本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

冷え性:針を1回で暖かくなった両足(2018-02-19修正)

こんにちは。李哲です。

今日は針の治療例。

 

専門学校生の時に、クラスメートに施術して報告をもらったのがあります。

 

彼は両足が氷みたいに冷たくて、常に腰痛もち。

彼は針を怖がらないので、3寸の針で刺したことがあります。

 

承山から条口まで貫通(これだけ3寸の長い針)。

他には委中、腎兪などを1寸5分の針で刺す。

 

刺して少し回したら、びびきはかなり強かったみたい。

15分位置いて抜いた時は、特に変わった感じはなかった。

 

次の日に会って世間話をしていたら、急に「昨日の針を刺してから、今日の足はけっこう暖かいです!」と言われ感謝の声を聞かされました。

 

嬉しかったです。

1回だけでは冷え症が治らないので、残念ながらその後は施術できてない。今はどうなったか、ちょっと分かりません。

 

ただし、これで分かったのは、3寸の針はわりと効き目があること。

 

f:id:li-hari:20180711163842j:plain 

今は勉強がもう少しできて、もっと早く冷え症を治せるツボを選べられますが。

 

冷え症を治す時は、鍼も必要だし、お灸は更に必要です。

鍼以外にお灸すれば、鬼に金棒という感じ。

 

ただし、現実的にお灸の煙.においと手間がかかる事で敬遠されがちが難点。

気にしてない方は、治りが速いけど、お灸が嫌だという人は仕方がないですね。

 

余談話。

漢方薬を併用すれば、鬼に金棒のところではない。

 

ニハイシャ先生が話したのは、生のトリカブトを使えば、次の日から手足が暖かくなれるそうです。

 

漢方薬と鍼灸の併用が最高の治療ですが、日本の医療規制により、できないのが残念なところです。鍼灸で頑張るしかありません。

 

本物の漢方薬治療を求める方は、台湾か海外の中医学診療所に問い合わせしてみて下さい。