本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

リンパ癌と脳腫瘍が治ったと診断されたヨルダン人。死んだはずの食道がん患者が漢方薬で生きてるから、怒っている西洋医学の先生。

【※本記事は2019-08-13更新しました】

 

こんにちは。李哲です。
今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

中国語本文のリンク先は、

食道癌與淋巴癌移轉腦瘤(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

病院の検査で、リンパ癌と脳腫瘍が治ったと診断されたヨルダン人

 

ヨルダン人。

今日は患者さんのお兄さんが診察に来ました。

ついでに、弟の病気に関して質問したいのがあって。

 

前回の治療内容は以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

弟は2005年から漢方薬を飲んで、今はヨルダンの西洋医学の先生に検査してもらったら、リンパ癌と脳腫瘍は消えたと診断されました。

 

お兄さんが今日来て質問したのは、「弟はいつまで漢方薬を飲めば良いですか?」

 

お兄さんは、当時の事を私に話しました。

弟は当時、西洋医学の先生に「余命あと1ヶ月」と宣告され、希望を失って際に友人の紹介でこちらに来た。

 

私は今でも覚えています。

弟さんは頭に包帯を巻いている。

放射線療法で、頭皮が焼かれてボロボロなっているから。

 

西洋医学の治療でできるのは、脳腫瘍を少し小さくして、彼が話せるようにするだけでした。全身に広がったリンパ癌は、完全に治療方法がない。

 


 

私は1ヶ月以内で、弟を3回診察しました。

その後、弟は家族と一緒にヨルダンに帰りました。帰った目的は死ぬ前に家族と一緒にいたいから。

 

なのに、漢方薬を飲んでから徐々に体調が良くなり、最近の病院の検査では癌が全部治っている。彼の家族は、どんな感想だと思いますか?

 

弟に使った漢方薬は、がん治療の処方箋です。

生徒さんたちは処方箋を習ったあと、使うときに慎重に使って下さい。疑問があったら、研修に来た人たちに相談して下さい。

 

お兄さんが言うのは、漢方薬で治ったと家族全員が認めている。

なぜなら、当時の地方とアメリカの西洋医学は、みんな余命1ヶ月だと判定したから。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180604/20180604235355.png

 


 

彼らはあきらめないで、弟に漢方薬を飲ませました。

彼らはお金がないので、この3年間ずっと7割引きの値段で治療しました。

 

私にとって金儲けは次のこと。

命は千金でも買えない。

 

現在弟は完全に治り、私ももちろん嬉しいです。

弟はまだ奥さんと3人の子供がいる。

今は家族団らんに、普通の生活をしています。

 

皆さん一緒に、彼らの幸福を願いましょう。

 

脳腫瘍が改善した例は、ほかにもあります。

以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

死んだはずの食道がん患者が漢方薬で生きてるから、怒っている西洋医学の先生。

 

05/04/2007。

アメリカ白人。56歳。

1年前に食道がんだと言われ、西洋医学の手術を受けたけど、癌はまたすぐ再発。

 

彼は失望した時、友人の紹介でこちらに来ました。


当時、私は彼を2回しか本人を診ていません。

それ以外は、ずっと宅急便で漢方薬を送ってました。

 

彼は昨日、3回目の診察に来ました。
すべての調子が良い。

すでに癌からの脅威から逃れています。

 


 

彼が私に教えたのは、病院の先生は彼が漢方薬で生きている事に対して、怒っているそうです。

 

彼は去年、西洋医学の診断で「治療が無理だ」と言われ、西洋医学の先生の考え方では「彼はすでに死んでいるはず。」

 

しかし、今は死んでいない。

だから、西洋医学の先生は怒っているのです。

 

読者の皆さん、この先生の頭は何の論理思考ですか?

患者さんが生きていたら、患者さんの代わりに嬉しくならない、今は怒っている。

 

これが本当の害しかない、やぶ医者!

 

食道がんの治療例は、ほかにもあります。

以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

家族との楽しい生活・正しい処方箋が、様々な癌を治せる主な原因

 

先週末、私は診療所のスタッフ全員を連れて、患者さんも連れて私の友人の家に、みかん狩りに行きました。

みんな喜んでました。

乳がんからリンパ癌に転移した患者さんもいる。

余命3ヶ月~6ヶ月だと言われた患者さんもいる。

 

我々中医学は入院する所がありません。

患者さんを閉じ込めないし、患者さんが病院から逃げることも心配しない。

 


 

我々は患者さんを外で遊ばせます。

みんな楽しんで週末を過ごす。

我々はこれが一番患者さんに有利なものだと考えています。

 

しかし、西洋医学は病院に閉じ込めるのが、患者さんに有利だと思う。中医学と真逆です。

 

上の2人の治療例が成功したのは、もちろん処方箋が正しいのも関係しています。

 

ほかには、患者さんが家族と離れてないこと。

毎日生活を楽しんでいる。

これは心理的に患者さんにとても有利です。

 

家族の励みと正しい漢方薬。

これが患者さんの治る主な原因。

 

患者さんが1千里以外にいても、同じように治療できます。

 

(生徒さんへ託する言葉は、治療内容と関係がないので、省略させていただきます)