得して薬を使わせ、患者さんの信頼も騙し取っている。その結果が今のおかしい状況です。

 

西洋医学の先生たちは、きっと事実を隠ぺいするでしょう。そして、あらゆる方法で病気を治せる中医学を攻撃する。


人情薄れの世の中。

目覚めて下さい。

 

彼は血の教訓を得たから、もう西洋医学の話を信じていません。幸いにも治療のタイミングを逃してないので、救って来られる可能性は高いです。本当に肝臓がんになってからだと、漢方で救ってくる可能性はほぼゼロです。

 

▼李哲の補足説明:

西洋薬で肝臓がんになったとき、治せる確率はゼロだと言うけど、ニハイシャ先生は治した症例もあります。まれかも知れませんが、参考にしてください。

www.li-hari.net

病院の治療で乳がんが転移した女性へのアドバイス

 

私は今、手術.抗ガン剤.放射線療法をした患者さんは、受け拒否しています。西洋医学の治療を受けてない患者だけ診察してます。

 

西洋医学の治療で乳がんが転移した患者さんには、以下のアドバイスがあります。

 

なるべくお金を楽しい旅行.美味しい食べ物に使って、残りの人生を楽しく過ごして下さい。ここまで癌が進行したら、これが唯一の正しい選択です。

 

事実を述べると、たくさんの人を傷つけるはず。しかし、たくさんの人を救うことができます。皆さんが危機一髪のとき、正しい選択が出来るようになります。

 

(研修に来れない人たちへの安心させる言葉は省略)

*1:倪海厦(ニハイシャ)先生の紹介文は、リンク先記事をご覧ください。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介します