本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

病は気から:患者さんの気持ちは、病気治療の効果を左右する最大の力(2019-02-17更新)

正しい病気の治療方法よりも、患者さんの気持ちは更に大事です。

 

たとえ効かない薬でも、患者さんが「効く!」と思えば、奇跡がよく起きる。魔力のパワーだと言っても過言ではないです。

 

信じる者は救われる。

これはただの「プラセボ効果」ではない、もっと深く考える必要があります。

 

 

ウソを信じて、体調が良くなった末期がん患者

こんにちは。李哲です。

今日は治療例ではなくて雑談です。

 

2年前、まだ日本の鍼灸専門学校で勉強した時、学校での講演会に参加したことがあります。

 

当時、講演したのは有名な劉勇先生。

ビートたけしの顔面神経麻痺治療で有名になった人です。

 


 

劉勇先生は公演開始で、自分の臨床の経験話をしました。

 

まだ中国で外科医をした時、劉勇先生は末期肝臓がんの手術をしたそうです。 

お腹を開けてみたら、がん細胞はすべて広がり、解かす用がない。劉勇先生は何もしないで、そのままお腹を閉めました。

 

手術後、劉勇先生は患者さんの肩を叩きながら話しました。

「手術は大成功だったよ。心配しないで!」

 

ご飯もちゃんと食べられなかった患者さんは喜んで、そのあと徐々に食べられるようになり、末期がんとは思えないくらい回復しました。

 

3ヶ月後、その患者さんはもう一人の先生から偶然に聞きました。

「あなたの癌は、何も手術してないよ。そのまま腫瘍は残っている。」

 

その日から、患者さんは食べられなくなり、2週間も経たないうちに亡くなりました。

 

劉勇先生は最後私たちに話したのは、「病は気から。」

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180419/20180419105610.jpg 

病院の検査・健康診断などは、患者さんを不安・恐怖を煽るだけ

普段は元気な人だったのに、健康診断を受けて「○○癌です!」と言われた日から、立ち直らない人がいます。

 

体はまだ大丈夫なのに、精神的にダメージを受けて生きる希望を捨てた場合は、どんなに優れた治療法でも救えません。

 

西洋医学では早期発見、早期治療を提唱しています。

そして、患者さんの為だといい、診断結果を患者さんに伝えます。

 

しかし、患者さんは余命宣告されてから、逆に余計な心配をして、生きる楽しさもなくなり、毎日死ぬことしか考えません。

 


 

劉勇先生は西洋医学出身なのに、患者さんのために嘘を言っている。

結果からみると、劉勇先生のやり方は正しいと思います。

 

意気。

精神力。

これは興奮剤よりも強くて、人間の命を支えるものです。

 

体が正常なのに、生きる希望をなくした人は、そのうちすぐ亡くなります。中医学では神が去って行ったと言います。

 

西洋医学がわざと病名宣告して、治療する前から患者さんを意気消沈にさせる。判断力を混乱させるのは、一つの目的しか考えられない。

 

それは、患者さんの自立的な考え方を乱す。

そして、西洋医学の言いなりに操縦するため。

 

健康診断を受ける必要はあるのか?

 

健康診断を受けても、○○癌は治りません。

体調不良も変わりません。

 

あなたは余計に心配事が増えて眠れなくなり、ご飯が食べられなくなり、夜は眠れなくなる。

 

テレビで自分と同じ病気の人が死んだと聞いただけで、明日の朝は死んでいるかも…と恐怖に怯えながら生きる。

 

f:id:li-hari:20180624104346j:plain


これは生きる楽しさがある生活でしょうか?

 

治療もできないのに、心配事ばかり増やす。
これは、役に立つ治療法でしょうか?

 

治療ができないなら、最初から怖い病名なんか言わないでほしい!

 

病院の治療で治ったのではない。先生が「治った!」と、患者を安心させたのが一番の「治療」である

現実で「500万払わないとあなたは死ぬ!」と脅かしたら、脅迫罪に問われます。

 

西洋医学は治療しないと何ヶ月の余命しかない。

「治療すれば、10年生存率は何%」だと宣告するのは、科学的根拠に基づいていると言います。

 

私には2つの違いが分かりません。

 

むしろ、後者の方が悪質。 

前者は500万円払えば、一命はなんとか取り戻す。

 

後者は? 

たくさんの治療費を費やして、あの世行きの人、まだ少ないと思いますか?

 

それだけではなくて、死ぬ前に地獄級の苦しみを味わいながら。

 

臨床でよく「●●癌の手術をして、今は元気です!」の話を聞きます。
これは西洋医学の治療が素晴らしいのではなく、患者さんが安心したからです。暗示療法のおかげ。

 

患者さんの心が乱れない。

もう切ったから、癌の事で悩まない。腫瘍なんか考えない。

 

周りの人も、「癌だ癌だ!早い段階で手術しないと!抗がん剤打たないと!」など騒がない。そうすると、患者さんは自然によくなります。

 

患者を慰める・安心させるのが、本当の治療になる

劉勇先生が話した例を、自分の言葉で説明したいと思います。

 

①腫瘍が残っても、患者さんが「治った!もう大丈夫!」と思えば、病院の治療より効果があります。

 

②患者さんは何も知らないほうがマシ。

怖い病名は、更に知らないほうが良いです。

 

もし、健康診断などなかったら、患者さんは自分が肝臓がんであることを知らない。

世間で肝臓がんはすごく怖いよ!肝臓がんになったらあと何ヶ月で死ぬしかない!

 

このような洗脳教育がなかったら、肝臓がんになっても怖がらないでしょう。

 


 

中医学の治療になると、ただ単に肝臓の経絡など問題があるだけ。

患者さんは中医学の治療話を聞いても、その場で気絶することはありません。

 

たとえ中医学の治療で救えなかったとしても、一つだけは人道的支援であります。

 

患者さんが亡くなる前に、恐怖に怯える死に方にはなりません。

 

f:id:li-hari:20190103210819j:plain

 


 

子宮筋腫.癌になっても心が乱れない。

周りの人の意見に左右されない。

 

こうすると、きっと正しい治療法が見つかります。

 

世の中には西洋医学だけではありません。

ほかの自然療法はたくさんある。

鍼灸、漢方薬、マッサージなど、みんな西洋医学より効き目があります。

 

自分の納得できる治療法に出会えるように、苦痛なく長生きできるように、皆さんの幸運を祈ります。

 

(おわり)