本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肝臓がん、分子標的薬「グリベック」が起こした副作用を漢方薬で治した例

こんにちは。李哲です。
今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

中国語本文のリンク先は、

肝癌案例

翻訳文

今日再診察に来た肝臓がんの患者さん。

彼はもともと胃がんで手術したあと、重篤化した時に治療に来た人です。

 

漢方薬を飲んでから、彼は体力が回復して、2ヶ月後に西洋医学の検査を受けました。胃がんはもうなくなったそうです。その後、彼の状況は安定して良かったです。

 

しかし、今年の6月に肝臓に腫瘍が見つかりました。当時、私がアメリカにいなかったので、西洋医学の先生は彼にグリベック(Gleevec)という分子標的薬を処方。

 

この薬を飲んであと、体調が良かった彼は以下の危ない症状が出ました。

  • 倦怠感
  • 不眠症
  • 食欲が無い
  • 両足とお腹は浮腫が始まり
  • 残尿感
  • 体内はとても寒く感じる
  • 顔色は薄暗い黄色に青黒色が混ざっている

 

彼は私が戻ってきたのを聞いて、すぐ治療に来ました。

この時は、すでに両足がむくみすぎて、歩くのも困難。手足はよくつる。小便は濃い黄色。

 

彼は一つの資料を見せてくれました。ネットでダウンロードしたグリベック(Gleevec)に関する研究情報。

 

研究によると、グリベックではがん細胞を治せない。

しかし、彼の奥さんは非常に信じて飲ませようとしています。

前回来た時、私はすでにこのバカ奥さんと話すのを止めました。質問すら受付しない。だから、今日彼の奥さんは怒って同伴してきてない。

 

彼は今度の2週間の漢方薬を飲んで、今日来た時話したのは、8月28日に再び西洋医学の病院に検査に行きました。

 

f:id:li-hari:20190130201620j:plain

 

腫瘍は確実に小さくなっていて、体重は10kg下がり、むくみが消えて食欲が良くなり、体力も回復している。睡眠は夜中にトイレに行く以外、朝まではぐっすり寝れます。

 

毎日便通があって、小便の色は中黄色。たまに濃い黄色。

 

これは一つの事を証明します。

 

(李哲 訳注: 後半がないのはおそらく時間がなくて書いてないでしょう。)