本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

乳がん。全身の関節痛。極度の倦怠感などの漢方薬治療(2019-01-30更新)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年07月21日跟診之診療日誌

 

 

1.乳がんは、生検しなくても分かる!

今日来た一人の女性。46歳。

サンフランシスコから来ました。

乳がんになったけど、生検を受けてない。

 

彼女の話では、去年の4月から左胸に腫瘍が見つかって、今は右胸まで転移してる。

両胸は熱くなったり寒くなったり、針で刺されるような痛みがある。そして、乳首から臭う液体が漏れ始めています。

 

サンフランシスコの西洋医学の先生は悪質な態度で、「生検をしないと確認ができない」と言ったそうです。

 

彼女は私のホームページを見ました。

そして、彼女の乳がんになった友達から教わったのは、友たちは生検をしてから乳がん細胞が拡散した。だから彼女は生検を拒否して、フロリダ州に治療に来たのです。

 

私はずっと西洋医学の先生に呼びかけています。

 

あなた達は、乳がんも治せない医学。

しかも、あらゆる方法で、乳がんを拡散させようとしている医学である。

 

乳がんは生検しなくても、確認ができます。

生検した事がある乳がんは、更に治らなくなる。

乳がんを治せない西洋医学の先生は、道をゆずって下さい。我々中医学の先生に。

 

f:id:li-hari:20181218123158j:plain


 私は彼女に質問しました。

「生理はどうですか?」

彼女の答えは、「いつも生理の量はとても少ないです。」

 

先月は呉奇教授の治療を受けたあと、一番生理の量が多かった。

これは、呉奇教授のレベルが高いのを証明します。

 

今日、彼女が来た時、ちょうど生理中でした。

 

舌診したら真っ白で分厚い。

これは、体内の冷えがひどい事を証明します。

彼女の四肢はまだ冷たくないけど、舌診からだと体内の冷えが見える。

 

乳房は、すでに陰陽の離れる症状が出ています。

生検をしなくても分かるけど、これは乳がん。

 

2.全身の関節痛、極度の倦怠感のリンパ癌患者

一人の中年男性。

彼が言うのは、全身の関節痛。極度の倦怠感。筋肉は重だるくて痛い。

 

4年前に検査で言われたのは、リンパ癌。

抗がん剤療法後、リンパ癌は良くなったけど腎不全になり、1ヶ月人工透析をしたことがある。

 

今の症状は

  • 睡眠の質が悪い
  • 両足は氷みたいに冷たくて痺れる
  • 夜は寝汗がある
  • 脈診の時、皮膚を触ったら湿っぽい。

これは、風寒湿の3つが集まった関節痛です。

 

彼が今飲んでいる筋肉弛緩剤、鎮痛剤、安眠薬など。

 

私は話しました。

「西洋薬をすぐ止めてください。そうじゃとすぐ再発します。このような薬は心臓と腎臓を壊すので、いったん心臓がやられたら、癌細胞はまたすぐ戻ります!」

 

彼が話したのは、

「私には選択肢なかったです。以上の薬を飲んでから、生活のクオリティーはなくなり、生きているのが辛かいです」

 

彼は私の意見を素直に受け取り、すぐ止めて漢方薬に切り替える事にしました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180629/20180629105434.jpg?1530237291

 

私は彼が決断を聞いて、悲しくなりました。

 

私はアメリカの国民です。

彼は私と違う人種だけど、同じアメリカの国民である。

自分と同じ同胞だと思って治療すべきです。

 

このような例は多いです。

たくさんのアメリカ人も同じような考え方でしょう。しかし、彼らは選択肢がなかった。

 

彼は友人の紹介でこちらに来たのです。

ほかの人は、彼みたいに幸運だとは限らない。

 

彼は診療所を離れる前に私に話しました。

「もしかして、神様がこの出合を作ってくれたかも。」

 


 

私はすでに年を取ったけど、このアメリカに残ってアメリカの国民の為に頑張りたいと思います。

 

病気になった人たち。

毎日、明日の朝は生きているかを考えて、恐怖に怯え、西洋薬の副作用に耐えて、西洋医学の先生から来る脅かし。これは何の生活ですか?

 

西洋薬の副作用に耐えながら、西洋医学の先生に脅かされ、これはどんな質の生活ですか?

 

これは直さないといけません。

そうじゃないと、将来はもっと悪い生活のクオリティー。

 

私たちは頑張って、中医学をアメリカの主流の医学にさせないといけない。

いったん成功したら、患者さんの生活のクオリティーが上がる。政府の医療費の削減にもなる。

 

国民と国、同時に豊かになります。

 

3.乳がんではない乳腺症、改善されている

先週来たコロンビア若い女性。今日再診察に来ました。

 

睡眠は前より深くなった。

両胸を押すと、まだ刺すような痛みがある。

でも、胸の熱い感じはなくなったので、乳がんでないことが分かります。

 

胸の腫瘍は、ただの乳腺症。

続けて漢方薬を飲んで、額が冷たくなり両足が暖かくなれば、漢方薬を止めても良い時です。