本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

牛乳で乳がんになった70代のおばあちゃんetc.

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

 

心臓性喘息の患者、全身の筋肉がはって倒れる患者、牛乳で乳がんになった患者の診察内容です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年07月19日跟診之診療日誌

 

 

1.心臓性喘息、腰痛、静脈瘤のお爺ちゃんと皮膚病の孫

 

今日、一人の男性。

コロラド州から来ました。

喘息、腰痛症、両足の静脈瘤がひどい。

 

問診で分かったのは、ちょっと歩くと喘息になる。若しくは階段を登ると喘息になる。でも、彼はステロイド剤を使っていません。

 

彼はタバコ歴が40年くらいです。

これは、タバコで肺気腫になり、喘息の症状が現れたのです。

 

この治療例はとても良いです。

なぜなら、喘息はニセ症状の時がある。本当は心臓性喘息かも知れないからです。

 


 

私は彼に話しました。

「あなたは運が良いです。

なぜなら、このような症状、病院の検査では、絶対あなたが心臓病だと言わないからです。

 

あなたが本当に心臓病発作で、死ぬか生きるかの時にやっと心臓病だと診断します。でも、その時はもう遅いです。」

 

たくさんの患者さんは心臓病発作で亡くなっているのは、診断できてないから。

 

中医学は絶対心臓病だと分かります。

そして、心臓病発作の予防ができる。

 

今度、研修に来た生徒さんたちは、私の心臓病診断方法が分かるはず。

 

私は確信できます。

彼は心臓の動脈血栓症があって、喘息みたいな症状が出ています。

同時に、両足の静脈瘤がひどくて、両足も氷みたいに冷たい。

 

私たちは判断できますが、彼の深層の動脈管には必ず瘀血の塊がある。

 

以下の写真をご覧下さい。

 

f:id:li-hari:20180530185957j:plain

 

f:id:li-hari:20180530190018j:plain

 

f:id:li-hari:20180530190038j:plain

 

1枚目は彼の静脈瘤。

2枚目と3枚目は、彼の孫さんの皮膚病。乾燥して痒い。気分が悪い時はずっと掻いている。

 

爺ちゃんと孫は、ふたりとも今日の患者さん。

 

両手のひらは非常に乾燥して痒い。脱皮している。

爪の色が灰色になっているから、下半身に寒気と湿気があるのが分かります。

 

心臓の熱がちゃんと下半身に行けないから、逆流して両手のひらに出る。これで、両手のひらはとても乾燥して痒いのです。

 

腰痛症はマッサージをすれば楽になると言うので、これは虚証です。

腎臓を養う生薬を入れれば、腰痛症は治る。

 


 

一人の医師として、正確な診断ができて、どの生薬が患者さんに有利かを分かれば、自然にちゃんとした処方箋が出来上がります。

 

どの生薬は増量すべきか、どの生薬は使わなくて良いか。

 

我々中医学は心臓の動脈管のつまりを治す以外に、両足の静脈瘤の掃除もできます。

 

そして、患者さんの漢方薬を飲んだあとの、両足の温度変化から病状は悪化しているか、進歩しているかが分かる。

 

このような一番簡単な診断方法と処方箋は、西洋医学は全く分かりません。

 

もし、今日の患者さんは西洋医学の信者だったら、彼はいずれか心臓病発作するだろう。

 

この治療例を見た人。

西洋医学の心臓病治療を信じないで下さい。

 

疑問があったら、中医学の先生に診てもらって下さい。

 

一人の中医師として、心臓病治療ができなかったら、中医師としては失格です。

 

心臓病を治せない中医師は、失格

 

2.全身の筋が張って、よく倒れる女性

 

一人のアメリカ中年女性。

杖で歩きながら、入ってきました。

 

彼女が言うのは、全身の筋が張っている。痛みはないけど、よくバランスが取れなくて体が倒れる。

 

彼女は毎晩、夜中の2時になると必ず目が覚める。

 

これは肝臓が損傷した時の症状です。

筋は肝臓が司とっているから、彼女の筋がつるのです。

 

私は肝臓の解毒作用を強化する処方箋を出しました。

筋緊張が減るかどうか、また様子を見るつもりです。

 

3.猫と一緒に牛乳を飲み続けて、乳がんになったおばあちゃん

一人の女性。70歳。

彼女のカルテには、Cancerしか書いてません。

 

私は彼女に聞きました。

「なんの癌ですか?」

「乳がん。」

 

「生検した事がありますか?」

「ないです。」

 

「なぜ乳がんだと確信しているのですか?」

「検査した先生が言ってました。」

 

「あなたの先生は生検もしないで、乳がんだと診断したのですか?」

「そうです。」

 

「あなたは、なぜ手術と抗がん剤療法をしてないですか?」

「要らない。」

 

「誰がこんな治療をしないでと教えたのですか?」

「私の祖母。病院に行っても無駄だと言ってました。」

 

私はまた彼女に聞きました。

「右胸はどんな感じですか?」

「たまにナイフで刺されるような痛みです。

しかも、右胸の乳首は陥没しています。」

 

あと、胸の腫瘍は石みたいに硬い。表面上は凸凹している。

 


 

私は思いました。 おそらく西洋医学の先生はこれで判断したでしょう。

本当に素晴らしい西洋医学の先生です。

 

彼女は生検してないので、治療は簡単です。

ただし、右胸にしこりがあるので、左のしこりより時間がかかります。

 

台湾の乳がんを治せない西洋医学の先生たち。

私はあなた達が乳がんを治せないのを知っています。

 

だから、このアメリカ先生みたいに先に治療しないで下さい。

 

私たち中医学が先に治療すれば、絶対あなた達の治療より良い。

この状態では、患者さんは完治すらできます。

 

乳がんの患者さん、よく聞いて下さい。

あなたがある日、乳がんで死んだ時、あの世に送ったのは生検をすすめた先生。

 

生検しなければ、乳がんで死にません。

 

私は彼女に話しました。

「乳がんになったのは、必ず何かの原因があります。」

彼女が言うのは、自分も不思議だと思う。なぜこんな歳になって乳がんになったか。

 


 

私は彼女に話しました。

「おそらく牛乳が原因です。」

 

彼女が言うのは、「その可能性があります。」

何故かと言うと、彼女は2匹の猫を飼っている。毎回牛乳をあげて、同時に彼女も一緒に牛乳を飲むそうです。

 

これが彼女の、本当の乳がんの原因です。

 

私はすぐすべての牛乳と乳製品を止めて下さい。」と言いました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180415/20180415183125.jpg

 

今日の治療例は割と少ない。

でも、どの患者さんも面白い症状があって、その症状からいろいろ関連性がある解釈ができます。

 

これは臨床でしか学べられない知識で、学校の講義では教えられません。