本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

脳卒中(半身無力)、一過性脳虚血。子どもの関節痛(JRA、若年性関節リウマチ)の中医学治療(2019-02-06更新)

こんにちは。李哲です。
今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

中国語本文のリンク先は、

腦中風與小孩關節痛

 

 

1.JRA(若年性関節リウマチ)の子供に鎮痛剤を処方するのは、火に油を注ぐ殺人医療

08/01/2008。

5歳の金髪碧眼の女の子。

JRA(若年性関節リウマチ) だと診断されました。

 

この病名の意味は、西洋医学も病気の原因がわからない。

 

子どものお父さんは、私に話しました。

子どもが関節痛があるので、ずっと鎮痛剤と非ステロイド剤を飲んでいたけど無効。

 

現在、アメリカの西洋医学の先生は抗がん剤を使おうとしている。目的は子どもの免疫系を弱くして炎症を抑えるそうです。

 

バカな西洋医学は、これが役に立つ治療だと思っているだろう。

 

私は子どもと親の前で、西洋医学の無知のボロクソ言いました。

 

皆さん、なぜ病気になったかも知らない先生に診てもらうのが危険です。治療が無効だけではなく、早死になる。

 

西洋医学の先生たちよ。

あなたがもし病気の原因が分からないなら、治療しないで下さい。

 

知らないで治療した場合、病状を悪化させるだけです。私の治療が更に難しくなっています。

 

だから、手を出さないで。

患者さんの為にもなる。

知らないふりをして下さい。

これでいいですか?

 

5歳の女の子の陳述では、

  • 毎朝起床した時、両手の指関節が腫れて握ることができない
  • 両膝は痛くて歩けない
  • 食欲ない
  • 鎮痛剤を飲んでいるので便秘

 

西洋医学は病気の原因が分からないから、鎮痛剤.非ステロイド性の薬でコントロールしようとしている。今はコントロールもできないから、抗がん剤を始めようとしているのです。

 

5歳の子どもにとって、これは火に油を注ぐ殺人医療!

 

私はもう怒りすぎて、こんなやぶ医者のボロクソも言いたくない。

 

JRA(若年性関節リウマチ)の原因は、ワクチン!

私はぱっと見ただけで分かります。これは小さい時に受けた、害しか無いワクチンの副作用。

 

もし西洋医学のむちゃくちゃ治療を受けたら、何年か後に彼女が面するのは人工透析。15歳まで生き残るかどうかが問題です。

 

私はすぐお父さんに要求しました。

すべてのワクチン接種.鎮痛剤.非ステロイド性の薬を止めて。このような薬は体の負担がかかるだけで、治療には何の役にも立たない。

 

中医学の漢方薬は必ず彼女を救います。

ただ一つの条件がある、西洋医学の治療が介入しないこと。そうじゃないと、私はもう打つ手が無い。

 

私は傷寒雑病論の中の小建中湯.当帰四逆湯.桂枝芍薬地母湯をアレンジして、彼女を治療しました。

f:id:li-hari:20180507180459j:plain

芍薬の花


そして、彼女に煎じ薬を飲ませるようにお父さんを説明しました。煎じ薬のほうが粉薬より効果が速いから。

 

同時にお父さんに話しました。

我々中医学の考え方は西洋医学と違う。

西洋医学の先生はあらゆる方法で、免疫系を弱くしようとしているけど、我々は免疫系を強くしようとしています。

 

このような関節痛は、風寒湿の3つの邪気が集まって生じた病気。つまり、3つの邪気を取り除く生薬を同時に使わないと治りません。

 

温病派の先生たち、私の話は間違ってますか?

間違っていたら、どんな生薬を使ったらいいでしょうか?

 

あんたたち、トリカブトを使わないで治せますか?

 

西洋医学の奴隷になっている林宜信さん、あなたは治療法が分かりますか?

 

このような病気が貴方の愛する娘さんに起きたら、あなたは自分で治しますか?若しくは私のところに来ますか?

 

もしくは鎮痛剤.非ステロイド性の薬を飲ませて、その後は抗がん剤を飲ませますか?

 

やぶ医者は患者を殺し、やぶ官僚は国を滅ぼす。

 

アスピリンの副作用で脳卒中(半身無力)、一過性脳虚血になったおばあちゃん

一人の78歳のおばあちゃん。

私の昔からの患者さん。

今日診察に来て、軽い脳卒中になったと言ってました。

2週間前の朝に起きたら、右半身が無気力で動けない。

 

西洋医学の検査を受けたら、一過性脳虚血発作だと言われました。

 

私は聞いただけで分かりました。

アスピリン系の薬を長期間飲んだ副作用。

 

私はおばあちゃんに聞いてみました。

「アスピリン系の薬を飲んでいますか?」

 

おばあちゃんの答えは、「1年前から飲んでいます。西洋医学の先生が言うのは、一粒アスピリンを飲めば、心臓病の予防になるそうです。」

 

それでおばあちゃんは毎日一粒飲んで、今日は脳卒中になったのです。

 

f:id:li-hari:20180529144856j:plain



利を得る前に害を貰う。

西洋医学は本当に悪質。

自分で飲めば良いのに、患者さんにまで飲ませる。本当に最悪。

 

この2つの例は氷山の一角です。

絶対たくさんの患者さんが、これで人工透析と脳卒中になっています。

 

愚かな人たち目覚めて下さい。

あなたたちの衛生署(厚生労働省)は、西洋薬の会社に属してる子会社です。

 

彼らは西洋薬の会社の利益を守るだけ。

一般庶民はどうでも良い。

 

こんなデタラメ官僚とやぶ医者。

皆さん一緒につばを吐いて下さい。