本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

子供の便秘と自閉症。悪性脳腫瘍などの中医学治療(2019-02-07更新)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年07月09日診療日誌

 

 

1.子供の便秘は治しやすい。治しにくいのは親の間違った医学知識

今日二人の子供が来ました。

子供たちは西洋医学の診断で、「自閉症」だと言われました。

 

一連の問診で私が判断したのは、大きな問題はない。教育方法を変えれば、学習能力が他の子と同じようになります。もっと素晴らしくなるかも知れません。

 

カルテに書いた子供の親の薬を見たら、子供のほうが心配になりました。

 

子供のお母さんが飲んでいる西洋薬.サプリメントは、ご飯よりも多いです。

この間違っている考え方を変えないと、将来的に子供に害をかけるから。

 

子供二人はみんな便秘。

ふたりとも排便剤を飲んでいます。

 

この薬は長期的に飲むと、便秘が更にひどくなります。最後は腸の動きすら止まって、死ぬまで飲む必要があります。しかも、大腸がんのリスクが高まる。

 


 

中医学の診断では、一人の子供は麻子仁丸(ましにんがん) の症状。

もう一人は、小承気湯(しょうじょうきとう) の症状。

 

f:id:li-hari:20180608124727j:plain

麻子仁(ましにん)の画像

中医学では便秘症が簡単に治ります。

二人の症状が違うので、処方箋も違います。

 

西洋医学は便秘すら治せない医学。

だから、たくさんの患者さんが大腸がんで亡くなっています。

 

読者の皆さん、便秘も治せる医学こそ、大腸がんの予防ができる医学です。

 

西洋医学が二人の子供に出したのは同じ薬。

これは西洋医学が、便秘症を治せないことを証明します。

 


 

一番かわいそうなのは、二人の子供は毎日愛してるお母さんが、たくさんのビタミン剤とカルシウム剤を食べさせる事。

 

病気しか作り出さない以上のものは、もっと子供たちが病気がちにするだけです。

 

親は知らない。

ビタミン剤はがん細胞を養うだけで、体の栄養にはならない。

 

がん細胞の飯になるサプリメント

 

子供が大きくなってほしいから、食べさせるカルシウム剤も大きくなるところか、骨質が悪化し同時に腎臓結石を作り出す。

 

考えると本当にかわいそう。

 


 

親が子供に対する愛情は認めます。

しかし、間違った教育観念は子供に害を及ぼす。

 

上の親はたくさんのお金を費やして、子供の面倒を見ようとしている。

しかし、結果は逆の効果。

 

西洋薬の会社は本当にすごい!

彼らはたくさんのお金で、皆さんの洗脳をしてるから。

 

私は子供の親に話しました。

「子供の面倒を見るのは簡単です。

あなたの親が面倒をみて下さい。

子供が爺ちゃん婆ちゃんと同じ食べ物を食べる。

便秘がなければ、子供は自然に身長が伸びて、頭も良くなります。」

 

2.悪性脳腫瘍が改善して、脳に溜まっている水がなくなった

一人の女性、60代。 

中国の大陸から来た化学者。

 

彼女は不幸にも悪性脳腫瘍になり、手術後に抗がん剤療法をしたけど、まだ脳に圧迫感があります。

 

彼女は西洋医学の限界を感じて、中医学の治療を求めて来ました。

 

顔先生の治療を何回か受けて、病状は回復しています。

私は処方箋を見たけど、顔先生の処方箋には半夏の使用量がなんと一両!生硫黄が3銭!

f:id:li-hari:20180506112241j:plain

半夏(はんげ)の画像

 

患者さんは飲んだあと、脳に圧迫感はまだある。

でも、脳に水が溜まっていたのはなくなりました。

 

ただ、両足がまだ冷たいのと睡眠の質が悪いので、まだ漢方薬を止めれない。

 


 

私は少し修正しました。

黄連アギョウ湯をベースにして、睡眠の質を変えるつもりです。

 

この患者さんは両足が暖かくなり、睡眠の質が良くなれば、完治だと言えます。

 

我々中医師は、西洋医学の機械で診断する必要がありません。

中医学の陰陽の知識だけで、十分判断ができます。

 

悪性脳腫瘍と白血病は、西洋医学の被爆する検査機械が一つの原因でもある。

 

だから、頻繁に検査してはいけません。